【研究用ツール】卒業研究で理系大学生が使うサイトなど

大学生活
【大学生卒研】卒業研究に挑む理系大学生のパソコンに入っている研究用ツール紹介

研究室に配属されて知らないツールを使う機会が増えましたが、これが意外と便利でした。

理系大学生なら知っておきたい、研究に役立つ研究用ツールと解説サイトを紹介していきます!

私の利用しているパソコンはWindowsであり、Macでは機能しないものもあるので注意が必要です。

研究用ソフト

DeepL(ディープエル)

Google翻訳よりもかなり精度がかなり良く、英語から翻訳した日本語を見せてもわからないかも。

英語論文を読むときだけでなく、日本語の文章を英語に直すときにも重宝しています。

Web版も便利ですが、DL版なら翻訳したい部分を選択「Ctrl+C」2回タップで自動翻訳が可能。

PDIndexer(ピーディーインデクサー)

X線回折装置(XRD)の測定データを、可能性のある結晶構造と比較・検証する際に用いるツール。

測定試料やデータベースの回折パターンは、「.txt」や「.cif」でも自動で読み取るので便利です。

データベースは後述するNIMS(物質材料研究機構)のデータベースからDLできます。

ImageJ(イメージジェー)

画像中の物質の大きさを測定したり面積率を計算したりするツールで、ダウンロードが必要。

サイズ測定にしても直線距離から円の面積まで様々な機能があり、全部把握している人は少なそう。

生物系をはじめとしてあらゆる分野で利用されており、紹介した中でも認知率が高いツールかも。

Mendeley(メンデレー)

研究に関して読んだ論文をまとめる無料サイトで、DL版と論文保存用のChrome拡張機能もあり。

論文をライブラリに保存するとジャーナル名や著者、発行年などを自動で取得し分類してくれます。

論文を書く際にはWordに参考文献一覧を打ち出す機能もあるため、資料整理の手間がかかりません。

GeoGebra(ゲオゲブラ)

Excelでは具体的な値がないと数式を図示できなかったため、y=2xの式を表示するだけでも一苦労。

一方GeoGebraなら数式からグラフを作成して、画像などでエクスポートできるため便利です。

他にも立体の描画や数式を解く機能などもあり、アプリ版でもウェブ版でも利用することができます。

TeamViewer(チームビューワー)

研究室のパソコンを遠隔操作するソフトで、送信側と受信側にインストールするとリンクできます。

最近知ったのですがスマホやiPadでもアプリを入れれば利用できるので、電車の中でもできる!

大学によって遠隔操作ソフトの利用が制限されていることもあるので、利用前に確認しましょう。

KaleidaGraph(カレイダグラフ)

以前レポート用に、「Excelで上下左右に軸があるグラフの作り方」と題して記事を書きました。

しかしカレイダグラフを使えば、グラフの体裁を整えなくても楽にきれいなグラフが描けます。

欠点としては、使える人が少ないために研究の引継ぎの際に苦労すること、値段が高いこと。

FactSage(ファクトセージ)

複数物質の状態図を描いたり、ある条件下でどんな化合物が生成するかを計算したりするツール。

物質の様々なデータを保有するライブラリから自動でソフトが結果を導き出してくれます。

無料でダウンロードできる学生版もありますが、未だに使いこなせていないので詳しい説明は省略。

研究用サイト

WebPlotDizitizer(ウェブプロットデジタイザー)

論文にあるグラフを取り出せるサイトで、ダウンロード版もありますがウェブ版が便利です。

論文グラフのスクショなどを読み込み、X軸とY軸を2点ずつ指定すると自動補正をかけてくれます。

読み取った値をExcelに数値で送れるため、自分の研究には必要ないデータを除くことも可能です。

iLovePDF(アイラブピーディーエフ)

ソフトをダウンロードしなくても使える、PDFに関する基本的な操作がすべて完結するウェブサイト。

重宝しているのがPDFの結合と画像変換、それと容量圧縮などでダウロード版もあります。

アドビのAcrobatもまあまあ使いやすいですが、こっちのほうが直感的に使えるので便利。

CONNECTED PAPERS(コネクテッドペーパーズ)

現在読んでいる論文と関連するものを筆者や内容、引用から図に表示してくれるサイト。

関連する論文を探すための苦労が減ります。

サイトページ:CONNECTED PAPERS

英辞郎 on the WEB(えいじろうオンザウェブ)

論文を読む際にわからない部分を単語レベルで調べるときに、使っているサイト/アプリ。

調べた単語にチェックを入れると、アプリの単語帳に自動で反映されるため繰り返し勉強できます。

もとはWeblio勢でしたが無料で高機能、さらに小窓モードなら広告ゼロなので乗り換えました。

課金版:

もう英文作成で悩まない!120万例文と用例の「英辞郎 on the WEB Pro」

InCites Journal Citation Reports

論文の権威を測定するのにつかわれる「JIF(ジャーナルインパクトファクター)」を調べるサイト。

「JIF=引用論文数/掲載論文数」で、課題や輪講の際にJIF>〇と指定されることがあります。

分野によって引用のされ方が変わるため、分野をまたいでJIFを判断するのは適切でないとのこと。

サイトページ:https://jcr.clarivate.com/

研究用その他

iPad Air3

論文をいちいち印刷するのも面倒なため、iPadで読んでいます。

講義資料などはアプリGoodNotes5に落として書き込みをしています。

【大学生iPad】大学生が実践したiPad格安購入の方法からおすすめのカスタムまで!

関数電卓

CASIO(カシオ)
¥1,962 (2021/07/24 11:23時点 | Amazon調べ)

分数が入ってくるような計算を一発でできるのが、関数電卓の何より便利。

【関数電卓】理系大学生が語る関数電卓の便利機能!大学で人気のオススメ機種も紹介!

CamSccaner

CamScanner-スキャン、PDF 変換、翻訳 カメラ
CamScanner-スキャン、PDF 変換、翻訳 カメラ
posted withアプリーチ

撮影した書類などの写真をスキャンして整えてくれるアプリ。

スキャナアプリはいろいろありますが、スキャナ範囲の設定がしやすいのでCamScannerを使っています。

Googleフォト

Google フォト
Google フォト
posted withアプリーチ

撮影した画像を保存するクラウドとして有名ですが、テキスト抽出や翻訳にも使えることは知られていません。

PDFではなくスライドなどを撮影した際でも、きちんと文字を抜き出してくれます。

写真のままに文字だけ翻訳してくれる機能は、翻訳の精度はともかく使いやすいです。

PaperShip

PaperShip - Mendeley & Zotero
PaperShip – Mendeley & Zotero
無料
posted withアプリーチ

PDF書き込みアプリですが、Mendeleyと紐づけられるので論文購読に便利です。

Mendeleyに保存した論文を自動でDLするため、すぐに論文を読み始められます。

ハイライトを引いたり単語を調べたりでき、1220円の買い切りなので研究効率を上げるにはいいかも。

数式挿入パネル

Windowsアクセサリの中にあるソフトで、手書きの数式をWordに挿入できる便利ツール。

いままで一つずつ入力していた数式もこれでサクッと入力できるようになります。

大学の記事はこちら

コメント