【大学生タイ旅行】バックパッカー初海外旅行④:再バンコク

旅行
【大学生タイ旅行】バックパッカー初海外旅行:④再バンコク

2018年の3月に初の海外一人旅であるタイに行ったので、そのときの日記をブログにまとめました!

4/4部はタイ旅行のうち、チェンマイからバンコクに帰ってきてからをまとめてあります!

旅行も終わりに近づいてきたので、少し贅沢をしつつやりたいことをつぶしていきます!

↓旅行のきっかけ、持ち物などは下の記事にまとめてあります!

11日目:バンコク

あまり覚えていませんが、おそらく夕方出発の列車の中で睡眠をとったようです。

予定より少し遅れて、午前7時過ぎにバンコクの駅に到着しました。

列車での睡眠は質が悪いので、駅で30分ぐらい仮眠をとってからこの日の行動を開始します。

今日の目的は、やりたいことリストに残っているニューハーフショーを見ることです。

予約の取り方がわからないので、今回はシーロムにあるJTBの支社でショーの予約をしてもらいます。

今回の旅行は予定や宿泊地を決めてきたわけではないので、旅行会社にお世話になるのは初めて。

歩いていたら、日本の国旗とタイの国旗が飾ってある橋を見つけました。

日本とタイの共同で作った橋で名称は「タイ日友好橋」だそうです。

バンコクでも渋滞が多い交差点、シーロム交差点に日本の援助によって建設された高架橋らしい。

エノキのバター炒め79バーツ

タイ料理とタイ舞踊、ニューハーフショーがセットで1500バーツのツアーを申し込みました。

JCB支社が入っているデパートにはフードコートもあり、和食店だけが混雑していて結構嬉しい。

セブンイレブンで抹茶ラテを飲みましたが、いちいち抹茶の粉を溶かして作るのでレジが混雑してます。

セブンイレブンはかなり多く、商品の値段が露天商とあまり変わりません(チェーン店強し…!)

ホステルに向かう途中でマーケットを発見したので、人混みに流されてあてもなくフラフラ。

ちょっと疲れたので、ホステルで仮眠をとってシャトルボートが出ているサバーンタクシン駅へ。

20kmくらいありましたが、このころは感覚がおかしくなっているので普通に歩いていきました。

無料シャトルボートもあったそうですが、30バーツという文字を見たので気づきませんでした。

時には人に聞いた方が楽できることも少なくありません、聞けばよかった…

「アジアティーク・ザ・リバーフロント」は観光客向けのテーマパークみたいな感じでした。

周りにあるのもどうやら高級ホテル街で、完全に観光客目当てですがきらびやかでワクワクします!

遊園地や各国の飲食店が所狭しと並んでおり、すき家では牛丼よりラーメンの種類のほうが多かった…

1時間ほど探索の後、ショーの時間になったのでタイ舞踊を見ながらテーブルで食事をします。

さすがツアーだけあって豪華、さらに一人で申し込んだのでテーブルを独り占めできました。

タイ舞踊にはいろいろな種類があるようで、最後には写真撮影のサービスもありました。

日本もですが、伝統芸能に触れようと思うとショーなどを申し込む以外に見る方法は減りつつあります。

ニューハーフショーは面白かったのですが、残念なことに元ネタが全くわからない!

観光客向けに色々な国の女性に扮した人が出てきますが、エルビスとガガぐらいしかわかりません…

勉強不足を痛感、もっと世界の流行についていかないと…

ホステル”Wacky Fun Party Hostel”でブログを書いていましたが、また寝落ちしたようです。

気がついたのですが、ホステルに帰って寝る前に記事を書くと既に日本では次の日なんですよね…

ホステルはエアコンが無くて暑い上、蚊がたくさんいて結構ひどい…

なかなか眠れずシャワーを浴びなおしてようやく眠れました、次からはエアコンありにしよう。

12日目:初めての雨

エアコンがないホステルで暑さに苦しんでいましたが、涼しくなってやっと眠れました。

明け方にこっちに来て初めての雨が降ったようで、道路が完全に水につかっていました。

10時半頃の出発ですが雨は降り続いているので、ショッピング街巡りの予定はちょうど良かった。

空中通路は便利です、濡れずに移動できるこのありがたさ…

まずは地下に水族館もある、「サイアムパラゴン」というデパートへ。

服や靴には特に興味がないので、雑貨と食べ物を見て回りました。

次に隣の「MBKセンター」でお昼、フードコートのパッタイと空芯菜炒めを頂きました。

今回のパッタイは豚肉と野菜と炒めてあり、麺の幅がすごく広かったです。

ドローン専門店とかあって、なかなか面白かったです。

雨も止んだのでホステルまで歩きました(12kmぐらい)

ホステルに帰る途中で、線路スレスレの家や市場を見つけました。

テレビなどで取り上げられる有名な場所ではないと思うので、普通に存在する風景なのでしょうか。

ホステル”24Hostel”で初めて日本人と話しました。

大阪から来ていて東南アジアを1ヶ月10万円ほどで回っているそう。

安さの秘訣はゴキブリのいる3等車で移動したり、ネットに載っていない宿を探すことらしい。

一緒に夕食を食べましたが、今日の夕飯は屋台で買った練り物がたくさん入った辛い麺。

ホステルではなんか勉強してるっぽい人がいて焦ります

帰ったら復習と予習しないと…

13日目:週末限定

今日はチャトゥチャックにある、週末限定のマーケットへ行ってきました!

ホステルを10時頃に出てサイアム駅まで歩きました(乗り換えが嫌なので)

歩きながら、気にはなっていた露店のタイ菓子をたくさん食べてみました!

カノム・クロック

米粉と砂糖とココナッツミルクで出来た生地をたこ焼き器のようなもので焼いたお菓子。

中にとろとろの甘い何かが入っています

カノム・バービン

もち米粉とココナッツを混ぜて焼いた、食感がもっちりしたパンケーキのような餅菓子のようなスイーツ。

2つの色を一つの袋に入れてもらえました!

ロティ・サイ・マイ

綿あめに近い糸状の砂糖菓子を、クレープの皮のようなもので包んだ、なんとも風変わりなお菓子。

綿飴というよりは桜でんぶに近く、溶けずに口やクレープ生地に突き刺さります…

参考:安くて美味しくて種類も豊富!タイの庶民派スイーツおすすめ15選 | RETRIP[リトリップ]

サイアム駅からマーケットのあるモーチット駅まで、BBTで44バーツだったかな?

モーチット安いと助かるんですが(言いたかっただけ)

マーケットに到着、週末限定なのでやっぱり人が多いです。

ココナツジュースとココナツアイスを食べました。

そういえばココナツってタイじゃなくても食べられる…!?

さもタイ限定のようにふるまっています、ただ日本よりは確実に手に入りやすいとは思います。

空港の警察はセグウェイでしたが、ここの警察はもうちょっと旧式。日本も早く導入して!

セグウェイで見回りをしている警察官のサービスがやたらと良く、慣れた様子なのがおもしろい。

このマーケットも観光客目当てなので、比較的価格は高めに設定されているものが多いですね。

でも店によっては露店とあまり変わらないこともあるので、普段から値段を見ておくとよいかも。

近くは大きな公園でした。

今日のホステルは3日目のすぐ近く”Home Hug Hostel”、やっぱり安い宿は集まっているようです。

夜はまた別のマーケットに行って、鶏の唐揚げとマンゴーを食べました!

今回のマンゴーは完全に熟れていないもので、唐辛子入りの塩をかけて食べます。

日本のスイカと同じ発想で、マンゴーが甘く感じておいしかったです!

14日目:最終日

12時がチェックアウトの最終時間だったのでギリギリまで粘ってから、空港に向かって出発。

近くのスーパー「Cマート」でお土産を買っていきます。

  • ドライマンゴー
  • プリッツのトムヤンクン味
  • ポッキーのマンゴー味

バックパッカーにとってはお土産が一番持ち運びに困るものかもしれません。

かさばるし、大切に扱わないといけないし…日本で先に取り寄せておくのもアリかも。

フードコートで豚のホルモンスープを食べましたが、スープがちょっと重かった…

気になっていたお菓子がフードコート内にあったので、少し高いですが購入してみます。

カノム・プアン

甘めのせんべいにメレンゲがのっかった定番のスイーツ

エアポートレイルリンクでスワンナプーム空港へ戻ります。

残金が1000バーツ以上あるのでどうするか考え中…

おまけ

今回はチップ制について自分が感じたことを書いてみようと思います。

タイは日本と違いチップ制で、色々なサービスに対して10〜15%のチップを渡すようです。

ニューハーフショー後の写真撮影の際には、チップが安いと更に請求されたこともありました。

その時に「ああ、彼らは別にサービスでやっている訳では無いんだな」と若干冷めた気分になりました。

その点、日本は料金にチップ代が含まれているのでサービスしてくれているように見えます。

一方で店員のサービスに仕事への取り組み具合による差別化は難しくなります。

どちらも一長一短ですが、自分は個人的に日本式が好きです!

15日目:バンコク→マニラ

飛行機に乗り遅れるのが怖いので、前日から空港泊です。目が覚めて出発までグダグダ。

13:50の飛行機に乗り、夜にマニラに到着

1000バーツ札は日本円に戻して細かいお札をペソに替えました。

到着後近くを少し歩きましたが特に何もありません、暇だったら明日歩いてみたいと思います。

タイで買った食パンと、空港で買ったフィリピンのスナック菓子が今日の晩御飯。

今夜も空港で寝ます。

16日目:マニラ→成田

マニラの空港は小さくて音が響きやすいからか、やっぱり眠りにくい…

空港から少し歩いたところに通りがあったので、時間まで探検してみたいと思います!

こういうところを歩くのが結構好きです(*´༥` *)

チーズのかかったおはぎのようなものと、ハロハロを食べました。

タイと比べるとまだ発展途上国という感じがします。

スマホを持っている子供などおらず、皆紐で回すコマに夢中でした。

前回はショッピングモールしか行けなかったので、生活感のある場所を見られて良かったです。

ロードバイクのチェーンにに回転式研ぎ石をつけて刃物を研ぐおじさん。

時間になったので飛行機に乗り、久しぶりの日本に帰ります。

成田到着は19:50だったかな?ただいま日本!

自分が日本語で「ありがとうございます」と言うのに少し違和感を覚えました。

しばらくThank youとコックンクラップだったので、日本語を話すのが久しぶりです。

夕食は懐かしの牛丼ですが、ジャポニカ米はタイ米に比べて甘いと感じました。

空港から駅までのバスで帰り、自宅についたのは日付が変わってから。

あ~、楽しかった!

海外旅行の記事

コメント