【大学生の株】NISAや株式投資は危険?失敗を避けるために大学生が知っておきたいことを紹介!

大学生活
【大学生の株】NISAや株式投資は危険?失敗を避けるために大学生が知っておきたいことを紹介!

年金問題やコロナによる将来への不安から、株式投資を考えている大学生が増えてきています。

大学生のうちに株式投資を通してお金の勉強をすることはメリットですが、不安な人も多いでしょう。

ここでは株式投資を始める人が知っておきたい基本的な知識と、失敗を避ける対策を紹介します!

株式投資の基本

株式投資の基本

投資は余剰資金で行う

投資に使ってよいのは、自分の持っているお金から生活費など必要な資金を除いた余剰資金です。

たとえ株式投資で損しても、勉強代だと思えるくらいの気持ちでいないと投資はうまくいきません。

余剰資金以外で投資を始めると、生活がかかっているため株価が気になりストレスになります。

投資の中には、実際に現金がなくても証券会社にお金を借りることができるものもあります。

しかし、損した時には支払いができなくなる事もあるので大学生は絶対にやめておくべきです。

投資先はある程度分散させる

投資を始めるうえで知っておきたい有名な言葉に「卵はいくつかのカゴに盛れ」があります。

もし1つのカゴに卵をすべて入れていると、そのカゴを落とした時に全ての卵が割れてしまいます。

複数のカゴに卵を入れておけば、カゴを落としてもすべての卵を失わずに済みます。

ここではカゴが投資先、卵がお金を表しており、投資によるリスク分散の大切さを表しています。

コロナウイルスのように世の中は何があるかわからないため、投資先を一社に絞るのは危険です。

投資先をいくつかに分けたり、投資信託を利用することでお金を失うリスクを減らすことができます。

ルールを決めてのめり込まない

初心者が投資で損をする最も大きな原因は「自分で決めたルールをきちんと守れなかったこと」。

株式投資は「何円になったら売る、何円になったら買う」といったルールを決めることが大切。

仮に大きく損してしまうことがあっても、淡々と自分のルールに従って動けるかが重要です。

また上がるかも…などと感情に任せた運用を行うと初期費用はあっという間になくなって行きます。

意思の弱い人は「何円以上/以下になったら売る」という注文を機械に任せるなどの対策が必要です。

株式投資のリスク

株式投資のリスク

企業が倒産するリスク

株式とは企業が自分たちの経営を担保として発行しているため、実際に株式自体に価値はありません。

会社の信用が背景にあるため、会社が倒産した場合は株主の手元には何も残りません。

企業が潰れることはそうありませんが、そのようなリスクもあることを頭に置いておきましょう。

決済が間に合わないリスク

株式の価値が下がった際、あまりにも値動きが激しいと売りたくても売れないことがあります。

株価の暴落時には、証券会社がキャパオーバーになり株式を売却しようと思ってもできないことも。

また株価が暴落した場合は、買い手が存在しないために売却できないという可能性もあります。

海外から影響を受けるリスク

日本企業の株式を保有していても、海外工場や輸出入により海外情勢の影響を受けることがあります。

また企業の事業縮小の際には海外の支店や工場が廃止されてしまうこともあります。

工場のある国での情勢悪化やインフレ/デフレなど、日本だけでなく関連国には注意が必要です。

株式投資の勉強ツール

株式投資の勉強ツール

現在は投資について学ぶのにインターネットや書籍、セミナーなど方法がいくらでもあります。

株式投資に限らず、何事もやろうと考えたときにすぐに動き出せるかが成功と失敗を分けます。

株式投資は証券口座設立に時間がかかるため、やる気がなくなる前に証券口座を作りましょう。

証券口座は手数料が安いネット証券(楽天証券SBIネオモバイル証券松井証券など)がおすすめ。

ここでは株式投資を始める前に、そもそも株式とはどのようなものか勉強するツールを紹介します。

インベスターZ

主人公が、歴代成績トップから成る「投資部」で学園の資産3000億円から運営資金を稼ぎます。

作者は偏差値36の高校生を東大へ入学させるマンガ「ドラゴン桜」で有名な三田紀房さん。

実在する企業や投資家などへのインタビューをもとに制作されており、実名で登場する人物も。

実践的ではありませんが「投資とはどのようなものか」という雰囲気を掴むには良いと思います。

ただ、この作品を読んで株式投資に夢を抱きすぎないようには注意しましょう!

四季報

投資を始めるにあたり、株式の発行企業にはどのようなジャンルがあるかを知ると良いでしょう。

日本経済新聞は投資家のためにあるような情報手段ですが、初心者が読むにはハードルが高いです。

そのため、まずは四季報が発行している「業界地図」を眺めることをオススメします。

知らない業界やこれから伸びる企業を見つけられるため、株式投資だけでなく就活にも役立ります!

さらにそれぞれの企業について知りたいと思ったら、四季報を読んでみるのもおすすめです。

トレダビ

実際に株式を購入する前に、証券会社への注文の仕方やチャートの読み方を理解することが必要です。

アプリ「トレダビ」では、実際に証券取引所が発表している20分遅延の株価情報を用いています。

そのため、現実の出来事と関連づけて株式投資の練習を行うことができるのがメリット。

欠点としては初期費用が1000万円と大学生が始めるには現実離れしている点があります。

100株ではなく、1株の値段に注意しながら狙った業界や企業がどのように動くか見ると楽しいです。

株取引シミュレーションゲーム-トレダビ
株取引シミュレーションゲーム-トレダビ
posted withアプリーチ

おすすめの株式投資法

積み立てNISA

日本政府は国民に貯金ではなく投資を推奨するため、NISAという制度を2014年から開始しています。

これは通常は投資の利益にかかる20%の税金を一定額まで免除するというお得な仕組みです。

NISAと積み立てNISAの2つがありますが、大学生は積み立てNISAを選ぶことをお勧めします。

積み立ての場合毎年40万円まで購入でき、その利益に税金がかからないため、大学生はほぼ免税。

非課税期間が終了すると勝手に払い出されるため、忘れることによる損もありません。

自動で引き落としが行われるため、株価を気にすることなく忘れたころに大金が手に入ります。

ドルコスト平均法

前述しませんでしたが、株式投資のリスクに購入時期によるものがあります。

これは上がると思って購入した株が下がってしまい、高い買い物をしてしまうといったリスクです。

株がいつ上がるかを完全に予想することは難しいですが、リスク分散ができる方法があります。

これが「ドルコスト平均法」で、株価が高いときも低いときも一定金額ずつ購入する方法です。

ドルコスト平均法により高いときに購入した分と安いときに購入した分が平均されます。

それから忘れてはいけないのが出た利益をそのまま投資に回すことによる「複利」の力。

インデックスファンド

投資信託の中でもまずは「インデックスファンド」というものを購入することがおすすめ。

これは日経平均株価などの市場平均に値動きが連動することを目指した投資信託のことです。

メリットとして、以下のようなことがあげられます。

  • 日経平均などの指標を形成している企業に分散投資ができる
  • 日経平均などの指標を上回る利益を求めない分、証券会社の手数料が安い

指標としては「日経225」「バンガードETF」や「S&P500」などがあります。

どこに投資しているかわからない、手数料の高い投資信託を選ぶことを考えるとおすすめ。

株式投資の成績

いろいろ書いてきましたが、実は個別の株式の購入はいまだに行ったことがありません。

大学2年春から誰か(誰だっけ?)の影響で意味も分からず積み立てNISAを始めていたようです。

以下に示すインデックスファンドの投資信託に毎月1万5千円ずつ積み立てが行われていました。

  • ひふみプラス
  • たわらノーロード 先進国株式
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • iFree S&P500インデックス

追記:より手数料の安い投資信託に乗り換えましたが、スタンスは同じです

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

解約の仕方もよくわからず、コロナ不況の際も持ち続けたおかげで現在の利益率は驚異の20%越え。

一般に株式投資の利益は7%で計算することを考えるとドルコスト平均法と複利の力はすごいね…

再現性があるかはわかりませんが、参考になれば幸いです!

証券口座は手数料が安いネット証券(楽天証券SBIネオモバイル証券松井証券など)がおすすめ。

稼ぐ系の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました