【大学生アメリカ旅行】極寒北米旅行①:北京/ニューヨーク

旅行
【大学生アメリカ旅行】大学生の極寒アメリカ・カナダ旅行①(ニューヨーク・ニュージャージー・ワシントンD.C.)

2020年1月にバックパックで北米旅行に行った日記を、記事としてまとめ直しました。

1/8部ではずっと行きたかったMoMAやイサム・ノグチ美術館などを巡りました!

大きな事件は、経由した北京で飛行機を逃しかけアメリカに到着できなくなりそうだったことくらい…

↓持ち物や日程、ルートについてはこちら!

1日目:北京

天安門タイムアタックに失敗

今までの海外旅行は日中の出発でしたが、今回は珍しく21時発と初めての夜の便でした。

人の少ない空港、ガラガラの座席や軽食のみの機内食などいつもと雰囲気が違いますね!

現地時間0時過ぎに乗り換え先の北京国際空港に到着(時差は日本+1時間)、6時に目覚ましをかけ寝ます。

朝一番で天安門を目指しますが、経験者のブログでは6時間ないと厳しいのに持ち時間は5時間しかない…

結局、空港からの出方がわからなかったり列車乗り換えを間違えたりして天安門には到着できず。

しょうがないと気持ちを切り替え、中国の街並みを見物しました。

しかし、いざ帰ろうとすると空港での両替金額が少なすぎて帰りの列車分のチケットが買えません。

見える場所に両替所はなく、コンビニにもATMがないため、銀行の開店時間を待って駆け込みます。

しかし当時は電話番号もなく、その日に中国に宿泊する予定もないため断られ続けてしまいます…

最終的にチケット売り場で空港に向かう韓国人カップルを見つけ、交渉して料金を立て替えてもらいました。

動揺していたためか、その後も空港内で降りる駅を間違えるなど散々な目に遭いました。

手荷物検査の順番を譲ってもらい何とか間に合いましたが、自分のあまりの無計画さにかなり反省…

疑似タイムトラベル

北京からニューヨークまでは13時間で座席は人でいっぱい、座席から立ち上がる機会が減るためエコノミー症候群になりそうでした。

北京を13:00に出発したのにNYに同日の13:10到着という、世界を巡る「13時」と共に移動する不思議な感じのフライトでした。

それにしても13時間は長い!3回機内食を食べて3本映画を見て2回眠ってブログ記事を書いてウンザリした頃にニューヨーク到着のアナウンス。

暗くなる前にちょっとだけ

大混雑の入国審査の列に並んでいる間にニュージャージー州のホステルを「booking.com」で予約しておきます。

地下鉄に乗りホステルに到着した時点では外がもう暗くなり始めていたので、次の日に行く予定の美術館の外側だけ見に行きました。

宿泊した「 ザ ローカル ホステル NYC」は2日で8,000円とニューヨークにしてはお得な値段で、ホステル内のバーで演奏が行われていました!

2日目(マンハッタン)

ぶらりマンハッタン旅

眠れなくてスマホを触っていたら朝寝坊し、十分に日が昇った9時半に飛び起きました(思った以上に時差ボケがキツいかも…)

この日の目的はMoMA( Museum of Modern Art)つまり現代美術館。地下鉄でニューヨークの中心地へ向かいますが、10時半開館だったので近くをぶらぶら。

かなり寒いので凍えそうになったら教会へ逃げ込もうかな

MoMAの現代アートは難しい

やりたいことリストにもあった現代アート美術館、通称MoMAにとうとう来ることができました!(学生14ドル)

受付の日本の方曰く、この時期はピークを過ぎたので作品をゆっくり見ることができたとのことでした、ラッキー!

4階から1階に向かうにつれ制作時代が新しくなりますが、2階以降は難しく現代アートを好きと言っていいのか自信がなくなってきました…

ゴッホの星月夜はムンクの星月夜とはまた違った美しさですね!

僕が現代アートにハマるきっかけとなった「記憶の固執」がMoMAにあることは全く知らず、嬉しい偶然でした(一緒に写真も撮りました)

この作品の続き「記憶の固執の崩壊」がフロリダにありますが行くのは厳しいな…

セントラルパーク

次の目的地であるメトロポリタン美術館までは大した距離ではないので歩いて行きます、というよりニューヨーク自体歩こうと思えば歩ける距離では?

旅行前に友人や周りの人に「夜に行くと死ぬ」と言われていたセントラルパークを探検してきましたが、昼間は平和な公園でした。

公園内にリスがたくさんいて、見かけた犬の数よりリスの数が多いくらい。

メトロポリタン美術館

世界の三代美術館にも数えられるメトロポリタン美術館は、フランスのルーブル美術館と違って建物が地下に潜っていないため非常に大きく見えます。(学生14ドル)

発券されたシールを剥がして服の見える場所に貼り付けると入場チケットになります。

アメリカまで来ておいてやはり始めに行くのはヨーロッパ絵画、有名な作品がゴロゴロ転がっており既にに一生で見る絵画を全部見てしまった気分。

モネは多くの作品を模写したりスタイルを変えたりしているため、同じ題名における作品数がすごいことになっています。

特に「睡蓮」はあらゆる美術館にあり、この美術館だけでも4枚飾ってありました。

もはやここまで数があるとありがたみが薄れてきます(笑)

アメリカで何食べよう

アメリカで何食べよう

曇ってきたため18時を待たずに周りが暗くなったため、防犯のために巾着バッグをダウンの下に着込んで地下鉄の駅まで走ります。

ホステルに帰ると、絵画の売り手と買い手がホステルに作品を展示して交流するパーティーが行われていてご飯にありつけました。

このホステルは宿泊場所だけでなく市民の交流の場になっているらしく、毎日が楽しそうなのでぜひ泊まってみてほしいです!

3日目(ニュージャージー)

ルーズベルト島へ

ルーズベルト島へ

イサム・ノグチ美術館の開館を間違えたため、川をこえて当初予定になかったルーズベルト島に行ってみることにしました。

歴史的建造物が現在では住宅として使われていたり、一本しかない道を進むと小さな灯台があったりと和やかな雰囲気の島です。

ちょっと遠かったけどいい運動になりました!

イサム・ノグチ美術館

イサム・ノグチ美術館

ルーズベルト島から帰るとちょうどいい時間だったのでイサム・ノグチ美術館を見学。(学生5ドル)

中には彼の彫刻と、それを配置した庭園が存在します。他の美術館で見たような作品もあり、同じような作品をいくつも作っていることがわかります。

札幌にある「ブラック・スライド・マントラ」の試作モデルがあってちょっと感動。また「モエレ沼公園」を想起させるような公園のスケッチや模型も見られました

https://itsuki-campuslife.com/museum-hokkaido-moerenumapark/

MoMA SP1の湾岸戦争

MoMA  SP1の湾岸戦争

MoMAの分館である「MoMA SP1」では期間でテーマがあり、このときは湾岸戦争展「Theater of Operations The Gulf Wars 1991-2011」が開催中でした。

湾岸戦争もほぼ覚えていないという、戦争を知らない世代からするとこの企画はかなり辛く感じました。

最も衝撃を受けたのが「touch the reality」という作品で、これは湾岸戦争の犠牲者の写真をタブレットでフリックして選んだりタップして拡大したりするのをただ撮影した映像作品でした。

文字で書くのもはばかれるような写真の衝撃だけではなく、それを当然のように操作しているというテーマに大きなショックを受け吐きそうになりました。

自由の女神といろいろ

ニューヨークは切符が改札を抜けるまで一定料金なので、できるだけ遠くへ行こうことで終点のワールドトレードセンター駅まで行ってきました。

周りを探検した後、スタテンアイランドという島へ通勤するための無料フェリーがあったのでそれに乗って遠くの自由の女神を見ました!

遠目に見る感じだと太陽の塔よりも小さいのではないでしょうか(調べてみたら太陽の塔が70m、自由の女神は93mでした)

彫刻作品「赤い立方体」はイサム・ノグチ氏の作品です。

彼の業績は日本よりも海外で称賛されているような気がしますが、気のせいでしょうか?

個人的にはモエレ沼公園に行くまで全く聞いたことのない芸術家でした。

バンクシーの「ハンマーボーイ」

バンクシーの「ハンマーボーイ」

自由の女神を見た後にもニューヨーク証券取引所などに寄っていたら暗くなっていましたが、マンハッタンの中心地は夜も明るいので安心です。

ホステル「Hi HOSTEL NY」に3泊でチェックインし、マックで本場のハンバーガーを食べ(特に感動がなかった)バンクシーの「Hummer Boy」を見に行きました。

この作品は都庁に展示され話題となったアーティスト「バンクシー」が2013年にニューヨークで行なったゲリラ芸術活動「Bettr Out Than In」で唯一残されている作品です。

海外旅行の記事

コメント