【大学生おすすめ本】読書好き理系大学生のおすすめ一覧(年代順)

感想文

本を読むようになったのは小学生の頃で、1日に3冊読んでいた時期も。

しょうせつをよく読んでいましたが、最近では苦手だった歴史物にも手をつけました。

今でも読書が好きな、理系大学生おすすめの本をハマっていた年代ごとに紹介していきます!

小学生以前

めっきらもっきら どおんどん

「かんた」がでたらめな歌を歌うと不思議な世界に吸い込まれてしまう。

待っていたのは「しっかかもっかか」「もんもんびゃっこ」「おたからまんちん」。

楽しく遊ぶ「かんた」だったが、お母さんのことが恋しくなり…

最も読んだ記憶が古い絵本で、本が好きな親戚に紹介してもらいました。

読み聞かせにもよく出てくる作品で、子供たちが必死に歌を覚えようとするのが微笑ましいです。

ふたつの島 

皆で協力してつつましく暮らす小さな島と、王のもとで富を増やす大きな島があった。

大きな島の人々は自分たちの島を大きくするため、小さな島から土を運び始める。

小さな島の人々は懸命に抵抗したが、欲にまみれた彼らの前に出来ることはなく…

知り合いのお兄ちゃんから譲り受けた絵本で、1番気に入っていた作品。

字が小さく少しストーリーも難しいですが、絵がとても綺麗なので眺めているだけでも楽しいです。

人間の二つの側面を2つの島を俯瞰する目線で見ることで、子供心にも考えるところがある作品でした。

ウエズレーの国

少し変わった少年ウエズレーは、夏休みの自由研究で自分の国を作ることを考えつく。

自分で考えた洋服や言葉をつくって誰も知らない国を作っていくウエズレーと友人たち。

気づくとウエズレーの国には植物の種が飛んできて、見たことのない植物もも成長し始めた。

内容はあまり覚えていませんが、当時はとても感動を受け今でもおすすめの絵本を聞かれると即答します。

ちょうどこの本を読んだ小学生は、ウエズレーのように近所で秘密基地や言葉を作って遊んでいたころ。

男子にとって自分だけの王国を作ることは永遠の夢なのだ!

小学生

そして5人がいなくなる

隣の古洋館に引っ越してきた黒づくめのサングラス男を私たちは「教授」と呼ぶことにした。

教授こと夢水清志郎の仕事は【名探偵】で、彼の仕事は「みんなを幸せにすること」らしい。

生活能力ゼロの教授も、私たちの周りで不思議な事件が起こると立派な名探偵…にはならない。

人が死なない事件を扱うこと、必ずハッピーエンドで終わることから読んでいて安心できます。

名探偵が「みんなを幸せにする」ため、ときに事件の真相を隠したり解決しなかったりもするのが特徴的。

「名探偵の夢水清志郎」に対する「怪盗のクイーン」シリーズも刊行されており、どちらからも楽しめます。

黒魔女さんが通る!

キューピット様を呼ぶはずが、花粉症のせいで黒魔女のギュービッドを召喚してしまった黒鳥千代子。

普通の女の子に戻るには、昇任試験をクリアして立派な黒魔女にならないといけない。

変わったクラスメイトや、魔界からの訪問者もやってきて千代子は普通の女の子に戻れるのか…?

ヒロインは昭和とオカルトをこよなく愛するオタクで、黒ゴスロリを着て黒魔女修行に明け暮れるという設定。

また決めセリフ「あったり前田のクラッカー!」や「ロン魔ールーム」だったりと、作者の趣味要素が多数。

読者からのお便りからキャラや呪文が採用されたり「若おかみは小学生!」とのコラボなどの方式が新鮮でした。

海底2万マイル

世界中を震撼させる謎の巨大海洋生物の調査のため、戦艦に乗り込むアロナックス教授たち。

巨大生物との交戦により船は沈没、海に投げ出された3人の男たちは巨大生物の上にいた。

なんとそれは謎の人物ネモ艦長が作り上げた、最新鋭潜水艦ノーチラス号だったのだ…!

覚えている限りでは、この作品で初めて科学者になりたいと漠然と思うようになりました。

この作品が書かれた当時に潜水艦は存在せず、SF小説が未来を予測したことになります。

これをきっかけにSFを読むようになり、「地底旅行」や「失われた世界」などを読みました。

悪者は夜やってくる

物語を書く宿題で、フォーンビーはお気に入りのノートに大悪党スクウィジーの物語を書き始める。

しかし物語の中の大悪党はフォーンビーの命令に背き、彼を無視して勝手な行動を始めてしまう。

妹による物語改編やいじめっ子も加わって、いったい物語はどうなってしまうのか…?

対象年齢はあまり高くないですが、サクッと読めてすっきりできるので何度か読みました。

外国文学なので英語特有のジョーク(インター”ナット”など)が当時はわかりませんでした。

物語の展開が予想できないのが面白いですが、最後もハッピーエンドで楽しく読めます。

冒険図鑑

野外で生き抜くための技術やコツをわかりやすいイラストともに紹介する入門書。

道具の使い方や衣食住の確保方法、野生動物や植物の採集方法など内容は多岐にわたる。

サバイバルにあこがれた時期に読んでいた中で、最も役に立ったかもしれない一冊。

トンボの捕まえ方や即席小屋の作り方など、読んでるだけでワクワクする内容がたくさん。

都会のトム・ソーヤ

きわめて「平凡な」内藤内人と、竜王グループ御曹司の竜王創也は学び盛りの中学二年生。

二人の夢は謎の人物「栗井栄太」を越えて、世界一のRRPG(リアルロールプレイングゲーム)を作ること!

学校で起こる事件や栗井栄太のゲーム、果てには恋愛にもまれながらも二人は夢は実現に向けて走る…

牛乳パックでたいまつを作ったり、サラダ油とラップで対人トラップを作ったり。

内人のサバイバルスキルは、自分がその状況にいたら…と男子の想像力を膨らませます。

はやみねかおる氏特有の、小中学生に絶対わからないネタ(ナイトマンとか)も思い出せば懐かしい…

怪人二十面相

日本中を震撼させた盗賊「怪人二十面相」は、事前に出した怪盗予告状通りに日本中の財宝を盗み出した。

誰もがかなわないと思ったとき、名探偵の明智小五郎と少年探偵団が動き出す!

手に汗握るトリック、騙しあい、脱出劇の末、最後に勝利するのはどちらなのか…!

江戸川乱歩氏を全く知らない状態で「宇宙怪人」という題名にひかれて読み、ドはまりしました。

コールタールによる追跡、DBバッジ、小林少年の万能鍵など、夢が膨らむ秘密兵器たち。

江戸川乱歩という存在を知り、読むようになりました。(短辺としては「人間椅子」が好き)

妖怪アパートの幽雅な日常

入学先の寮が火事で全焼してしまった稲葉夕士は、大家さんから訳アリの格安物件を紹介してもらう。

しかしそのアパートは人間と妖怪が一緒に住んでいるアパートだった!

夕士は妖怪たちや学校の仲間とのかかわりの中で、大切なモノを学びながら成長していく。

都会のトム&ソーヤと同じ”YA! ENTERTAINMENT”で、気になっていましたが表紙から敬遠していました。

面白おかしい妖怪・人間や夕士を支える仲間との交流は、こんなところに住んでみたかったと思わせます。

原作者の作品としては、当時未完結だった「僕とおじいちゃんと魔法の塔」の方が先でした。

ハリーポッターと賢者の石

10歳の誕生日を迎えたハリーは、死んだ両親が魔法使いだったことを知らされ叔父の家から旅立つ。

彼はホグワーツ魔法学校の仲間とともに、驚きの連続の魔法界や魔法使いになるための勉強を始める。

一方では、ハリーの両親を殺した悪の魔法使い【ヴォルデモート卿】が復活の準備を整えていた…

本好きの多くが名前を挙げるであろうベタ中のベタ作品ですが、やっぱり面白いですね!

解説本を書けるほどの魔法や魔法界の細かい設定が、厨二心にもしっかり刺さります。

いつか英語版を読むことが目標です。追記:賢者の石を英語版で読みました!

ダレン・シャン

ダレンは友人に誘われて、不思議な生き物が集まるサーカス【フリークショー】を見に行く。

ダレンはそこで一目ぼれした毒蜘蛛「マダム・オタク」を黙って持ち出すが、友人が噛まれてしまう。

友人の命を救うため、ヴァンパイアであるクレプスリーの弟子となり、人間の世界に別れを告げる…

面白いと評判の作品でしたが、表紙のおどろおどろしさからハリー・ポッターより後に読んだ作品。

残酷な描写もありながらも、ヴァンパイアの生態に感心したりヴァンパニーズとの闘いに手に汗握ったり。

友人のその後やストーリーの組み立て方が非常に面白く、伏線の回収などにはとても感動した記憶。

不思議を売る男

両親が古道具屋を営むエイルサの元にある日、謎の男MCCが現れそのまま居候することになった。

彼は古道具屋で売っている商品にまつわる不思議な話をでっちあげて、訪れた客たちを引き込んでゆく。

彼の言うことは一見嘘ばかりのようでエイルサは不信感を抱くが、次第に彼の話に興味を持つようになる…

小学生のときに図書館にあった海外図書コーナーにはまり、題名にひかれて出会った作品の一つ。

古道具にまつわる短編集なので、一気に読んでも毎日1作品ずつ読んでも楽しめるようになっています。

作品の結末が当初はよく理解できなかったので、もう一度読み返したいと思っている一冊ですね。

宇宙戦争

我々が平穏な生活を送っている中でも、彼らは長い間こちらを観察し周到な計画を練り続けていた。

ある日ロンドンに謎の円筒形が墜落、中から現れた火星人は見物に来た野次馬を殺害し地球侵略を開始する。

骨格を持たないであろう彼らの生態、追い詰められた人々の行動、そして予想外の結末を一市民の視点から描く。

小学校の掃除中に高学年の本棚で見つけた作品(新しい作品を見つけるうえでも本棚の整理がとても好きでした)

題名と牧師との立てこもりのシーンに強い衝撃を受け、改めて図書館で借りて購入にまで至った作品です。

ロンドンというほど良いスケール感、説得力のある火星人の生態、平凡な一市民からの視点というのが面白い。

中学生

飛ぶ教室

【飛ぶ教室】は本作品の舞台である、ヨハン・ジギスムント寄宿舎学校で行われる劇の題名です。

上級生との対決や禁煙さんとの交流、

図書館戦争

図書館はメディア良化法による図書の検閲から表現の自由を守るため、武装化し【図書隊】を名乗るように。

笠原郁は、高校時代に検閲から自分と図書を救ってくれた図書隊の「王子様」にあこがれて図書隊に志願する。

しかし彼女を待ち受けていたのは、厳しい訓練と血で血を洗う図書隊が抱える重い現実だった…

武士道シックスティーン

ただひたすら勝つために剣道を続けてきた磯山香織。

彼女が地方の大会で負けたのは日本舞踊から剣道を始めた甲本早苗だった。

時にぶつかり、時に分かりあい、対極的な二人は絆を深めていく。

植物図鑑

「拾ってください。」これが初めて出会ったときの彼の一言目。

の居候、樹はやたら植物に詳しく、野原の野草をおいしく料理してくれる。

「雑草という名前の花はありません。」これが彼の好きな言葉だ。

はやぶさの大冒険

君の膵臓を食べたい

主人公「僕」は病院で偶然クラスの女子「山内桜良」の「共病文庫」を拾う。

そこには、彼女が膵臓の病気で余命はあまり長くはないと書かれていた。

彼女は秘密を知る「僕」を、願いを叶えるために連れまわし始める。

とある魔術の禁書目録

超能力者を育てる「学園都市」に住む能力者適正ゼロの少年、上条当麻。

ある朝彼はベランダに純白のシスターが引っ掛かっているのを見つける。

彼女は学園都市の外からやってきたらしく、魔術協会に追われていた。

バカとテストと召喚獣

文月学園は生徒の学力に応じて召喚獣を出せる唯一の学校。

クラス階級で最下位のEクラスの吉井明久は仲間たちとともに学園トップを目指す!

…と思いきや、恋に覗きに異端審問会とそれどころではない!

高校生、大学生

オリンピックの身代金

昭和39年の東京オリンピック前、草加次郎を名乗る犯人から刑事総監の自宅爆破とともにオリンピック中止が要求される。

日本国民を人質とした爆破事件が何件も発生し、連携の取れない警察と公安は犯人を追い詰めながらも何度も取り逃がしてしまう。

工事で兄を亡くした学生、父の家が爆破されたテレビ局の青年、生まれてくる子供のために犯人を追う警察官などの複数の視点から事件は進むーー。


単なる警察小説ではなく、オリンピックの裏にいた過酷な日雇い人夫達に焦点を当てている点が特徴的です。

早い段階で犯人が判明、犯人の目線からも物語が進むことが絶対的な正義が存在しないことを教えてくれます。

この作品は現実と虚構を交えて描かれているため、事件が解決されるかがわからないのが一層スリリング!

1Q84

殺し屋の「青豆」はある日とある行動から、1984年ではない「1Q84年」へ入る。

一方「天吾」はとある少女「ふかえり」の話を小説として書くという仕事を始める。

「ふかえり」の話す物語には何度も「リトル・ピープル」という単語が現れる。

暗幕のゲルニカ

深夜特急

十角館の殺人

物語で起こる殺人事件は誰にでも可能な方法で、計画殺人というよりは時限式のものが多い点にリアリティを感じました。

物語は過去の「角島四重殺人」と現在の「十角館の殺人」が関わっており、状況によって犯人が変わりうるため、自分の中での犯人予想が揺るぎます。

アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」を意識した作品ですが、トリックとしてはこちらの方が素晴らしい!

燃えよ剣

流浪の月

他にも面白い作品あったら教えてください!

読んだことあったら言いますのでどんどん紹介していただけると嬉しいです!

オリエント急行の殺人

最近読んでいる本

リアルタイムで読んだ本と感想をまとめています!

【大学生読書】理系大学生の読書記録①(随時更新)【1冊目~50冊目】

【大学生読書】理系大学生の読書記録②(随時更新)【51冊目~】

感想、おすすめ作品

コメント