【節約法】大学生ができるおしゃれな節約法を模索してみる

大学生活

ミニマリストを脱すると、必然的に使うお金は増えていきます(それでもかなり質素なほう)

かつてのように苦しくなるような節約法ではなく、おしゃれなものを探していこうと思います。

最近は環境問題やSDGsといった便利な言葉もできたので、胸を張って節約ができますね。

スポンサーリンク

飲み物持参

ペットボトル飲料の節約だけでなく、何ならマイボトルで飲み物を持つ方がおしゃれに見える。

1L用の麦茶パックを半分に分けて使うので1日97.5円、1年で約3万円と節約効果もまあまあ。

カード決済

現金を持ち歩くよりもスマートで、ついでにポイント還元も受けられるので絶対にやるべき。

割り勘も積極的に払いに行き、お金はPayPayで集金すれば小銭だらけになることもなく安心。

ZOZOで新古品

まだ試したことはないですが、聞いたところZOZO開封済み商品を安く買える機能があるそう。

大学生は洋服にかかるお金が大きいので、見ただけではわからない部分で節約していきたい。

夜行バスを利用

最初は学割を考えたのですが、夜行バスを利用したときの格安感が桁違いなのでこちらを採用。

眠りが浅いとはいえ前日の宿泊費が浮くため、朝は少しのんびりしていれば若さで乗り切れます。

定額制コンタクト

これは調べていて見つけた節約法ですが、なるほどそんな方法があったとはというのが感想です。

diconが毎月1900円のサービスを行っていますが、乱視には対応していないとのことで残念。

スマホは型落ち品

最近のiPhoneは機能的にもそこまで違いが判らず、最新モデルでなくても良い風潮になっています。

新古品が楽天で購入できるので、一つ前のモデルを購入するだけでも安い(ちなみに今はSE2)

外食の金額を決める

メニューを見ているとついつい欲が出て普段より高いものを頼んでしまうのには心当たりがあります。

事前にいくらまでと決めておけば、その範囲内で選べるので、地味に効果がありそうな節約法かも。

定価で買わない

欲しいものがあったとき、定価で購入する以外の方法がないかを一度考えてみるのも良さそう。

割引や中古、店舗ではなく通販など…傾向としては食品や日用品よりは洋服や嗜好品などかな?

1000円カット

毎月美容院に行くのではなく、1か月おきに1000円カットをはさむことでおしゃれしつつ節約。

美容院でカットした際に写真を撮っておいてもらうと、1000円カットの時に頼みやすいかも。

定期的にお菓子を食べない

食事は必須ですが、お菓子は最悪なくても全く問題ありません。食べる習慣はなくしましょう。

全く食べるなというのではなく、食べたいものがないのに惰性で食べている状態をなくすのが〇。

節約の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました