【北海道自転車一周】大学生が1ヶ月で旅行したルートや日程、持ち物を紹介!

旅行

2017年の9月に1ヶ月かけて北海道を自転車で一周した備忘録です。

大学生で北海道一周をする人は多く、個人ブログを参考に日程やコースを決めました。

ブログのきっかけになった貴重な経験なので、自転車旅行の参考になれば嬉しいです!

北海道自転車一周のきっかけ

大学のキャンパスが北海道にあり一年間全寮生活ですが、長期休暇中は閉寮されます。

多くの学生が帰省しますが、北海道の自然を楽しめる方法はないかと考えていました。

大学の体験記で自転車旅行をした話があり、自分にもできそうだと計画を立てました!

夏休み前半は農業バイトで資金を稼ぎ、後半に北海道旅行することにします。

北海道自転車一周の準備

大学に残っていた旅行記録を読み興味を持ったのが4月の後半、GW前に実行を決断。

ヤフオクで存在すら知らないクロスバイクを購入、八雲町までサイクリングの練習。

農業バイト中は日本一周や世界旅行をしている人に便利なアプリなどを教わりました。

旅行計画は入念にはせず、行きたい場所を線で結ぶだけシンプルな方法です。

(左が予定のルート、右が実際のルート)

北海道自転車一周の持ち物

クロスバイク

マウンテンとロードの中間にあたるバイクで、初心者も少し練習すれば乗れるタイプ。

普通自転車のハンドルを持ちつつ、タイヤが細くなっており道の走る際の抵抗は少なめ。

付属品として以下のものも追加購入しました。

  • 取り外せるライト
  • 替えタイヤチューブ
  • パンクセット
  • 反射板
  • ペットボトルホルダー

ツーリングマップ

自転車での移動は、普通のガイドブックには乗っていない細かい道も利用できます。

バイク旅行用のツーリングマップを参考に、バイクだけの道を避ける旅行形式でした。

ライダーハウスや温泉の情報も載っており、通信制限スマホに代わり大活躍でした。

防水スマホケース

自転車旅行中は雨でも移動を続けるため、スマートフォンに防水加工が必要でした。

簡単なのはビニール製のスマホケースに入れて首から下げる方法。

ケース外からでも反応するものを選べば、雨の中でも地図の確認などが可能です。

その他の持ち物

  • カッパ上下
  • カロリーメイト×2箱(常備)
  • ペットボトル×3(常備)
  • アーモンドチョコ大袋
  • フルーツ飴大袋
  • 300円のモバイルバッテリー
  • 単三電池×6本
  • ゴミ袋
  • 寝袋
  • 寝袋下敷き用マット
  • スズランテープ
  • ガムテープ
  • 速乾性Tシャツ×4
  • 速乾性パンツ×4
  • ジャージのズボン
  • 現金
  • キャッシュカード
  • ブルーシート
  • リュック
  • マジックテープ(ズボンのすそを止める)
  • サンダル
  • リュックカバー

北海道自転車一周の様子

予定よりも実際のコースの方が距離が長くなりましたが、ほぼ計画通りでした。

  • 総距離:約2,000㎞
  • 旅行期間:約3週間
  • 旅行費用:約12万円(自転車込み)

長万部町から反時計回りでしたが、普通は函館から時計回りの人が多いようです。

道の駅やバス停で野宿し、北上して寒いときにはライダーハウスなども利用しました。

旅行中の様子を3部構成でまとめているのでよろしければどうぞ!

おすすめ観光スポット

第3位:紋別


大きなハサミがあった紋別では、近くに遊べる場所が多く1日過ごすことができます。

「オホーツクタワー」地下水族館では、夜の海に集う神秘的な魚を見られます。

ガラス窓越しに、光に引き寄せられた名もなき魚やクラゲを見るのが不思議でした!

第2位:神威岬


本当にここを人が通っていいのかというほどの断崖絶壁で、距離も非常に長いです。

旅行中の5つの岬の中で、先端までの厳しさとその後の景色のギャップが最高でした。

岬の先で思うことはいつも一つ「地球って本当に丸いんだ…」。

第1位:モエレ沼公園 


世界的な彫刻家イサム・ノグチ氏がデザインした公園で、旅行中で最も気に入った場所!

公園なのにやたら評価が高かったので気になって行ってみたところ、超大正解でした!

百聞は一見に如かずとはまさにこのこと、素晴らしさを言葉で表すのが難しい…!

後日改めて訪れ別記事にその素晴らしさをまとめました↓

北海道・札幌観光で絶対に行くべし!世界的彫刻家の作った「モエレ沼公園」のおすすめポイントを紹介!

北海道のマイナーおみやげ

キリンガラナ

北海道のソウルドリンク「ガラナ」は3種類の飲み比べを行いました。

個人的には「キリンガラナ>最東端ガラナ>コアップガラナ」ですかね?

他にも北海道限定の「ソフトカツゲン」「ナポリン」「シトロン」どれも美味しいです。

わかさいも

洞爺湖の名物で「いも」とつきますが原料は芋ではなく豆らしい。

紹介しているもの以外にも揚げたバージョンもあり、揚げたてを食べられます。 

腹持ちも良いので、購入して腹の足しにしていました!

ぽてコタン

北海道産のジャガイモと玉ねぎを細かくして混ぜ合わせ、サクサクに揚げたお菓子です。

絶妙な塩加減がよく、ポテトチップスよりもコクがあっておいしいです。

小袋になっているので人に配ることもできますね!

雪花青(せっかせい)

長万部のお菓子工場「青華堂」で製造しているソフトクッキー。

何種類か味が存在するのですが、通販では1種類のみのようです。

口の中でほろほろ崩れるクッキーと濃厚な味わいが本当においしいです。

工場ではコーヒーと試食を楽しめるので、長万部町を訪れた際には寄ってみて下さい!

たこ皮ジャーキー

タコの皮に味をつけたおつまみです。

タコの皮はなかなか噛み千切れないのでずっと口の中で舐めていられます。

あまりにおいしすぎて旅行中に食べてしまいました。

北海道自転車一周の感想

案ずるより産むが易し

旅行計画時に多くの人から否定的な意見も受けましたが、両親を説得をいいことに強行。

実際には旅行で大きな問題に巻き込まれることもなく、言うほど難しくなかったです。

経験者の話は役に立ちますが、やらずに否定する人はあまり気にしなくてもいいのかも。

人の優しさに触れた

延々と同じ景色を走ったり土砂降りに遭ったり、何の為の旅行かわからなくなることも。

そんなとき、車から声をかけ道の駅で差し入れをくれる人の優しさが身に沁みました。

土砂降りのときは、わざわざ車を止めてライダーハウスを教えてくれたおじいさんも。

この旅行は決して自分だけの力ではなく、周りの人の助けがあってこその達成です!

やりたいことはやってみる

やりたいことに躊躇して言い訳を並べるなら、実行し修正をかける方が効率がいいかも。

この旅行で「やりたいことはやってみる」ようになりやりたいことリストを作るように。

この後もブログを始めたり、タイヨーロッパ7カ国北米などに行ったりしました!

北海道関連の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました