【長野観光旅行】どこを見渡しても山!宿場町とか(奈良井宿、妻籠宿、馬籠宿、寝覚の床、桃介橋)

旅行

2018年10月に長野旅行に行ってきたので、その様子を記事にしました!

宿場町を中心に、歴史的建造物をめぐることが多かったように思います。

自然が好きなので、四方が山に囲まれている長野県は住んでみたい都道府県ですね!

奈良井宿

中山道六十九次の中で、東海道と共有する草津・大津宿を抜いた純粋な中山道六十七宿中(板橋から守山まで)奈良井宿は江戸側の板橋宿から数えても京側の守山宿から数えても34番目に位置する、中山道の丁度真ん中の宿場町です。

朝早くから行ったので、そこまで人が多くなく雰囲気が出ていたので良かったです。

これ昼間になったら人だらけで残念な感じになるんだろうな…

木曽の大橋

奈良井川岸にある総桧(ひのき)作りの太鼓橋。

義仲館

福島関所

山村代官屋敷

寝覚の床

浦島太郎が竜宮城から帰ってきた際、ここに立ち寄り玉手箱を開けたという伝説がある渓谷。

上の駐車場は整備されていますが、渓谷におりていくと看板があるくらいで自由に見られます。

大きな岩の上に上り、下を見下ろすと底が見えない深い青色の水と濁流が見えて身がすくみます。

ゲストハウス・ヒルトップ

Booking.comで探して見つけた、名前の通り丘というよりも山の上にあるゲストハウス。

一度落としたiPhoneの充電ができなくなったため写真を撮ることが難しくなります。

朝は山中なので雲がとても近く、雲の中に入ることもできました。

雲が小さな水の塊で実態がないというのは、どんなに頭で理解しても体が受け入れないな…

桃介橋

 の が建設した橋

周りに邪魔をするものがないのできれいな景色を独り占めできます。

妻籠宿

馬籠宿

このあたりでiPhoneの充電が急激に減り始め、この写真を撮った直後にダウンしました…

バックアップを取っていなかったせいで、電池交換で6000円ほど無駄にしました。

こまめにGoogleフォトで画像をクラウドに保存することが大切だと思い知り、この記事が。

【Googleフォト】海外旅行のスマホ紛失からデータを守るアプリ!保存写真から翻訳や画像検索もできる

長野観光旅行の感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました