【VRレンタル】Oculus questを試してみたのでレビュー!使ってみた感想を書いてみる

ガジェット、ネット
VR「オキュラスクエスト」をプレイ!安く利用できるサービスと端末でできること!

夏休みはこんな状況で外にも出かけられないので、以前から気になっていたVRを試しました。

vtuberのおめシスや届木ウカさんが使っているのを見て興味を持っており、挑戦しました。

安く入手する方法、実際にやってみたこと、使ってみた感想など書いていきます!

高すぎるのでレンタル

今回利用したのはVR機器としては1、2を争う人気機種「Oculus quest」。

調べる限りでは、高性能のVR機器といえば「Oculus」か「VIVE」の2択といった所だそう。

この「Oculus quest」の特徴としては

  • ・PCに接続せず単体で利用できる
  • ・リモコンが左右あり自由度が高い
  • ・トラッキング機器が内蔵されている
  • ・PCにつなげてさらに高度なこともできる

簡単にいえば、本体と通信環境があればすぐにVRを楽しめる優れもの。

はじめは購入を考えましたが、使わなくなった時が怖すぎるため下のレンタルを利用。

最新デジタル機器をお得にレンタル【スマレン】

都内限定ですが、発送料は向こう持ちで最終日の24時までに手元を離れれば良いのは便利。

本体が7万円することを考えれば、3ヶ月で1万5千円はかなり安い方だと思いますね!

試したもの

受取日をネットで指定して、クレジットカードで支払い。

宅配便で届いた箱でそのまま着払いで送り返せば良いので便利ですね!

やってみたコンテンツを紹介していきます。

最新デジタル機器をお得にレンタル【スマレン】

ビートセイバー体験版

VRゲームとして個人的に最も有名だと思っているリズムゲーム。

音楽に合わせて流れてくるブロックを指示された方向にラ●トセイバーで切断します。

他にも障害物を避けたりするため他のゲームよりは運動になります(とはいえそこまでか?)

リモコンが振動したりゲーム空間が非常に臨場感があるなど、単なるリズムゲーでは片付けられない。

VRchat

今回VRを体験した理由が、届木ウカさんが審査員を務める「VRAA2」に興味を持ったからでした。

また、おめシスのように3D上でデザインをして自らワールドを作りたいと思っていました。

このご時世では、自由にワールドをアップできるVRchatで様々なイベントが行われています。

Vketにも行きましたが人が多いと重いこと、ブースが寂しい所が改善の余地ありという感じ。

他にはアバターを身につけて他人になるという感触が、意外とリアルで面白かったです。

プライムビデオVR

寝ながらでも見られ、周りがちゃんと映画館のセットになり予想以上に楽しかったです。

ただずっと見ていると頭が痛くなるのはなんなんだろう…

VR対応作品は非常に少ないので期待しない方がいいです。

その他

VRゲームは無料のものを一通り試しましたが、やはりビートセイバーが格段といった所。

一人称視点で動き回るゲームは慣れていないとVR酔いになるため、はじめはきついです。

他は普通にインターネットサーフィンをしたり、Youtubeをみたり。

特に寝そべった時ですが、両手に負担がかからないのがいい所。

ゴーグルをつけている違和感は少なめなのでVRchatの睡眠専用ワールドで昼寝もしてみました。

使っていて感じたこと

画素数はスマホに劣る

画面を見ていると、かなり綺麗ですがやはり液晶画面に比べた画素の粗さは気づきます。

画面を構成しているメッシュのような模様はゲームの種類によって目立ったり目立たなかったり。

しかしVR特有の没入感にはそこまで影響はしないように思います、今後に期待!

他のウィンドウを開けない

これは方法があったのかもしれませんが、例えばVRchatにいる途中でブラウザを開いて検索など。

スマホやタブレットでは別のウィンドウを開いてできますが、VRはアプリを閉じる必要があるよう。

普段何気なく行っていることができないと、やはり仮想空間としてはまだ不完全だと感じます。

ハンドトラッキングはそこまで使わない

「Oculus quest」のアップデートでできるようになった「ハンドトラッキング機能」

リモコンを持たずともゴーグルが手を認識してくれる機能ということで注目が集まりました。

しかし実際はリモコン操作の方が楽だったりするので、使う機会がほとんどありませんでした。

鼻の部分に隙間ができる

海外向けに製作されたVR機器ですが、ここまで外国人の鼻は高いのかとショックを受けるレベル。

鼻とゴーグルの間に親指一本分の隙間があり、そこから光が入ってくるのが気になります。

現実世界で作業するときの覗き窓としては有効ですが、気になる人は塞ぐ方法を要検討。

コード類は極力減らすべき

「Oculus quest」のバッテリーは大体2時間ほどなのでコードを接続して使うことが多いです。

さらに今回は有線式のイヤホンを使っていたため、2本のコードが絡まって大変でした。

Bluetoothのヘッドホンをつけた方が没入感もあって快適だと思います。

感想:仮想現実まであと一歩

ソード・アート・オンラインを始めとして、SF作品に登場してきた「仮想現実」。

夢のようなアイデアでしたが、意外にその実現は近づいているのかもしれないと感じました。

特に今回のコロナウイルスによってテレワークと同様、普及することもあるのではないでしょうか。

VRchatでは外国人もたくさんおり、世界の壁を越えて目の前で会話することもできます。

VR技術によって人類はとうとう「距離」すらも克服する日はそう遠くないかもしれません。

とはいえ、VRにはサーバーや通信環境、全身トラッキングや画面酔いなどの問題もまだ多いのが現状。

未来へつながるVR技術のさらなる発展に期待です!

興味のある方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

最新デジタル機器をお得にレンタル【スマレン】

未来っぽい記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました