【大学生読書】理系大学生の読書記録②(随時更新)

感想文
大学生読書記録

つけていた読書記録が50冊に到達したので、記事の表示速度を考えて分けることにしました。

  • ☆☆☆☆☆ めっちゃ面白い、人に薦めたい
  • ☆☆☆☆・ なかなか面白い、勉強になった
  • ☆☆☆・・ 普通
  • ☆☆・・・ つまらない、読まないよりマシ
  • ☆・・・・ 読むんじゃなかった

読了:2021/04/25 ☆☆☆☆・

同級生からのいじめにより中学校へ通えなくなったこころは、ある日鏡の中の世界に吸い込まれる。

そこで彼女は6人の少年少女と出会い、”オオカミさま”から願いを叶える鍵があることを伝えられる。

2018年の本屋大賞を受賞した作品で、文字も大きめでストーリーも面白いので一気読みできます。

テーマに少し押しつけがましさを感じなくもないけれど、物語としては文句なしの面白さでした。

読了:2021/05/02 ☆☆・・・

まず題名についてですが、フェミニズムについて学ぶというより対談中で関連した話題へいく構成。

上野さんは自らの立場への恨みから活動家になったですが、文章を読んでいい気はしませんでした。

酷い立場に置かれたから、虐げた彼らをくくって誹り馬鹿にして新たなものは生まれるのでしょうか。

文中にあった”弱い立場を認め…”よりも、男女を意識せず生活できるようになるべきだと思います。

…という意見も文中の”既得損益に胡坐をかいた男性の意見”、であることは意識する必要があります。

読了:2021/05/04 ☆☆☆・・

ジョージ・オーウェルによる、ビッグブラザーという独裁社会を描くディストピアSF作品。

以前にマンガ版を読んでいたのですが、きちんと読んでおきたいと思い小説版を借りました。

ジュリアを見ていると、思考を停止させて目の前の事実とだけ向き合う危険を感じます。

めちゃくちゃおもしろい!という訳ではないですが、SF作品としては読んでおくべきかな?

読了:2021/05/08 ☆☆☆・・

ある女性の死体から始まる、不審な一連の殺人事件を追った東野圭吾作の警察小説。

東野圭吾はそこまで好きではないのですが、定期的に読んでしまうのは自分でも不思議です。

実際の警察の捜査はこんなものなんでしょうが、今回の事件はいつも以上に手がかりがありません。

長めの話なので、読んでいると加賀たちのように手がかりを得られない無気力感におそわれます。

終盤の推理はさすがに飛躍していると思ったので、もう少し前半に手がかりがあってもいいのでは?

読了:2021/05/12 ☆☆☆☆・

本屋で立ち読みして面白そうだったので。

「こども~」と書いてある本って基本的に大人が読んでちょうどいいくらいのことが多い気がします。

SDGsというものがあることは知っていたので、できた経緯や目的について学べたのが良かったです。

読了:2021/05/15 ☆☆☆☆・

警察学校で教鞭をとる風間と、それぞれに課題を抱えた生徒たちを描いた短編集。

ドラマになったのを知っていたので、図書館で見つけたときに借りてみようと思いました。

巨大な事件などが起きて半沢直樹的な展開を勝手に予想していましたが、全く違いました。

1話ごとに生徒のペアが変わり、それぞれの微妙な関係性が結末に影響してきます。

風間の万能ぶりができすぎば気もしますが、普段触れない警察学校について学べて面白かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました