ミニマリズム

ミニマリスト大学生が考える、データ化して良かった/してほしいもの

更新日:

ミニマリスト大学生
電子化

現在の世の中ではIT化が進み、多くのものがデータとして管理される時代になりました。

ミニマリストにはうれしいことに、持ち物がスマホだけで済むようになる時代もそう遠くはないでしょう。

今回はミニマリストの視点から、データ化して良かったもの、もっとデータ化を進めてほしいものを挙げてみました!

写真

紙の写真はかさばるし、分類も面倒です。

他のものとは違い、写真は古くても新しくても触り心地や形は変わらないため、データ化した方が劣化しません。

取り出して見直したいという声もありそうですが、最近のクラウドストレージでは自動的に写真を分類したりアルバムを作成してくれます。

基本的にはクラウドにデータしておいておき、手元に置いておきたいものだけを印刷すればいいのではないでしょうか?

CD

最近はCDを購入する必要のあった音楽をデータで購入することができるようになりました。

またストリーミングサービスでは一定の料金を払えば音楽が聴き放題になり、自分の知らない曲にも出会えるようになりました。

英語の問題集のリスニングCDも、URLを打ち込むと音声データのダウンロードページに飛ぶようになってきました。

CDは取り込んだら基本いらないので、データとしてネットで提供するほうが会社側もコストを抑えられると思うよ!

DVD

CDと理由はほぼ同じ。

プライムビデオ、U-Next、FODプレミアムなどの有料配信サービスが力をつけてきています。

TSUTAYAもDVD郵送サービスとかやってるけど将来的にはなくなるんじゃないかとにらんでいます。

お金/財布

とにかく財布はかさばるため、ズボンの後ろポケットに入れておくと腰痛の原因になることも。

おサイフケータイがiPhone7から使えるようになり、クレジットカードやバーコード決済などのキャッシュレス決済が広まりつつあるため財布は減っていくでしょう。

診察券

「診察券アプリも出ているよ」といわれるかもしれませんが、実際のところ使えるのはほんの少し。

自分の通っている病院が対応しているかもわからないし、写真を撮って持って行っても相手にされません。

そもそも診察券はICチップが入っていたり、次の診察日を書き込む欄があったりするため電子化は難しいかもしれないです。

このような理由はありますが、診察券はポイントカードの次に枚数が増えやすいカードなので早く何とかしてくれ!

学生証

もう学生の体内にに埋め込んではどうだろうか。

そうすれば他人に学生証を預けて代理出席することもできなくなるし、教授もカードタッチの後に出席を取らなくてもいいと思います。

教科書/ノート

他学科の友人が分厚い教科書を持っていて通称は「マクラ」だそうです。

うん万円とするので仮にデータ版があっても買いなおしはできないとなげいていました。

データ天才の危険もあるとは思いますが、大学や企業も電子書籍版を推進していってほしいです。

個人的には迷うところです。

データ化すると、人に貸すことが困難に、図書館で借りられない、中古品として売れないなどの弊害があります。

図書館で電子版を貸し出せばいいのかもしれませんが、それでは本が売れなくなってしまいそうです。

本はね、ただ文字を読むんじゃない。自分の感覚を調整するためのツールでもある。

調子が悪いときに、本の内容が頭に入ってこないことがある。
そういうときは、何が読書の邪魔をしているか考える。

調子が悪いときでも、すらすらと内容が入ってくる本もある。なぜそうなるかを考える。―精神的な調律、チューニングみたいなものかな。

調律する際、大事なのは紙に指で触れている感覚や、
本をパラパラとめくったとき瞬間的に脳の神経を刺激するものだ

PSYCHO-PASSのキャラクター「槙島省吾」の台詞

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の世界はどこまで現実になるか

  • 執筆 2018/12/27
  • 更新 2019/10/30

ブログランキング

記事下

-ミニマリズム

Copyright© 樹の大学生活リポート! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.