大学で勉強する大学生はすごい

大学生活

日本の大学生で真面目に勉強をしている人はどれくらいいるのでしょうか。

周りが遊んでいる中で勉強をしていることは、すごいと伝えるためこの記事を書きました。

ちなみに自分は授業には休まず出席していたけど6割くらいしか聞いてませんでした。

大学は自己管理

校則や時間割、課題などが科されていた中学や高校と違い、大学は多くが自己管理。

どの授業に履修するかだけでなく、授業をさぼるだ、勉強をするかも自由です。

人間だれしも自分には甘いもので、自分でしっかり勉強できる人はまれ。

何なら大学生になって1限の授業に出席できなくなる人もいるくらい。

解決法:アプリやSNSで管理、発信

勉強=かっこ悪い

成績の開示があまりない大学では唯一存在するGPAも「いかに高いか」ではなく「いかに楽してキープするか」に注目されがち。

大学に来てまで勉強するなんてかっこ悪い、という雰囲気が蔓延していること自体が異常なことには気づかれないが不思議。

一緒に勉強するのではなく、勉強する人をさぼらせる方向に考えが行くのもおかしなものです。

解決法:下を見ない、意識の高い人だけを見る

勉強せずとも単位が取れる

もちろん悪いのは勉強をしない学生にありますが、それを許容する大学側にも問題があるのではないでしょうか。

普段の授業に出席していなくても、他人のノートで一夜漬けをすれば取れる授業も少なくありません。

出席に関してはともかく、まじめに勉強せずにとれてしまう単位というのも学生を腐らせる原因の一つでしょう。

解決法:テスト前に他人から金をとれるくらいに理解する

快適な環境に逃げがち

一つ目と重なるかもしれませんが、人間は気づけば楽な方向へと進んでいるもの。

人間関係においても同じレベルの人だけと集まって傷のなめあいや「やってない自慢」をしている人は多いです。

高校のクラスのように嫌でも自分の立ち位置を思い知らされる環境というのも、勉強においては大切な要因かもしれません。

解決法:意識の低い人と付き合わない、新しい環境へ行く

コメント

タイトルとURLをコピーしました