【アニメ】1クール(12話)おすすめアニメを簡潔に15本紹介する

感想文

アニメの中でも12話付近で終わる作品は、毎日の楽しみや休みでの一気見におすすめです。

今まで見てきた作品のうち、面白かった1クールアニメを15本厳選してみました!

アニメ内で完結している作品もあれば、続編が待ち望まれている作品もあるのはご愛敬。

スポンサーリンク

アクション系

ブラック・ブレット(13話)

謎の地球外生命体ガストレアに対し、民警はイニシエーターと呼ばれる少女とともに戦う。

原作が終了していないのが残念ですが、絵柄が好きなのとアクションシーンがかっこいい。

刀語(12話)

刀を用いない剣士が奇策師の少女とともに、伝説の名刀「完成系変体刀」を12本集める旅。

1話1時間、ひと月1本の大河アニメで絵柄は好き嫌い別れそうですが、最終話がアツい。

幼女戦記(12話+映画+2期予定)

サラリーマンが少女に転生、世界大戦で魔導大隊に配属され数多くの死線を潜り抜ける。

題名から敬遠している人が本当に多そう、だが本当に面白いので二期が出る前に見よう!

恋愛系

未確認で進行形(12話)

少女は幼少期に許嫁となった少年と出会い、過去を思い出しながら徐々に惹かれていく。

絵柄がかわいらしい、終始ほのぼのしている、オープニングがまあまあ有名かも。

電気街の本屋さん(12話)

オタク街の同人誌点で働く個性ある男女たちの、なかなか進展しない恋愛模様を描く。

カップルの進行具合が人それぞれで、やきもきしたりニヤニヤしたり楽しい作品です。

ギャグ系

ディーふらぐ!(12話)

ゲーム部(仮)の自称属性を持つメンバーに襲われた、優しき不良のツッコミ三昧の日々。

モブキャラの存在感が強く、急に登場することがあるので覚えておく必要がある(ない)。

ひなまつり(12話)

インテリ系ヤクザの元に現れた超能力少女は好き放題やらかすが、暗殺者もやってきて…

声優が杉田さんの時点で銀魂がよぎるが、世の中の世知辛さを皮肉っている点が濃ゆい。

ノーゲーム・ノーライフ(12話+映画)

ゲーム無敗の兄妹が遊戯で争う世界に転生、上位種族に遊戯戦争を仕掛ける俺TUEEE系。

R18系のネタが多めだが、作画と色遣いが非常に綺麗、アニメの変更上続編は難しそう。

ほんわか系

かくしごと(12話+映画)

お下劣マンガ家は娘に仕事を隠し続け時代は巡る、成長した娘は父の正体を探り始める。

題名の言葉遊びが非常にうまいと思ったのと、エンディングの「君は天然色」がさわやか。

うさぎドロップ(11話)

祖父に隠し子と暮らすことになった30歳独身男は、彼女や周りの人間たちとの関係に悩む。

隠し子というテーマながら重苦しくなく、小さな幸せを感じられるとてもやさしい作品。

ばらかもん(12話)

お偉いさんを殴って島に送られた書道家は、言葉も通じない島民たちと暮らし始める。

始め以外は基本ほのぼの、そして感動、見終わった後に考えるのは「このもん」のこと。

感動系

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(12話+映画)

兵器として育った少女は、上官の死に際の「愛してる」の意味を知るために代筆業を始める。

絵がきれい、京アニの代表作、人物の心情を動きで表しているのが文学作品のようで美しい。

スポーツ系

ガルパン(12話+映画)

大和撫子のたしなみ「戦車道」を家元の娘と復活させた学園は、全国戦車道大会に出場する。

ミリ/アニオタを同時に捕らえた作品、女子多めで敬遠されますが作品自体は確かに面白い。

ピンポン(11話)

卓球少年の人は闘い悩み苦しみ逃げ出し、それでも相手に応えるため何度でも戻ってくる。

スポーツ作品としてより人間模様の面からみると面白い作品、絵が水墨画っぽくて挑戦的。

他にもおすすめアニメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました