【きっと、うまくいく】勉強だけじゃない、本当にやりたいことは?

感想文

おすすめの映画で真っ先に挙げる映画に「きっと、うまくいく」があります。

この記事では、インドの工科大学で勉強する大学生たちを描いた感動作を紹介します!

【大学生映画】プライムビデオで見られる大学生おすすめ名作映画をあらすじとともに紹介!

きっと、うまくいく

「きっと、うまくいく」は2009年公開のインド映画で、歴代興行収入1位を記録した大ヒット作です。

難関工科大学ICEに入学したファルハーン、ラージュー、ランチョーの三人の日々を描きます。

インドの難関大における、詰め込み型教育や自殺問題なども提起している面白いだけじゃない作品。

「きっと、うまくいく」キャラクター

ファルハーン…本当は動物写真家になりたいが、両親には言い出せずにいる。

ラージュー…病気の両親を持ち、貧乏なために姉は結婚できずにいる。お祈りが欠かせない

ランチョー…さっぱりとした性格と科学に対する飽くなき探究心を持つ人物。

学長…工科大学のトップ。詰込み型や結果重視の教育を行い嫌われ者。

ピア…学長の娘の医学生、姉の結婚式でランチョーたちと出会う。勝気な性格。

チャトル…成績とゴマすりが得意な嫌な奴。暗記力向上サプリメントのせいで屁が臭い。

「きっと、うまくいく」あらすじ

ランチョーは初日からしごきに来た上級生を急ごしらえの装置で感電させ、注目を浴びる。

3人は未来を託されて入学した学生たちの目の前には、勉強による苛烈な戦いと学長が立ちはだかる。

学長の教育方式に疑問を覚えるランチョーは、先輩の自殺をきっかけにその考えを固めていく。

3人のいたずらで大事なスピーチを台無しにされたチャトルは泣きながら叫ぶ。

「10年後にこの場所で会おう、どちらが正しかったかわかるはずだ」と。

10年後、現れなかった彼の行方を捜しにファルハーンたちは記憶を追いながら探索を始める。

「きっと、うまくいく」感想

学長に対してランチョーが初めに発した疑問に、物語終盤で学長が答えるシーンが印象的でした。

インド映画らしく、ダンスのシーンが非常に多いですが、普段見ないスタイルなので楽しめました。

テーマであるのもありますが、チャトルに対する扱いがちょっとひどすぎるような気もしますね…

競争社会が顕著である日本にも通じる問題だと思うので、ぜひ見てみることをお勧めします。

皆さんも何か困難にぶつかった際は「All is well」と3回呟いてみてください、きっとうまくいく!

理系っぽい映画まとめてます

コメント

タイトルとURLをコピーしました