【大学生英語】大学生におすすめ、本当に使える英語勉強法を紹介!

大学生活
【大学生英語】大学生におすすめ、本当に使える英語勉強法を紹介!

高校英語から逃れられホッとしている大学生の皆さん、英語から逃れることは一生できません。

理系大学生が苦しむ「実験レポート」「論文購読」それから「学会発表」で英語を用いることも。

大学生になってしまった今からでも間に合う、実際に使える英語の勉強法を紹介します!

大学生が英語を使う機会

街中で話しかけられる

基本的に大学生は「ある程度の学識があり一般人よりは英語に堪能」というのが世界的な常識。

そのため海外の旅行者が道端で大学生に道を尋ねたりすることが東京では珍しくありません。

実際、自分も海外で何か尋ねたいことがあったら大学生っぽい人を選んで話しかけることが多いです。

海外旅行先で

海外旅行に行くのなら当たり前ですが、あらゆる場面で英語を使うことが要求されます。

列車のチケットを購入する、宿泊先のルール説明を受ける、入国審査を受けるなど重要な場合も。

英語が主要言語でなくても、英語が話せる人が一定数いるため英語さえ話せればどこへでも行けます。

海外論文の読み込み

研究室に配属されて研究を始めると、実験に役立つデータや実験方法を論文から探すことになります。

日本語だけで探していてはデータが少なすぎるため、論文の検索は基本的に英語でとなります。

英文を理解したうえで論文の意味も理解する必要があるため、英語に苦戦しているとかなりストレス。

海外学会での発表

研究室によっては学会発表を英語で行ったり、学会の会場が日本以外の国であることも多いです。

発表の内容は丸暗記で乗り切れたが、質疑応答になりまったくわからず固まる日本人大学生も…

こちらも論文と同様に英語が聞き取れるのは当然、内容を理解し英語で返答しないといけません。

卒業/就職活動

なんだかんだ言って、日本ではこれが一番大きな目的になっている大学生も多いと思います。

TOEIC〇〇点以上でないと卒業できない、■■社への応募資格がないという話は珍しくありません。

最近では聞く/読むだけでなく、話す/書くなども重視したTOEFLやIELTSなどを導入する企業も。

大学生式英語勉強法

大学生に限らず、日本の英語勉強法には疑問を感じることがあります。

文法を覚えてから実際に使うのは、意味も分からず文法を覚える苦労がありおすすめしません。

個人的には「文章の丸暗記→文法の理解→実際に使ってみる」が理想ではないかと思います。

まずは単語を一問一答で叩き込む

自論ですが、英語は最悪単語がわかってしまえば文法がわからなくても文章が読めると思っています。

まずは単語帳を一冊購入し、1英単語に対し1つだけ意味を覚えましょう(一字一句違わず)

できた単語を塗りつぶしながら単語帳を5周くらいすると、英文の意味が分かるようになってきます。

おすすめはTOEIC用良書「金フレ」で、自分のレベルに合わせてどこまでやるか選べます。

日頃から英語音声に慣れておく

TOEICリスニングがある日は朝から音声を聞いて耳を鳴らしておく人も多いのではないでしょうか。

これをもっと日常的に行います、さらに言うと本番よりもハードな内容がおすすめ。

TOEICのリスニング教材を毎日20分、2倍速で流していると本番はゆっくり過ぎて驚きます。

出版社アルクが提供するアプリ「ALCO」なら無料でリスニング教材がダウンロードし放題です。

【ALCO(アルコ)】英語アプリはアルクの音声教材がダウンロードし放題!

興味のある分野から

普段から語彙力を増やすために、身の回りにある外来語・カタカナ語に注目するようにしましょう。

自分はアニメが好きだったので作品名や技名のカタカナをすべて辞書で検索するようにしていました。

またアニメの英語吹き替え版セリフを暗記したり、英語の音楽を歌えるようにしたりもしました。

セリフ暗記は文法を理解せずにフレーズを身につけられ、単語を入れ替えるだけで応用が利きます。

人気の「アニメ英語版リンク」動画 1,389本 – ニコニコ動画

Another Day of Sun – La La Land (Original Motion Picture Soundtrack)

外人と話す

当たり前ですが何かを覚えるときに最も有効なのは使うことです。

大学なら外国人講師などもいるでしょう。

英会話教室などに通わずとも、観光地に行けば外人はたくさんいます。

観光客に話しかける分には相手が嫌がることもありません。 

TOEICは単に集中力と速さ

上記のことをやると、TOEICは英語の試験というよりは集中力とテクニックが重要だと感じます。

普段から英語力を磨きながら、直前の2週間くらいで本番に即した練習をすれば600点は取れます。

個人的に意識して行っていることは

  • ・Part2は初めの疑問詞に全意識を集中
  • ・Part3,4は放送までに問題を読み聞きながら回答
  • ・Part3,4は選択肢読み上げ時に次の選択肢を読む
  • ・Part5は1問30秒を目標に迷わない
  • ・Part7を集中力が切れないPart5の後に後ろから解く

↓おすすめの参考書(上:10分で終わるミニ模試、下:3周繰り返し用の神模試)

大学生のうちに英語を克服しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました