キルラキルの細かいパロディと元ネタなどを拾っていく

感想文

キルラキルが好きすぎるので、気づいた細かいネタなど書いていきたいと思います。

もっと気づいた方は是非教えてください、ジャンジャン加筆します!

第1話

特徴的な字体

キルラキルといえば真っ先に思いつく極太のゴシック文字。

遠近感の演出や針目縫が上に腰かけたりと単なる文字にとどまらず作品を引き立てました。

この字体はFontWorksの「ラグランパンチ」で、何の因果かグレンラガンを感じさせる名前…

蟇郡苛(がまごおりいら)

虫拳と呼ばれる日本最古のジャンケンから、もしくは日々に睨まれたカエルからだと思われる。

虫拳では蛇>カエル>なめくじであるが、本作品になめくじに相当する人物は登場しない。

名前の苛は厳しい、つらい意外にさいなむ、いじめるなどの意味もあり「縛の装」に通じる。

2年甲組

満艦飾マコが所属するクラスで、のちの流子のクラスでもある。

甲乙丙丁があると思われるが、マコがトップクラスにいるとは到底思えない。

極制服

学生服の字面を少し変えもの。

「制服」を用いて人民を「征服」するという意も読み取れる。

「服を着た豚共」というのは言われるがままに勉強する学生を揶揄したものか?

本能寺学園

圧政をイメージさせたかったのと「敵は本能寺にあり」ぐらいかな?

後者の形がセーラー服型制服の襟になっているのが非常にカッコイイ。

初めての戦闘シーンの綺麗さに一気に引き込まれた人も多いはず。

授業でナチスについて話しているのも恐怖政治であることを示唆。

てっぺんのアンテナはミシンの「押え金」と呼ばれるパーツになっています。

鬼龍院皐月(きりゅういんさつき)

どうしてこのキャラクターだけ内容に関係ないんだろうかとずっと考えていました。

しかしこの記事を書きながら気づき、ようやく理解できた気がします。

苗字は「KILL院」or「着る院」、皐月は「KILL→殺気」であっていると思います。

来ている服は白を基調とした軍服調の制服で、黒を基調とした流子のセーラー服とは対になっていますね。

纏流子(まといりゅうこ)

「纏」はまといつく、絡まりつくといった意味の他に江戸時代の火消が用いた「まとい」の意味も。

プロメアを見たときに感じた既視感かこれだったのか。

流れ着いた子とも、流れた(命を落とした)と思われていた子のどちらの意味にも取れそう。

KILL la KILL

本作品のテーマが「キルカ、キラレルカ。」であることと殺すの意「KILL」が組み合わされている。

カタカナで記載されるため、着ると切る二つの捉え方が可能。

それを共に持ち合わせる「布」をテーマにしているのが非常に秀逸だと感じました。

「La」というのがスペイン語における女性冠詞であるのでヒロインなのかななんて思ったり。

あざみの如く棘あれば

有名な話ですが、キルラキルの各話タイトルは全て昭和に存在した曲から付けられています。

記念すべき第1話は直前に登場した流子の性格を視聴者に予言させるような題名でした。

元の曲はTV版金田一耕助にも使われた、茶木みやこの1978年発売の同名の曲から。

満艦飾マコ

「満艦飾」は、軍艦が式典等で祝意を表すため艦首からマストを通して艦尾まで旗を連ねて掲揚すること。

そこから転じて物干し竿にたくさんの洗濯物が並ぶこと、着飾ることなどにも使われるようになった。

Wikipediaに「死語」とあるだけあって本作品以外で満艦飾という単語は聞いたことがない。

余談だが別作品「異能バトルは日常系の中で」第10話にエヴァンゲリオンの碇家族と共にゲスト出演。

片太刀バサミ

布の裁断に使う「裁ちばさみ」が片方で太刀のように使えることから「太刀バサミ」。

持ち手に腕を突っ込んでグルグル回すのがバタフライナイフを想起させてかっこいい。

袋田隆治

「袋叩き」から。

スポ根物を参考に制作したとのことなので「あしたのジョー」か「はじめの一歩」だろうな…

猿投山渦

犬牟田とセットで「犬猿の仲」もしくは「桃太郎」。

猿→お山の大将→北関東番長連合という連想ゲームもできなくはない。

繊維喪失

「戦意喪失」と「生命繊維の喪失」のダブルミーニング。

グレンラガンもそれなりにダブルミーニングがあったけど、キルラキルはレベルが違う!

第2話

気絶するほど悩ましい

Charによる1977年発売の2枚目のシングルから。

シングル売上は30万枚を記録、のちにアンサーソングである「7月7日」が発表。

神衣

神威とはアイヌ語で「神、神霊的存在」の意の当て字、または神の威光・威力のこと。

本作品では「神の衣服」という意味を持たせているが上の2つ意味に置き換えても違和感はない。

学生服は軍服を元にしている

本当の話で1973年ごろに和服文化が根強い日本における、近代化政策の一環として普及した。

学ランのランは阿蘭陀(オランダ)のランであり、ランドセルは背嚢のオランダ語「ランセル」から。

セーラー服の大きな襟は海兵が遠くの音を聞く時に立てるためというのは有名な話。

赤手甲(せきてっこう)

血液に含まれる鉄の原料である鉱物「赤鉄鉱」と武具「手甲」から。

黒いセーラー服に赤い手袋という組み合わせは昭和の特撮番組「スケバン刑事」が元ネタ。

麻宮サキのヨーヨーにあたる武器が流子の方太刀バサミと対応している。

コートでは頼れるものは一人きり

テニス漫画「エースをねらえ!」アニメ版OPの歌詞「コートでは 誰でもひとり ひとりきり」より。

誰も分かっちゃくれないんだよ

同様にOP歌詞より「私の愛も 私の苦しみも 誰も分かってくれない」より。

秘剣 縛斬(ばくさ)

縛る、斬るから。特に深い意味はなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました