【大学生アメリカ旅行】バックパックで極寒の北米旅行!持ち物や日程を紹介

旅行
【大学生アメリカ旅行】バックパックで極寒の北米旅行!持ち物や日程を紹介

2020年の2月にアメリカとカナダに旅行に行ってきました!

タイ旅行ヨーロッパ横断に続く海外旅行だったので、旅行自体には完全に慣れました。

この記事では冬のアメリカ旅行に必要なもの、日程などを紹介します!

アメリカ旅行のきっかけ

アメリカ旅行のきっかけ

ピカソやダリ、イサム・ノグチなどの現代アートに興味があり、以前からニューヨークの近代美術館(MoMA)に行きたいと思っていました。

また小学校のときに知った、カナダ内で独立を求める「ケベック州」の存在に強く惹かれていたのもありました。

大学初期フルコマの努力で授業のない1ヶ月を得たため、今後はなかなか行けないであろう最後の長期旅行を北米に決めました!

アメリカ旅行のメリット

アメリカ旅行のメリット

英語が通じる

英語圏なので当たり前ですが、言語が通じるだけで普段のストレスはかなり下がります。

レストランの料金や列車の行き先など、きちんと聞けると行動中に安心して過ごせます。

ただやはりネイティブだけあって話すのが早かったり普段使わないような単語を使うので難しい。

チェーン店が多い

マクドナルド、スターバックス、バーガーキング、ダンキンドーナツなど困ったときに逃げ込めるチェーン店がたくさんあります。

価格帯と売っているものがわかっているため、トイレを使いたいときや寒さから逃れたいときに重宝しました。

また多くのチェーン店がアメリカ発なので、ある意味現地フードを味わっていることななりますw

観光客が少ない

美術館などは正月前の大混雑が終了しているので非常に閑散としており、落ち着いた雰囲気の中で鑑賞することができます。

カナダの議会などはツアーがガイドと一対一のことも多かったため、少しやさし目の英語を使ってもらえようお願いしていました!

ネイティブがいるとどうしても好きなときに聞き直したり疑問点を尋ねたりしにくいんですよね…

アメリカ旅行のデメリット

アメリカ旅行のデメリット

寒くて出歩きにくい

着込んで歩いていればなんとかなると思いましたが、予想以上に寒さに体力と気力を奪われました…

朝9時スタートで夜6時くらいにはホステルにいたので、おそらくヨーロッパ旅行の2/3くらいしか動けてないかも。

美術館や博物館を中心に回る、列車やタクシーなどの暖かい手段を使うようにするなどで対策することをおすすめします。

東京とあまり変わらない

グローバル化の弊害で、都市部の景色が東京と大して変わらなくなってきています。

今後この傾向はますます強くなっていくと思うので、早めに海外旅行に行っておいたほうがいいと思います。

田舎に行ってみたり、都市部でも太い道を一本外れてみたりしないとマジつまらないときがある。

物価が高い

日本とそこまで変わらないため、お金がどんどん飛んでいきます。

ファミレスがない代わりにファーストフードは多少日本よりは安いかな…

ただ地下鉄は改札を経由しなければどこまで行っても初乗り運賃なので、日本に比べてお得でした。

アメリカ旅行の持ち物

アメリカ旅行の持ち物

ガイドブック

今回はアメリカとカナダが一緒になったガイドブックがなかったので困りました。

「地球の歩き方」の友人に譲ってもらった2019ニューヨークと、メルカリで300円だった2017カナダ東海岸を持っていきました。

ボストンなど本にない都市はタビッポなどの観光地まとめ記事をアプリ「Pocket」で保存していきました。

ヒートテック超極暖

北米はヨーロッパよりも寒く、かなり着込んでいても体の内側から冷えてきました。

前回の裏起毛スウェットに代わり最終手段として持っていった「ヒートテック超極暖」は相当暖かかったのでおすすめ。

アメリカにはユニクロがたくさんあったので、荷物を少なくしたい人は現地購入でもいいかもしれません。

ライフカード学生版

使っているときは何も恩恵を感じませんが、後ほど利用額の5%が還元されるのがクレジットカードの中でも1,2を争うレベルで強い。

この5%還元は「大学生が海外旅行に行ったとき」という限られた条件での特典ですが、うまく使えばかなり得をすることができます。

正直に言うと、海外旅行が終わったら楽天カードしか使わないと思います…

その他の持ち物

その他の持ち物
  • 暖パン×3
  • トレーナー×3
  • タオル×2
  • ヒートテック×3組
  • 下着×4組
  • 手袋
  • ネックウォーマー
  • ニット帽
  • ウルトラライトダウンジャケット
  • 運動靴
  • スリッパ
  • 靴下×4組
  • 巾着バッグ
  • ゴミ袋
  • ビニール袋
  • クリアファイル
  • ノート
  • パスポートのコピー×2
  • eチケットのコピー×2
  • ESTAのコピー×2
  • ジップロック×10
  • ウエストポーチ
  • ガイドブック×2
  • 寝袋
  • 防水リュックカバー
  • 折りたたみ傘
  • メガネケース
  • ガムテープ
  • ひげ剃り
  • ボールペン×2
  • 歯ブラシ
  • スマホ
  • ウエットティッシュ×2
  • イヤホン
  • カイロ×6
  • 石鹸
  • 充電コード×2
  • モバイルバッテリー
  • 財布
  • クレジットカード×2
  • 学生証
  • 透明布ケース
  • ダイヤル錠

アメリカ旅行の日程

アメリカ旅行の日程

4時間→12時間(乗り継ぎ)→13時間というトランジット先も観光するいつものスタイル。

北京からニューヨークまでのフライトは長すぎて結構辛かったです…

旅行中にコロナウイルスが猛威を振るいだしたため、急遽帰りのフライトを直行便に変更するというアクシデントがありました。

東京→北京→ニューヨーク→ワシントンDC→ボストン→ナイアガラ→トロント→オタワ→ケベックシティ→モントリオール→東京

アメリカ旅行の様子

アメリカ旅行の様子

北京(トランジット)

ニューヨーク・ニュージャージー

ワシントンD.C.

ボストン

ナイアガラフォールズ・トロント

オタワ

ケベックシティー

モントリオール

アメリカ旅行の感想

アメリカ旅行の感想

旅行前にアメリカがイラクに空爆を実施し、Twitterのトレンドに「第三次世界大戦」がランクインしていました。

どうなるかわかりませんでしたが特に旅行中に大きな影響はなく幸運でした。

今回の旅行は僕がそこまで寒さに強いタイプではないため、今回の旅行は少し大変だったかなと振り返って思いました。

またスピード旅行がクセになってしまっており、1つの都市に何日もいると飽きることもありました(ブログ見ればわかります)

とはいえ、やりたいことリストを占めていた多くの内容を潰せたことからも満足のできる旅行になりました!

個人的にはやはりアメリカよりもカナダ、特にケベックシティが良かったので旅行する際はぜひ訪れてみてください!

その他の海外旅行

コメント

タイトルとURLをコピーしました