大学生あるあるネタ!加えて「理系大学生あるあるネタ」も

大学生活
【大学生あるある】一般的な大学生あるある!それに加えて「理系大学生あるある」も

大学生ブログに恒例の「大学生あるある」を取り上げてみたいと思います。

理系大学生ならではもあるかもしれませんが、理系以外にいたことがないのでわかりません。

他にもこんな「あるある」を知っている!という方がいたらぜひコメントください!

カードタッチ学生と対抗策

大学の講義の多くは、授業開始前に教室に学生証をタッチすることで出席を取ります。

そのため講義を大人数で聞く授業では、カードタッチだけして帰宅する大学生が必ずいます。

何のための授業料…?という保護者の嘆きが聞こえてきそうです(単位代という言葉もあるくらい)

教授も対抗策として授業中間での再タッチ、名簿を読み上げて出席確認することがあります。

一方で教授の中には「出席しなくても良し、すべてはテストの結果のみ」という猛者も…

落単マウント

男子に多いです。「俺、○○の単位落としたわ~!」恥ずかしくないんですかね?

言っているだけならまだいいですが、単位は落としてなんぼみたいなこと言う謎の人がいたりします。

落単してもう一回同じ授業受けるくらいなら別の授業取りたいな。

仁義なきコピレポの戦い

教授「他人のレポートをコピーして使うのは研究者として最低の行為です」

大学によっては機械を導入してまで内容チェックをしているらしいです。

先輩のレポートがあっているかわからないのに考えなしに写す人もいるようです。

わかっちゃいるけどやめられない(僕はしてません)

午前切り

下宿生は生活リズムの崩れから朝起きられなくなります。

そうすると必然的に午前中の授業を切り捨てることに。

朝起きて昼飯食べて授業出て帰ってなるみたいな生活。まあ単位が取れればいいんじゃないでしょうか。

午前中に授業が入らないように調整したり、アルバイトを午前中に入れる人もいます。

座る座席が二極化する

大学の授業は座る席が自由なため、授業に対する意欲によって人口密度が二極化します。

最も人気が高いのが一番後ろ、次に前。なぜか真ん中はスカスカになりがち。

また教授の目の前は、授業中にさされやすいので左右に分かれることが多いです。

また前に座っている人が優秀とは限らないのも、不思議な現象ですね。

授業聞いてる?

授業中、周りを見ると黒板を見ていない人が。

手のひらサイズの小さなコンピューターの作り出す夢の世界へ意識は飛んで行っています。

何をするのも勝手だけど別に教室にいなくても良いよね。あと将来会社に入った時スマホに触らないで仕事できるのかな?

全部誤差にする

何かミスをした際に全部誤差のせいにします。

偶数桁切り上げ、奇数桁切り下げしたりすることもあります。

レポート提出前は徹夜

理系大学生は実験があることが多く、実験レポートの提出が義務付けられています。

準備を早めておいたり、ショートカットキーを覚えておくとレポートにかける労力がほんの少し減らせます!

習ったことを使いたくなる

関数電卓の崇拝

どうでもいいことで議論になる

理系に籍を置いていると、論理的思考や議論に常にさらされます。

そのため、そんなに真面目に話し合わなくてよいことまでヒートアップしてしまうことも。

あまりにひどいとロジハラ(ロジスティクスハラスメント)になることもあるので注意。

試験は人間力が試される

試験は勉強を完璧に行っている人を除き、いわばチームプレイです。

過去問を入手する人、模範解答を作る人、模範解答を検討する人など、役割分担も大切。

何かしらで役に立てる人材になっておかないと、メリットを感じない仲間にはじき出されることも。

ナブラ演算子ゲーム

理系大学生が喜んでやるゲームが「ナブラ演算子ゲーム」。

相手ももち札を全て微分して0にした方が勝ちという数学オタクが開発したようなカードゲーム?です。

理系大学生はこれをこぞってやろうとします。

量子力学につまづく

理系最初の難関が「量子力学」で、光が粒子性と波動性の両方を持つという意味の分からない仮定の下議論される学問です。

科学が好きで入学してきた人はまずこの「量子力学」でつまづき、分野によっては全てを量子力学で考えることもあります。

漢字が書けなくなる

理系大学生がいつも書くのはギリシャ文字か数字なので漢字のレベルが絶望的になります。

レポート執筆もワードで打つことが多いのでわからない感じは一度ワードに打ち込んで確認することが非常に多い。

漢字変換がおかしくなる

普通の人の語句変換には出てこないような変換が起こります。

  • 勝算→硝酸
  • 資料→試料
  • 傾向→蛍光
  • 費用→比容
  • 講師→格子
  • h→ℏ

USBは必需品

実験機器が古いこともあり、フロッピーにデータを残すことも時々あります。

Apple信者はいろいろな面で苦労することがあります。

単位量を覚える

授業や問題でよくである単位量を気づけば暗記するようになります。

必ず問題の最初で与えられるのに覚えてしまい、逆に減点されてしまうことも。

チャート式が懐かしくなる

大学の教授は教員免許を持っていない人も多いため、授業がわかりにくいこともしばしば。

さらに体系的にまとめられた問題集も少なく、チャート式をはじめとした問題集が恋しくなります。

最近は大学版チャートや、大学院入試になると便利なマセマ式が浸透してきました。

暇なときのTwitter更新

暗記科目の意味が分かる

小中高で意味も分からず暗記してきた数式が、ある日突然理解できることがあります。

これが嬉しくて塾講師とかで生徒に話してしまうこともありますが、迷惑なのでやめましょう。

意味も分からず暗記することが苦しい人も、いつか光が差してくるから頑張って…!

マネしないようにしよう

せっかく高いお金を払って大学に通っているのだから、大学を有効に使うべきだと思います。

せめて一般常識のレベルで行動したいですね!

大学生の日常記事

コメント