【大学生バックパッカー】大学生が海外一人旅に行くメリット、バックパッカーに便利な持ち物を紹介!

大学生活 旅行
【大学生バックパッカー】大学生が海外一人旅に行くメリット、バックパッカーに便利な持ち物を紹介!

この記事は以下のような人に向けて書かれています

  • 海外旅行が本当に自分のためになるか心配
  • 海外一人旅に行きたいが、何を準備すれば…
  • 大学生の海外一人旅の様子を知りたい!

大学生が海外旅行をするメリット

大学生が海外旅行をするメリット

前半は大学生が海外旅行をするメリット、後半はそれに加え一人旅をするメリットについて紹介します。

結論から言うと「コストパフォーマンスが大学生のうちが最強」という言葉にまとめられます。

社会人になってから、退職してからでも旅行に行けるじゃないか!という人ほど読んでほしい!

自分の視点を広げられる

海外にはテレビや新聞では知ることのできない景色を見ることができます。

正直に言うと海外に行ったことで価値観が変わるかどうかはわかりません。

しかし海外に行くと絶対に自分の思っていなかったことに出会います。

日本での常識が必ずしも世界の常識ではないことを知るだけでも考えに変化が出てきます。

自分の意見を持つようになる

日本人は一般的に自分の意見を他人に主張する機会が少ないと言われます。

海外旅行に行くとホステルでルームメイトに意見を求められたり、国際問題について語り合うことも。

発言するには自分の意見を持つことが必要になり意識するきっかけとなります。

自分のポテンシャルを引き出せる

行ったこともない場所で言語も通じないような状況で頼れるのは自分だけ。

日本にいるときには発揮されない自分の潜在能力が発揮されます。

勉強する気になる

僕も含め日本の大学生は、悲しいことに全体的に勉強に対する意識が低い傾向があります。

ホステルで出会う同年代は留学中やワーホリ中が多く、なぜ勉強もせずに旅行に来ているのか聞かれることもありました。

また大学で専攻している内容について聞かれたり、国際問題について意見を求められたり…

否が応でも勉強をしなければという危機感に駆られました!

みんな優しい

先進国だと、海外旅行に来ている大学生には周りの人が優しくしてくれるように感じます。

特に元バックパッカーだった人などは、色々助けてくれたりお茶に誘ってくれたりするので旅行中の楽しみでもあります。

年齢は若ければ若いほどちやほやしてもらえますね…!

体に無理がきく

大学生はレポート提出で徹夜したり、偏った食生活をしたりと体に無理がききます。

宿が取れなくても空港や駅で寝るか、1日くらいなら寝なくても問題ありません。

社会人になったあとの海外旅行ではどうしても体力面も考慮して予定を立てないといけなくなります。

入場料で割引が受けられる

海外の美術館・博物館は日本以上に大学生の割引が多いと感じます。

地域によっては大学生の入場料が無料のところも多いため旅費の節約になります。

国際学生証というものもありますが、大抵の場合は大学の学生証とパスポートでOK。

大学生活には時間がある

大学生の最大の特権が「自分で使える時間が多いこと」。

社会人になったあとで1ヶ月単位の旅行が組むのは相当厳しいです。

大学生なら授業の調節、授業の一環として、さらには休学など多くの選択肢があります。

世界のニュースに興味が持てる

海外旅行に行くと日本では知ることのない情報に触れる機会が増えます。

日本に帰ってきた後も、現地で見たデモの内容についての記事やニュースに目がいくことも。

海外旅行は日本という狭い視点だけでなく、世界に目を向ける機会になります。

普段の生活にはない刺激が得られる

海外旅行はかなりをお金をかけない限り、普段より快適ということはありません。

ただ普段の平和な生活では味わえないような刺激に多く出会えます。

中にはヒヤッとすることもあるかもしれませんが、後になってみればいい思い出。

グローバル化が完成していない世界を見られる

これは大学生に限らない話で、できるだけ早く海外に行った方がいいと言う意見。

海外を旅行していると特に先進国の見た目が東京とあまり変わらなくなってきていることに驚きます。

マクドナルドとスターバックスがあり、日本車が走る世界はさらに統一化が進んでいくと思います。

世界の見た目が全く変わらなくなる前に、少しでも世界を見ておかないと旅行の意味がなくなります。

大学生が一人旅をするべきメリット

大学生が一人旅をするべきメリット

座席を自由に使える

バスなどの座席を予約する際、二人で予約すると隣同士になり座席を自由に使うことができません。

一人旅なら二人がけの席をベッドのように使い仮眠をとったり、荷物を広げて整理したりできます。

旅行中の移動を深夜に設定してホテル代を節約することが多いとかなり重要です。

好きなように日程調整ができる

複数人で旅行すると必ず一度は意見の衝突があり、これがストレスになる人もいます。

一人旅では自分のペースで日程を組めるため「気分が乗らないから次の日に」など、柔軟に計画が可能。

旅行に対するエンジンのかかり具合が不安定な人は相手に合わせると疲れるため、一人旅もいいかも。

詐欺にあいにくい

勝手なイメージですが、複数でいると気の緩みや連れへの虚栄心から詐欺に合いやすいと思います。

相手もそれをわかっており、基本的に声をかけられるのは複数人で来ている日本人が多いです。

一人旅では自然に防衛本能が働き、わざわざ無茶するようなことは減り声をかけられることも少ない。

人の目を気にしなくて済む

人と旅行に行くと、外国人に英語で話しかけるとき「文法がおかしくて笑われないか」「テンパっているところを見せたらカッコ悪い」などと余計なことを考えます。

一人であれば、出会う人はみんな今後会わないだろう人たちなので自由に振る舞えるようになります。

他人の目を気にする日本と違ってどんどん間違えられます。

未知の世界に行ったという自身がつく

自分だけの力で知らない世界に行き、無事帰ってきた経験は今後の生活において大きな自信になります。

何か辛いことがあって挫けそうな時も「あの旅行を乗り越えられた」と思うことで勇気が出ます。

海外旅行にハマる人が多いのも、初旅行の成功体験が気持ちよくなったからという人も多いのでは?

海外一人旅の方法

海外一人旅の方法

海外一人旅のコツはまずは旅行の日程を決めてしまいあとから細かい予定を決めること。

個人的なおすすめサイトは

航空券:Expedia(エクスペディア)

ホテル:Booking.com(ブッキングドットコム)

他のサイトにはないようなLCCの深夜便や、直前割引の格安ホステルを紹介しています。

上級者はこれらのサイトに載っていないような宿も探すらしいですが、そこまでしなくても良いか…?

クレジットカード支払いすることで還元も受けられるのでお得です。

パスポートを取ろう!

パスポートは役所に行って作ってもらうものです。ここではパスポートを作る際の大まかな流れを書いていきます。細かい所は自治体によって異なるので各自チェックしてください!パスポート発行に必要なモノは以下の通りです。

  • 一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通
  • 戸籍謄本又は抄本(原本を必要とします) 1通
  • 住民票の写し 1通
  • 写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1葉
  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • (あれば)有効旅券

一般旅券発給申請書

f:id:hagi57:20180216232753j:image

「パスポートを作って下さい」と外務省にお願いする書類。署名欄はパスポートにそのまま記載されるので丁寧かつ、かすれなどが無いように注意です。作成にあたり、未成年は保護者の署名が必要になります。

役所で書類をもらうか、インターネットからダウンロードするかのどちらかの方法で入手できます。

TOP | パスポート申請書ダウンロード | 外務省

戸籍謄本または抄本

パスポートを作る人がどのような人かを確認する書類。どちらかがあれば大丈夫です。引っ越しが多い人だと本籍のある役所から書類を取り寄せる必要があるので早めに確認しておきましょう。

住民票の写し

基本的には必要ありません。必要なのは下の二つのそちらかに該当する人だそうです。

(1)住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望しない人
(2)住民登録をしていない単身赴任先や就学先等の都道府県で申請する人

写真

パスポートに掲載される写真で、事前に撮影して役所に持ち込みます。

眼鏡をしている人は眼鏡を取って撮影したり、背景がはっきりしていないと外国の関税で止められたりするそうなのでしっかりとした写真を撮りましょう。

証明写真を撮影する用のアプリを使ったり、写真屋さんで撮影してもらったりすることをおすすめします。

身分証明書

運転免許証を持っていないので健康保険証と学生証の2点で身分証明をしました。

証明書によって1点で大丈夫なものと2点必要なモノがあります。

海外一人旅の持ち物(必需品)

海外一人旅の持ち物(必需品)

パスポート

海外旅行において命の次に大事なもので、強盗に襲われてもこれだけはどんなことをしても返してもらいたい。

日本のパスポートは世界で最も信用できる身分証明書として認められているため、最悪すべてを失ってもなんとかなります。

海外旅行の際は原本の他にコピーを必ず2部とって、リュックに分散させて保有しています。

クレジットカード

海外は日本よりクレジットカードの普及率が高いため、現金無しでも生活が可能です。

使える店と満額になったことを考えてVISAとMasterCardの2枚持ちが無難。

僕は海外旅行のみ5%還元の「学生用ライフカード」をメインで、1%還元の「楽天カード」サブで使っています。

海外旅行保険も付帯するので使っておいて損はないです。

スマホ

ここまでの3つがあれば最悪あとは現地で購入すれば済みます。

国内のSIMカードを海外で使用すると通信量が高額になるので、ポケットWi-Fiをレンタルしていく人がほとんどです。 

しかしホステルにはほぼ必ずWi-Fiがあるため、オフラインでも使えるアプリを入れて日中はインターネットに繋がずに利用することもできます。

【オフラインアプリ】SIMなしバックパッカーが選ぶ、海外旅行に本当に便利なアプリ5選! 

大学生は海外一人旅に行くべき

大学生は海外一人旅に行くべき

時代の変化に伴い、大学生にとっての海外旅行はだいぶハードルの低いモノになりました。

それでもやはり海外に行くのは抵抗があると考える人もまだまだ多いと思います。

まずはHISなどの旅行会社のツアーでも良いので、まずは海外に出てみることをおすすめします!

⬇️これ本屋で立ち読みしましたが面白かったです!

海外一人旅の記録

今まで行ったバックパックでの海外一人旅の様子を以下の記事にまとめています。

自分が行きたいと考えている旅行に近いものを探して持ち物など参考にしてみてください! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました