【PancakeSwap】仮想通貨でパンケーキを焼いてみた(注意点)

ガジェット

以前から仮想通貨には興味を持っており、2019年バブルやLinksβテスト、NFT配布にも参加しました。

パンケーキスワップの存在は知っていましたが、よく理解しておらず面倒なので触れるのは初めて。

今回はDeFiについての説明と、初心者が実際にパンケーキ職人になってみた感想など書きます!

DeFiとは

DeFiはDecentralized Finance(分散型金融)の略で銀行などの中央機関を持たない金融市場です。

そのうちDEX(Decentralized EXchange:分散型暗号資産取引所)は通貨のやり取りをする場になります。

銀行ではたくさんの通貨ストックがありますが、個人間取引では需要と供給が一致しにくくなります。

そこで通貨のペアをDEXに預けるという解決策があり、今回紹介するPancakeSwapもその一つです。

このシステムは仮想通貨に限らず実際の通貨でも行われており、FinTechの本を読んで知っていました。

PancakeSwapとは

DEXには取引を行うためのブロックチェーンが必要であり、チェーンに何を使うかでも種類が分かれます。

UniSwapやSushiSwapはイーサリアムを使っているため、ガス代(手数料のようなもの)が高いのが欠点。

一方でPancakeSwapは、BNBを発行しているbinanceによる中央集権的なチェーンBSCを使っています。

イーサリアムほどGOXへの安全性は高くないですが、取引にかかるガス代の安さから広く利用されています。

通貨ペアを預けた際にもらえる通貨は「Cake」といい、1Cake=2500円くらいです。

パンケーキ焼いてみた

ウォレット作成/接続

仮想通貨を入れておくためのお財布”ウォレット”をMetamaskで作成。

秘密鍵の管理とbinanceとやり取りできるようにチェーンを別に設定します。

OpenSeaなど触っていたため、ここの設定はすでに終わっていました。

BTCをbinanceに送金

binanceで直接BNBを購入してもいいと思いますが、免許証などの提示が必要なのと認可されてないらしい。

そこで事前にGMOコインで購入してあったBTCを3万円分、ウォレットに一気に送金しました。

アドレスの確認ができず(後述)着金まで時間がかかったため、確認できるまでは冷や汗がとまらない。

BNBをPancakeSwapに送金

BTCとETHだけが生き残ると考えている自分にとっては、この時点で価値が消えた可能性も否めません。

両替したBNBをBSCチェーンでウォレットに送金し、PancakeSwapにウォレットを接続します。

仮想通貨以外のサイトと異なり、メールアドレスや電話番号の確認なしの接続できるのは非常に便利!

BNBとCakeを預ける

BNBの一部をCakeに両替して、二つのペアを預けます。

いろいろあって(後述)余ったCakeもpoolに預けて増えるのを待ちます。

今回は投入した金額が少額で、ちょこちょこいじっても手数料が馬鹿にならないので、あとは放置です。

やっちまったこと

取引所の送金額

使っている取引所がGMOコインで、BTCの最低送金額が0.001BTCと非常に高額でした。

普通はアドレスにきちんと送れているか少額で確認するのですが、それなしで本番。

問題なく送れたからよかったものの、失敗したら3万円がインターネットの海に…

Binanceの認証

他の取引所もそうですが、一応口座を設立しているので認証に時間がかかります。

取引できるまでに多少時間をとられるので作っておいた方がいいかも。

Cakeへの両替

PancakeSwapではBNBをCakeに両替しますが、それ以外に取引のガス代が必要になります。

思った以上にこれが必要なので、半分といわずBNB:Cake=1:2くらいでもいいのかも。

足りなかったため、新たにBNBを入金する羽目になりました。

やってみた感想

仮想通貨にどれくらい価値があるかはまだ分からないですが、Defiのシステムは納得ができます。

楽して稼ごうというよりは、今後主流になるかもしれない技術について知っておこうくらいの気持ち。

手数料が安い、扱いが難しくないなど、現金と比較されることが多い仮想通貨ですがまだ課題は多い。

PancakeSwapもガス代がそれなりにかかっており、現時点ではまだメリットを感じることができません。

仮想通貨関係

コメント