【レビュー】「おうちDEアラカルト/豪華!三大珍味3点セット」感想

感想文

ずっと食べてみたいと思っていた「三大珍味セット」を「おうちDEアラカルト」で購入。

かなり高価な商品で、試すのにも勇気がいるのでレビュー記事を書こうと思いました。

ちなみに今まで食べたことがないものなので、良い悪いかではなく率直な感想になります。

スポンサーリンク

三大珍味とは(復習)

中学の社会の先生が言っていましたが、日本人は「三大○○」が大好きだそうです。

日本で有名でも、海外にでると知名度がないといえば「三大珍味」も含まれそう。

日本版は「うに」「このわた(ナマコ内臓塩辛)」「からすみ(塩漬けボラ卵巣天日干し)」

トリュフ

トリュフとは、地下に生息する子嚢菌の子実体のことで、主にセイヨウショウロ(Tuber)属の多くの種のうちの1つである。

外菌根という植物の根と菌類との共生体を作るらしい、道理で見た目が木みたいなわけだ。

調べていて思い出した「根粒菌」との違いは窒素を供給するかリン酸を供給するからしい。

黒トリュフは発生条件が整うと、地上部に草の生えない「ブリュレ(焼け跡)」を生じる。

キャビア

キャビア(caviar)は、チョウザメの卵巣をほぐしたものの塩漬けのことで、オードブルなどで供される高級食材である。

キャビアが採取されるチョウザメには種類があり、最も大きいキャビアは1g30粒ほど。

チョウザメ乱獲を防ぐため、2006年ワシントン条約事務局によりカスピ海産が取引禁止。

養殖が盛んになり、日本では宮崎県が力を入れており、海外への輸出も行っています。

フォアグラ

フォアグラ(Foie Gras)は、世界三大珍味として有名な食材でガチョウやアヒルに沢山の餌を与えることで肝臓を肥大させて作る。

フランスでは高級料理やクリスマス料理として食され、全世界の約75%がフランス消費。

強制給餌(ガヴァージュ)を伴う生産が、鳥に苦痛を与えているのではないかと議論される。

上二つの食材よりも調理のレパートリーが多いが、脂肪が多いため常温でも溶けてしまう。

豪華!三大珍味3点セット

https://ouchidealacarte.com/products/detail.php?product_id=35

特に安く買えるルートは見つけられなかったため、還元率の高いクレカを使うくらい。

サイトから購入すると11000円のところ、セールで税込み9900円で購入できました。

購入が完了すると確認メールが来ました、金曜日に購入したところ最短で月曜到着でした。

当日にもう一度メールが来て、クール宅急便で冷凍された段ボール箱が到着します。

段ボール箱を開けるとこんな感じ、高級そうな箱に入っています。

箱を開けたところ。

解凍時間が食材によって異なるので注意書きが、それから他ギフトの紹介。

黒トリュフ入り十勝バター

初めて知ったのはかいけつゾロリだった気がします(どくトリュフというのがあった)

イシシとノシシは猪で豚の仲間なのでトリュフと見つけられるという設定でした。

バターに刻みトリュフが混ぜてあり、匂いは最近流行りの「トリュフポテチ」のにおい?

しめじとかしいたけに近いきのこの味と香りがわずかにするような気がします。

バターベースなだけあってパンによく合う、そして食べると匂いが鼻から抜けていきます。

バターがメインなのもあり、今回のギフトの中では最も食べやすくて美味しかったです。

天然ブラックキャビア

カタログを見ていたらキャビア単品50gで9000円していたのでこれが一番高い食材。

ハードボイルドグルメリポートで密漁回がありましたが、この値段なら納得かも…

香りはイクラなどに感じる魚とは少し違う生臭さ、色に引きずられてか、海苔っぽさも?

焼かないパンにつけた時の方が、少し塩味がきいていておいしかったのが意外でした。

焼いたパンだと、パンの香ばしさに負けてそこまで美味しいとは感じませんでした。

むしろパンに乗せて食べるよりも、白米の上に乗せるとイクラっぽくて良いかも。

ディップでフォアグラ

個人的には、将来食べられなくなる可能性が最も高い食材なので食べられるうちに食べる。

トリュフとキャビアは養殖できたとしても、フォアグラは動物愛護の点から厳しそう。

見たことありませんが、ファミレスなどで期間限定メニューとして出た時代もあるらしい。

香りはあまり感じず、食べた感じも普通のペーストで、レバーのような強い癖はありません。

肉のペーストという関連から、ドイツで食べた焼かないソーセージを思い出しました。

味が濃くないのでパンの味を損なわずに食べられます、美味しくもまずくもない感じ…

三大珍味を食べてみて

やりたいことリストをつぶす過程での購入でしたが、そこまで急がなくても良かったかも。

三大”美味”でないことは理解していましたが、感動するほどのおいしさはありませんでした。

思ったより量があるので他の食べ方も調べつつ、傷みやすいキャビアから消費する予定。

1人で食べるのにはカロリー量が凄いと思うので、複数人で注文することをお勧めします。

特別なイベントや、贈り物などに購入してみてはいかがでしょうか?

レビュー記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました