【大学生読書】理系大学生の読書記録②(随時更新)

感想文
大学生読書記録

つけていた読書記録が50冊に到達したので、記事の表示速度を考えて分けることにしました。

  • ☆☆☆☆☆ めっちゃ面白い、人に薦めたい
  • ☆☆☆☆・ なかなか面白い、勉強になった
  • ☆☆☆・・ 普通
  • ☆☆・・・ つまらない、読まないよりマシ
  • ☆・・・・ 読むんじゃなかった
¥1,881 (2021/07/24 16:34時点 | Amazon調べ)

読了:2021/04/25 ☆☆☆☆・

同級生からのいじめにより中学校へ通えなくなったこころは、ある日鏡の中の世界に吸い込まれる。

そこで彼女は6人の少年少女と出会い、”オオカミさま”から願いを叶える鍵があることを伝えられる。

2018年の本屋大賞を受賞した作品で、文字も大きめでストーリーも面白いので一気読みできます。

テーマに少し押しつけがましさを感じなくもないけれど、物語としては文句なしの面白さでした。

読了:2021/05/02 ☆☆・・・

まず題名についてですが、フェミニズムについて学ぶというより対談中で関連した話題へいく構成。

上野さんは自らの立場への恨みから活動家になったですが、文章を読んでいい気はしませんでした。

酷い立場に置かれたから、虐げた彼らをくくって誹り馬鹿にして新たなものは生まれるのでしょうか。

文中にあった”弱い立場を認め…”よりも、男女を意識せず生活できるようになるべきだと思います。

…という意見も文中の”既得損益に胡坐をかいた男性の意見”、であることは意識する必要があります。

¥693 (2021/07/24 16:34時点 | Amazon調べ)

読了:2021/05/04 ☆☆☆・・

ジョージ・オーウェルによる、ビッグブラザーという独裁社会を描くディストピアSF作品。

以前にマンガ版を読んでいたのですが、きちんと読んでおきたいと思い小説版を借りました。

ジュリアを見ていると、思考を停止させて目の前の事実とだけ向き合う危険を感じます。

めちゃくちゃおもしろい!という訳ではないですが、SF作品としては読んでおくべきかな?

講談社
¥858 (2021/07/24 17:45時点 | Amazon調べ)

読了:2021/05/08 ☆☆☆・・

ある女性の死体から始まる、不審な一連の殺人事件を追った東野圭吾作の警察小説。

東野圭吾はそこまで好きではないのですが、定期的に読んでしまうのは自分でも不思議です。

実際の警察の捜査はこんなものなんでしょうが、今回の事件はいつも以上に手がかりがありません。

長めの話なので、読んでいると加賀たちのように手がかりを得られない無気力感におそわれます。

終盤の推理はさすがに飛躍していると思ったので、もう少し前半に手がかりがあってもいいのでは?

読了:2021/05/12 ☆☆☆☆・

本屋で立ち読みして面白そうだったので。

「こども~」と書いてある本って基本的に大人が読んでちょうどいいくらいのことが多い気がします。

SDGsというものがあることは知っていたので、できた経緯や目的について学べたのが良かったです。

¥693 (2021/07/24 16:34時点 | Amazon調べ)

読了:2021/05/15 ☆☆☆☆・

警察学校で教鞭をとる風間と、それぞれに課題を抱えた生徒たちを描いた短編集。

ドラマになったのを知っていたので、図書館で見つけたときに借りてみようと思いました。

巨大な事件などが起きて半沢直樹的な展開を勝手に予想していましたが、全く違いました。

1話ごとに生徒のペアが変わり、それぞれの微妙な関係性が結末に影響してきます。

風間の万能ぶりができすぎば気もしますが、普段触れない警察学校について学べて面白かったです。

¥1,666 (2021/07/24 17:45時点 | Amazon調べ)

読了:2021/05/21 ☆☆☆☆・

久しぶりに有川作品を読みましたが、今までの作品と少し異なり、なかなか面白かったです。

映画やドラマの制作会社に入った若者とその仕事について取り上げた作品でした。

そこまで読み込んでいるわけではないのですが、作品や原作者名って他作品と関連あるのかな?

有川作品は甘ったるすぎる恋愛ものも良いですが、これくらいさっぱりしているのも良いですね。

読了:2021/05/27 ☆☆☆☆☆

ミニマリストと題名にありますが、ミニマリストに関係なくすべての人の読んでほしい本です。

SNSやスマートフォンの仕組みと、それらとの付き合い方について体験や調査から説明しています。

実際にやってみようというコーナーもあり、いかにネットの世界にとらわれているか実感できます。

かなり面白い本だったので、いずれこの本に関しては記事を書くつもりです!

文藝春秋
¥1,650 (2021/07/25 11:34時点 | Amazon調べ)

読了:2021/06/02 ☆☆☆☆・

筆者が実際にストーカーに会い、警察や弁護士などを協力しながら解決する過程を描いた作品。

なんて綺麗なものではなく、ストーカーの異常さ、役所や警察での煩雑さ、筆者の疲弊など…

ストーカーは実際に危害を加えないと警察も介入しづらく、数年で釈放されるのは恐ろしい。

自分が被害者になったら、追い詰められて「殺るか殺られるか」と考えてもおかしくないです。

ストーカーが病気である以上、カウンセラーを通じた加害者のケアは非常に大切だと思いました。

このようになかなか触れる機会のない情報は、被害者/加害者になったときに役に立つと信じたい。

読了:2021/06/06 ☆☆☆☆・

池井戸作品はあまりですが、実際の事件をもとにした作品ということで気になっていました。

間違いないはずの大企業と中小企業の戦いは面白いですが、いつものように勧善懲悪な所がうーん…

被害者のように必要最低限の補償金をもらって、その企業とは関わりたくないのが本音だと思います。

この本から学べた就活でも役立ちそうなことは「一度やった企業はまたやる」ということでしょうか。

¥167 (2021/07/24 17:45時点 | Amazon調べ)

読了:2021/06/08 ☆☆☆☆・

カフカの「変身」に興味をもっていますが、題名を忘れて毒虫しか覚えてないことが多いです。

毒虫に引きずられて「蠅」とついている、全く関係のない本を借りてみました。

無人島に流れ着いた子供たちが、規則のない世界で徐々に壊れていく暗い感じのストーリー。

現代となっては多い話ですが、みな子供であること、規則の象徴であるほら貝などが面白かったです。

¥1,760 (2021/07/24 16:34時点 | Amazon調べ)

読了:2021/06/14 ☆☆☆☆・

海外旅行客向けの観光ガイドを行っている筆者が、よく聞かれることを英語でまとめたハンドブック。

英語の長文は読む気にならなかったので、日本の常識おさらいとして日本語訳だけ読みました。

戦後の復興や天皇制、宗教とのかかわりなどは日本人としても目から鱗のことが多かったです。

結婚式は神式であるのに対し、葬式は仏式で行う理由が神道が死を不浄とみなすからとは知らなんだ…

読了 2021/06/24 ☆☆☆・・

大学の授業で使った資料について、どうせなら全部読もうと思いました。

カオス理論と呼ばれる計算が困難な「気象」を中心に、予測学を紹介しています。

予測できない事象には、モデルの誤りと小さなずれが変化を起こす「初期鋭敏性」があります。

著者は、どんなに研究が進んでも予測は完璧にならないと述べています。

個人的には「ラプラスの悪魔」の存在を信じたいですが…

読了:2021/06/28 ☆☆☆☆☆

普段は新書を読まないですが、書店のポップを見て興味を持ちあっという間に読了。

眼には着くけれどタブー視されがちなサラ金について、誕生から現代まで追っています。

かなり面白い話だったので、後ほど本について記事を書こうと思っています。

著:ジェフ・ミラー, 翻訳:伊藤 はるみ
¥2,420 (2021/07/22 20:48時点 | Amazon調べ)

読了:2021/07/15 ☆☆☆☆・

図書館の棚を眺めていたら、新着図書の場所にあって借りてみました。

ちょうどアボカドが普及した過程を経験した世代だったので、非常に興味有り。

メキシコで貧しい人が食べるイメージの強かった、怪しげな果実がここまで有名になるまで。

種は巨大哺乳類時代の名残、ハス種の人気で単一化の危機にあることなどが面白い。

著:西岡 昌紀
¥770 (2021/07/26 09:00時点 | Amazon調べ)

読了:2021/07/18 ☆☆☆・・

題名の「三つのチーク県の民謡」はバルトークによるピアノ曲の名前です。

小児科の医師である主人公と、彼の捨てた女性、そして二人の患者の物語。

メッセージを読み取るのはとても難しいですが、村上春樹作品っぽさを感じました。

著:阿部 恭子
¥880 (2021/07/28 12:06時点 | Amazon調べ)

題名にひかれて借りましたが、加害者家族という存在は考えたことがありませんでした。

加害者本人が情報から隔絶された塀の中にいる間、その家族がその代わりとなります。

海外ではすでに加害者家族のサポートは多く、犯罪発生率の低さが逆に問題を生んでいるのかも。

被害者とその家族、加害者とその家族の双方について対応することの大切さを知りました。

著:司馬 遼太郎
¥781 (2021/07/25 15:31時点 | Amazon調べ)

読了:2021/07/24 ☆☆☆☆・

司馬遼太郎作品は面白いですが、続編がすぐに手に入らないと読む気がなくなってしまいます。

大学の図書館にあって、あまり借りられていなそうだったのでチャレンジしてみました。

開国への機運が高まっている中、漢方医が強い力を持つ時代に逆境する蘭方医たちの話。

良順は実力があるのに歴史に縛られ、伊之介は能力があるのに世間になじめずに苦労します。

全く知らない人物なので、どのような展開になっていくかわからず楽しみです。

コメント