大学生の極寒アメリカ・カナダ旅行(カナダ前編)

旅行

1月にバックパックで北米旅行に行った記録を記事としてまとめています。

アメリカ旅行13日目はアメリカからカナダへと移動し、ナイアガラの滝を見てきました!

ナイアガラの滝は周りにほとんど観光地が無く、何だか残念な地域だな…

恒例!越境手続き

アメリカからカナダに越境するため、6時頃にバスから全員降ろされます。

何のためにカナダに行くのか、どれくらい滞在するか聞かれて、荷物検査はなし。

やましいことは無いけれど、毎回ハラハラします…

ナイアガラ・フォールズ

予定より30分ほど遅れてナイアガラ・フォールズに到着。

バス停周りには何もなく、タクシーの運転手が40ドル滝まで行くか聞いてきます。

歩いたらどれくらいかかるか尋ねると約40分ということなので方向だけ教えてもらいます。

歩き始めようとすると20ドルでどうかと言ってくる辺り、足元を見てたなと思ってしまいます。

ナイアガラの滝

結果的にタクシーに乗らなくて正解、20分ほどで到着しました。

正直な意見としては、想像していた1/5くらいのサイズでした。

最近はカメラの技術でよりフォトジェニックな写真が撮影できるようになりましたが、その分実際に見たときとの差が大きくなっている気がします。

でもまあ流石に近づいて見てみるとすごい迫力で、これを樽に入って下った人の気持ちも分かりますね!

千と千尋の神隠し

ナイアガラ・フォールズは観光名所である滝の周りに無理やりテーマパークを作ったような都市。

日本では絶対に流行らないような遊園地やお化け屋敷がたくさん並んでいます。

ちゃちな外装と派手なネオンが「千と千尋の神隠し」に出てくるさびれたテーマパークのような哀愁を感じさせます。

トロント

ナイアガラ・フォールズには特に回るような場所が無いので、次の目的地トロントに向かいます。

遅めのお昼(18カナダドル)ポップコーンシュリンプが美味しい!

カナダドルと日本円の関係は1カナダドル=85円で、米ドルよりは安い。

トロント旧市役所

旧市庁舎は、カナダのオンタリオ州トロントにあるロマネスク様式の市民建築物および裁判所です。

1899年から1966年まではトロント市議会の本拠地であり、現在でも市内で最も有名な建造物の1つです。

きれいな建物で教会かと思いました…

トロント市庁舎

ホッケーチームの子供はスケートがすごいうまいですねー

寒いので観光は明日に回してホステルに向かいます。

カナダはアメリカと違ってWiFiが無いので一苦労、スタバで暖を取りつつホステルの予約。

グリークタウンというダウンタウンのギリシャ系地域にあるホステルで2泊します。

そろそろ残り日数のほうが少なくなってきました、公開のないようにしよう!

  • 執筆 2020/01/20

1月にバックパックで北米旅行に行った記録を記事としてまとめています。

アメリカ旅行14日目はホステルに荷物をおいて、トロントを観光しました!

そういえばカナダって2018年10月に嗜好用マリファナが解禁されましたね…

マリファナやめたほうが◯

カナダでは嗜好用マリファナが解禁されたため、街で普通に大麻を購入することができます。

しかし日本人がマリファナを吸うのは、たとえ国外であっても大麻取締法によって犯罪だとされているため注意。

列車の1日券を購入したためできるだけ遠くに行って元を取りたいと思います!

セントローレンス・マーケット

豚の頭みたいな面白い食材は販売されていなかったので残念。

ただ太い骨を輪切りにして、骨髄を食べるのかな?というのはありました。

あんまり面白くなかった。

触れれば発射される「法皇」の「結界」はッ!すでにおまえの周り半径20m!

https://amzn.to/2TROZVf

ロイヤルオンタリオ博物館

水晶をイメージしたこの博物館の売りは広い恐竜エリア。

レプリカもありますが多くが本物で、中には本物の化石をワイヤーで吊るしていたりします。

大好きなアノマロカリスを始めカンブリア紀の化石の特設コーナーが!!

この時期は今では想像できないような生物がたくさんいて面白いと思いませんか?

カンブリア紀の海を探検する4Dアトラクション作ったら絶対当たると思うんだけどな…

ピザが安くて便利

なぜ日本では早くて安くて上手い食べ物としてピザという選択肢が無いのでしょうか…不思議。

4枚食べて8ユーロ、つまり650円ほど。

カーサ・ローマ

カナダのオンタリオ州トロントのミッドタウンにあるゴシックリバイバルスタイルの邸宅と庭園で、現在は歴史的な家博物館とランドマークになっています。

1911年から1914年にかけて、投資家のヘンリーペラットの住居として建設されました。

オンタリオ美術館

非対称な階段な特徴的なオンタリオ美術館はジャンルごとにエリアがある中、「Yayoi Kusama」というブースがありました!

鏡張りの部屋の中に更に鏡張りの箱と銀の球がたくさんおいてありました。

ガイドブックに載っていた「グループ・オブ・セブン」、確かにきれいですごい好きです…!

特にこのあとは予定もないので、次の日のバスのチケットを事前に取っておきます。

これで明日も安心して観光できる…!

シャケの潮焼き

グリークタウンでサーモンを食べます。
レストランのテレビにギリシャ文字の字幕がありましたが、キリル文字によく似ています。

調べてみるとキリル文字はギリシャ文字からの派生文字だそうです。

言語にしても宗教にしても、世界中で一定の共通性があるという事実には感動します。

世界で同時発生したにしても、誰かが伝えたとしてもそれは凄いことではないでしょうか?

明日の19時のバスに乗ってカナダの首都、オタワに向かいます!

  • 執筆 2020/01/22

1月にバックパックで北米旅行に行った記録を記事としてまとめています。

アメリカ旅行15日目は都市部からフェリーでトロント諸島を訪れました!

トロント諸島はカナダ政府が住民を退去させようとしてそれに住民が反発したという歴史画あります。

フェリー乗り場へ

日本ではマイナーなアイスホッケーですが、カナダでは代表的なスポーツ。ホッケーの歴史や有名選手の使用道具が展示してある博物館も存在します。マスクを見て「13日の金曜日」しか出てこないあたり悲しい…

ワーズ島へ

トロント諸島は大きく分けて3つの島からなっていますが、冬季は1つの島へのフェリーしか運行していません。往復料金である8ドルちょっとを支払い、フェリーで15分ほど。海の色が日本と違い、きれいでしたね!

その男、レジスタンスにつき

島で犬と戯れているとおじいさんにお茶していかないかと誘われました。島の老人が集まる集会場でコーヒーとクッキーを食べながら島の歴史について教わりました。彼はかつて、この島の居住権をかけてカナダ政府と戦ったうちの一人だそう。

By 1963, all Islanders willing to leave the island had departed and the remaining Islanders started to fight the plans of Metro Council to remove their homes.While demolitions still proceeded, the Islanders’ alderman David Rotenberg pushed the Islanders’ cause and the number of demolitions dwindled.In 1969, the Toronto Islands’ Residents Association (TIRA) was formed.

その後は彼が自分の自転車を貸してくれたのでトロント諸島を楽に回ることができました。トロント諸島は多くが橋でつながっているため、自転車や徒歩で移動が可能となっています。

ただただ寒い、風が強い。

セントラルアイランドには観光客用の遊園地がありますが、5月までは閉園。冬季だからか、居住区以外はほとんど人がおらず静かな島の自然を満喫することができました!

トロントは都市部がだいぶコンパクトにまとまっています。

バス待ち

トロントの主要部はあらかた回っているのでどうやって時間を潰そうか…と考えていると大きなショッピングモールがあったのでぶらついて時間を潰します。中を飛んでいる鳥は模型で、天井からぶら下げられていました!

遅めの昼ごはんは、ショッピングモール内の中華(11カナダドル)飲み物の種類を聞くけどだいたい聞き取れないからコーラになる…

首都オタワへ

19時のバスでオタワに向かいます。疲れがあるのかバスに乗った途端爆睡、しかしこれが後で救いになりました。到着が6時だと思っていたら、夜中の12時でバスから降ろされます。現在待合室で記事を書いていますが、もしかしたら追い出されるかも…

  • 執筆 2020/01/23

1月にバックパックで北米旅行に行った記録を記事としてまとめています。

アメリカ旅行1日目はオタワに到着したので国会議事堂と運河を見てきました!

すべての看板やパンフレットが英語とフランス語で書かれているのが新鮮!

なんとか追い出されず

バス停からは追い出されませんでしたが、目が冴えてしまい全く眠れませんでした…

正直あまり英語が聞き取れていないため、周りの人を見ながら動いています

9時までバス停で時間を潰してから都会に向かって進みます。

カナダ国会議事堂

さっそく目の前に荘厳な建物が姿を現しました。

国会議事堂は中央、東と西の3つからなっており中央塔は現在工事中。

10年後の改築までどちらかの塔(忘れた)で会議を行っています。

現在は会議を行っていませんが、この日は総理大臣が来るらしく全体的にバタついていました!

何だかピカピカで国会議事堂だとは思えませんでした。

下院にも行きました(ともに学生は無料)

戦争記念碑

カナダって戦争に勝ったの?負けたの?

リドー運河のスケート場

ギネスにも掲載されているという、世界最長のスケートリンクを滑ってきました!

この日は暖かったからか、全てのエリアは開放されていませんでした。

全部開放すると7.5kmあるんだったかな…

スケートでベビーカーを押しているお母さんなどを見て、ここの人はむしろ冬のほうが機動性がいいのかななんて思ってました。

「ビーバーテイル」というお菓子で上に乗っているのはメープルクリームとチョコ。

バイワード・マーケット

クリスマスの飾りがまだ残っている、レストラン街を発見。

ロブスターとかカキとか食べたいですが、ディナーは1品40カナダドルとかだから無理。

フードコートでギリシャ料理のギロスを食べました。

ギリシャでは、薄切り肉を棒に重ねて刺し、棒を回しながら横から火で炙り、焼けたところからそぎ落とした肉をギロス、ヒーロス、イーロス、ジャイロス(γύρος)と呼ぶ。

明日は博物館に行こうかなーと思っています!

  • 執筆 2020/01/23

1月にバックパックで北米旅行に行った記録を記事としてまとめています。

アメリカ旅行17日目はオタワにある、カナダ歴史博物館に行ってきました!

今回の博物館はメインがフランス語で、補助で英語の説明が入っていました…!

ノートルダム大聖堂

あまりブログには挙げていないのですが、教会の外観がとても好きで見つけたら写真を撮っています。

キリスト教という宗教は教会建築を生み出したという点ではとても素晴らしいと思います!

やっぱり天井画はない

パイプオルガンの演奏がずっと流れており、スピーカーかと思ったら上で女性がずっと演奏していました…

オタワ国立美術館

行ってませんが見た目がきれいだったので写真だけ。

カナダ歴史博物館

博物館と美術館は行き飽きたので、カナダの歴史を勉強しに歴史博物館へ行ってきました!

小学生の社会の授業で好きな国について調べる機会があり、なぜかカナダを選択しました。

今回の北米旅行もその影響が少なからずあり、改めてカナダという国について学ぶ良い機会になりました!

どの地域でもネイティブの芸術には共通の特徴があり、それがたまらなく好き。

  • 目がとても大きい
  • 目が白目と黒目の2色のみ
  • 手足が誇張されている
  • 人外がモチーフのものが多い

現代ではこのような特徴を持つ芸術作品は少なく、なぜ衰退したのかがとても不思議です。

カナダはフランスとイギリスの両方から支配を受けた歴史があり、思った以上に複雑。

ケベック州に関しての展示に多くのスペースが割かれており、やはりカナダにとっては非常に重要な問題なのだなと実感。

この投票結果からも、実際にケベック州が独立するとなったらイギリスのEU離脱以上に大変そうです…

博物館内のレストランでサンドイッチとサラダをいただきます。

日本の博物館と違い館内の食事がそこまで高額でないのがありがたいです。

カナダの伝統料理プティーン

汚いものを見せつけてしまい申し訳ありません…

プティーンはフライドポテトにチーズとグレイビーソースをかけた料理。

これだけで十分お腹にたまりました!

明日はケベックシティに向かおうと思います!

  • 執筆 2020/01/25

1月にバックパックで北米旅行に行った記録を記事としてまとめています。

アメリカ旅行18日目は1日かけてオタワからケベックシティに移動しました!

フランスは言葉が通じなくて本当に困ったのを思い出して冷や汗が出ます…

オタワのバスターミナル

この日もだいぶ暖かいのでバスターミナルまで歩くのが苦になりませんでした。前回のヨーロッパ旅行との違いはやはり気温による行動の制限。気温が氷点下になると外に出ようという気が失せてしまいます…気合い不足!オタワから直接ケベックシティに向かうバスはないので、一度モントリオールへ。オンラインでチケット購入できないと高くつくな…(窓口はオンライン+10カナダドルくらい)河が全部凍ってるようです!

ケベックシティ

トータルで7時間くらいかかったかな?

ケベック州について

Wikipediaより

十字の四隅にあるのはユリの紋章で、フランス王家の紋章である「フルール・ド・リス」から取られています。英語とフランス語を公用語とするカナダ国内において唯一フランス語のみを公用語とする珍しい州。カナダから独立求めて今までに2回国民投票を行なっていますが、僅差で独立を否決しています。

特筆すべきこともないしな…

普通のハンバーガー店かと思ったらビーガンのお店でした。店員があまり英語を話せないので意志の疎通に苦労。スープポテトかと思ったらスイートポテト(さつまいも)でした!

お知らせ

Twitterのアカウントを半bot化しようとしていたらアカウントが凍結されました。しばらくこっちのアカウントで更新報告するのでよろしくお願いします…また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました