大学生活

大学生に美術館・博物館をおすすめする理由5つ!

美術館、博物館

こんにちは、学生リポーターの樹(いつき)@itsutsuki3 です!

今回は大学生が博物館、美術館に行くメリットを紹介していきます!

スポンサーリンク

美術館・博物館に行くメリット

美術館や博物館は物好きが行く場所で、大学生にはつまらないという意見もあるかもしれません。

しかし、テレビなどで特集が組まれることもあるように、最近はかなり変わった博物館・美術館もあります。

まずは美術館・博物館に行くメリットを書いていきます!

楽しく知識が身に付く

大学に入るまでの授業は基本的に教科書を見てする勉強が多いです。

実験や観察をした小学校はともかく、高校時代は参考書の数式や単語を丸暗記したものです。

意味も分からず覚えた知識に使い道はなく、すぐに忘れてしまいますね。

美術館や博物館の展示物は基本的に僕たちが今まで学んできたものに基づいています。美術館なら美術や世界史、博物館なら生物や物理など、美術館や博物館に行くことで関連付けて覚えることができます。

海外に行っても楽しめる

美術館や博物館に行くことを趣味しておくと、日本国内だけでなく海外に行っても楽しむことができます。

たとえ言葉が読めなくても、陳列の仕方や作風など楽しむことができる要素が多いのがこの趣味の良い所ですね!

僕がタイやヨーロッパに行ったときは主に博物館や美術館を巡ってました。

知識がつく

美術館や博物館では、普段なかなか聞けないような専門的な話やうんちくを手に入れることができます。

例を挙げると、国立科学博物館で蝶と蛾の区別についての話を聞きました。

様々な見分け方があるそうですが、実際にはかなり混在しているようで確実な見分け方は存在しないそう。

遺伝子レベルでの解析ができるようになったことでこのような話は他の生物でも起こっているそうです。

人によってはどうでもいい知識でしょうが、このような知識を得ることもできます。

思いがけないモノとの再会がある

有名な美術品はCMや広告、さらにはパロディー作品などで多く使われています。

「名前は知らないけれど見たことがある」という作品に出合った時の感動が好きです。

気分でいえば街中で偶然芸能人に出会ったような気分ですかね!

例を挙げると

  • 「教科書で見たワトソン、クリックのDNA模型」
  • お菓子の缶に使われていた「笛を吹く少年」
  • かいけつゾロリに出てきた「落穂ひろい」

などに出会うことができました!

幅広い年代の人と会話できるようになる

芸術や知識は年代にかかわらず楽しめるため、特に年配の人との会話の話題としてはよく挙がります。

個人的には芸術に理解のある人は感性が豊かな人だと思っています。

また年齢が上の人だけでなく、大学生の中にも美術館や博物館をめぐることを趣味にしている人は多いようです。

感性の近い人に出会えるチャンスかも…!

美術館・博物館の楽しみ方

ここでは僕がおすすめする美術館・博物館の楽しみ方を紹介していきます!

クレジットカード払いがおすすめ

美術館や博物館は外国人も訪れるためか、現金だけでなくカード払いのできるところが非常に多いです。
楽天カードなどの還元があるクレジットカードなら、実質さらに安い金額で入場が可能になります。

チケット売り場が混雑しているときもクレジットカードで払えばスムーズです!

作品の感じ方は人それぞれ

作品の楽しみ方にルールはなく、好きなように作品を楽しみましょう。

順路に従わずに逆走してもよし、一日かけて一つの作品を見るのもよし。

楽しみ方は無限大です!僕の好きな見方は

  • まず部屋の作品を俯瞰する
  • 右端から順番に見ていく
  • 気に入った作品をいろいろな距離から見る
  • 作品が一番きれいに見える距離を見つける

このような方法を好むため、あまり混雑している美術館は好きではありません。

他には、疲れたときに椅子に座って別のことを考えながらぼーっと見るのも好きです。

外の雰囲気も楽しもう

美術館や博物館を楽しんだ後は屋外も探検してみましょう。

基本的に周りが公園になっていることが多いです。

休日は老夫婦や赤ちゃんなどがたくさんいてとても心が落ち着きます。

屋外に芸術品や展示品を置いているところもあるので見落とさないように注意!

大学生おすすめの美術館・博物館(国内編)

僕が今まで行ってきた美術館・博物館の中から「ここは面白かった!」というものを紹介します!

箱根の森美術館

小学校の鎌倉への修学旅行で行った美術館で、屋外にも作品がたくさん展示されている点で特徴的でした。

敷地内には足湯もあり、タオルを持って行けば無料で足湯を楽しむことができます。

かなり昔に言ったのであまり覚えていないのですが、おそらくこの頃から現代アートが好きになりました!

箱根の森美術館:https://www.hakone-oam.or.jp/

つくばエキスポセンター

研究都市である茨城県つくば市にある科学館。

ゲームなど体験型の展示が多く、子供から大人まで楽しめます。

宇宙や素粒子に関する展示が充実しており、僕はとても楽しめました。

近くにはJAXAもあるので一緒に見学してみてはいかがでしょうか?

つくばエキスポセンター:http://www.expocenter.or.jp/

日本科学未来館

お台場にある科学館で、宇宙飛行士の毛利さんが館長を務めています。

主に最先端のテクノロジーについて取り上げています。

ここにある「アナグラの歌」という展示が非常に不気味なので人に勧めています。

日本科学未来館:https://www.miraikan.jst.go.jp/

岡本太郎記念館

大阪万博のモニュメント「太陽の塔」を設計した芸術家。

「芸術は爆発だ!」の名言を残し、エキセントリックな作品を数多く作成しました。

美術館は川崎市にあり、こちらは個人のアトリエを改築したものとなっています。

ホームページから割引券を印刷していくと入館料が安くなります!

岡本太郎記念館:http://www.taro-okamoto.or.jp/

大学生おすすめの美術館・博物館(国外編)

大英博物館

世界の美術品や生活用品が集められた世界有数の博物館。

入場料は無料で運営費は来館者の寄付で賄われています。

地域ごとの展示なので英語が読めなくても楽しむことができます。

ボランティアのおじちゃん、おばちゃんが展示品を触らせてくれることも!

ダリ美術館

スペインの芸術家サルヴァドール・ダリの作品のみを展示する美術館。

独創的な「ダリ・ワールド」を堪能することができます。

入り口入ってすぐの空間はただただ圧倒されるばかり。

ソフィア王妃芸術センター

パブロ・ピカソが内戦を描いた作品「ゲルニカ」を所蔵する美術館。

「ゲルニカ」だけでなく多くの有名な芸術家の作品が展示されています。

現代アートの展示がとても充実しており、個人的にとても共感できる作品が多かったです。

美術館自体もかなり広いので1日かけて展示を見てもいいかも。

大学生は無料なので2日かけて展示を見ました!

大学がパートナーシップに加入しているかも?

ここまで美術館・博物館について書いてきましたが、美術館・博物館と聞くと料金が高いのでは?と考えている人もいるでしょう。

そこで確認してほしいのは自分の通っている大学が美術館や博物館とパートナーシップを結んでないかということ。

いくつかの大学は博物館や美術館と提携しており、学生証の提示で割引料金で入場することが可能になっています。

加盟校一覧|国立美術館キャンパスメンバーズ|独立行政法人国立美術館

学習 ≫ 大学生・大人向け ≫ 大学パートナーシップ|国立科学博物館

僕の通っている大学はどちらにも加入しているため、しばしば利用します。

特にうれしいのが国立科学博物館の常設展の入場が無料なこと。

せっかく高い学費を収めて大学に行っているので、使ってみてはいかがでしょうか?

大学生は美術館、博物館に行くべき!

いかがでしたか?

何かと敬遠されがちな美術館・博物館ですが、行ってみると意外に楽しめることが分かります。

新しい季節を迎えた大学生活の中で新しい趣味を見つけてみてはいかがでしょうか?

僕が出かける際に参考にしている本。

コンパクトながら写真がたくさん載っていて、直観的に行きたいところを探せるようになっています。

Amazonの商品サイトでは、中ページも少し読めます

良ければ参考にしてみてください!

それでは!

コメント