【大学生クレカ】大学生はクレジットカードを持つべきか?1枚目は楽天カード、2枚目におすすめなのは?

大学生活
【大学生クレカ】大学生が考えるクレジットカードのメリットとおすすめのクレカを紹介!

最近は店舗だけでなく公共料金やネット通販にもクレカを使うため、現金にほとんど触れません。

大学生になりクレカが欲しいが、反対されている、危険ではと心配している人もいるのでは?

この記事ではクレカに関するよくある質問と、大学生がおすすめするクレジットカードを紹介します!

クレジットカードのしくみ

クレジットカードは、カード保有者、加盟店、カード会社の3つの役割に分けることができます。

カード払いを行うことで、カード会社がが加盟店への支払いを一時的に行ってくれます。

引き落とし日になると、カード会社は利用者に対し一時的に立て替えた代金を請求します。

食事でお金が足りない際に友人にを払ってもらい、後で返すといった関係に似ています。

クレカは無限にお金を生み出せると思っている人がいますが、それは間違いです(そりゃそうだ)

自分に支払えない金額の買い物をしてしまえるという点で危険だと指摘する人もいます。

クレジットカードは危険?

世界的にキャッシュレス化が進む中、日本は多くの先進国に対し出遅れているように感じます。

海外旅行で訪れたイギリスでは、列車に乗る以外に現金を使う機会がありませんでした。

クレジットカードが危険だと主張する大人が多いことが、日本が出遅れた原因ではないでしょうか。

クレジットカードは借金

日本でのクレジットカードの役割は、指輪は自動車などの高額商品を買うことでした。

そのため「クレジットカード=一時的な借金」であるという考え方が多くの人に見られます。

これらの支払いには一括払いではなく分割払いが適応されるため、支払いに手数料がプラスされます。

ただ現在は、高額でなくても日ごろからクレジットカードが使える世の中になっています。

また少額で一括払いを設定しておけば、手数料は加盟店負担であるため損することはありません。

むしろ後述するポイント還元などのおかげで、現金で支払う以上にお得になります。

クレジットカードは使いすぎてしまう

クレカは実際に現金に触れないため、必要以上に使いすぎてしまうという声をよく聞きます。

これはクレカという新システムから目を背け、自分の弱さをカードのせいにしているにすぎません。

クレカを作らなかったとしても、使う人は結局10万円分の課金のためにコンビニに走ります。

クレジットカードは上限額が設定することができるため、無駄遣いが多い人は低めに設定しましょう。

またカードを使った際に通知が行くようにしたり、家計簿をつけたりすることで扱いに慣れてきます。

最終手段としては、現金とクレカの中間にあるデビットカードやキャッシュカードを使う方法も。

クレジットカード紛失が怖い

クレジットカードを紛失すると、他人に悪用されてしまうことが怖いという人もいます。

しかしそれは現金も同じで、現金は所有者を証明できないことからほぼ確実に帰ってきません。

クレジットカードを紛失した場合は、カード会社に連絡してすぐに止めてもらうことができます。

また不正利用された場合はきちんと保証してもらえることが多いので、逆に現金より安心です!

また財布から少額ずつお金を抜き取られた場合、そもそもその事実に気づかないことも。

財布の中に今いくら入っているか把握している人は少ないですが、カードの有無はすぐに気づけます。

クレジットカードは年会費が…

クレカの中には、空港ラウンジ使い放題、海外手数料無料などの高機能を歌うものがあります。

これらは1年に1万円ほどの手数料を払う代わりにサービスを受けられることがほとんどです。

しかしだったりと、大学生が年会費を払ってまで必要ない機能を持つことは必要ありません。

一般的なクレカは入会費・年会費無料、もしくは1年以内の利用歴があれば手数料が無料になります。

無料でも海外旅行の際の保険が2000万円まで保証がされていたりと、特典は多かったりします。

また近年はクレジットカード競争が激しいので、各社が独自のメリットをつけていますね。

クレジットカードのメリット

支払いがスムーズになる

現金だと、支払い時に財布に入った小銭を探して数えるのが本当に面倒です。

混んでいるときに支払いに手間取ると後ろの人からの殺気が恐ろしいですよね。

クレジットカードならスキャンして支払い完了のことが多く、スムーズにレジを通過できます!

持ち物を減らせる

最近では各種ポイントカードも電子化されてきて財布の中がきれいになってきました。

小銭やお札の厚みで大きくなった財布をポケットに入れておくのは面倒ではありませんか?

どこかで聞いた話ですが、男性の腰痛の原因に後ろのポケットに入れた財布を避けて座ることも入っているそうです!

僕自身、ミニマリトを自称しているので外出時はスマホにクレジットカードをはさんで、財布は持ち歩きません。

使った金額が記録される

「カードは使った金額が分からない」というのはクレジットカード反対派の主要意見ですが、実際には現金のほうが家計簿などきちんとした記録を取らない限り、使い道が分からなくなりがちです。

クレジットカードならどこのお店でいくら使ったかがメールで届くため、買い物の内容も思い出しやすいです。

さらに家計簿アプリとリンクさせれば自動で家計簿もつけられます!

僕は単純にレシートを撮影してつける家計簿アプリを使っています。

ポイントがたまる

クレジットカードを使うと、使った分の何割かがポイントや現金として還元されることがあります。

同じくポイントがたまるカードとして電子マネーがありますが、電子マネーはいろいろな会社が独自のものを導入しているため、使う店舗を選ぶ必要があります。

その点クレジットカードなら、クレジットカードが使える店舗ならどの種類でも使えるので、買い物をするお店を選ぶことなく買い物ができます。

僕も初めはnanacoを使っていましたが、イトーヨーカドーより安いお店でも使いたいと思い解約してクレジットカードに乗り換えました。

大学生おすすめのクレジットカード

かーどは支払いが滞らない限り、契約→解約→契約…と、無限に作成することができます。

基本の1枚に加えて用途やお得感から2枚目のカードを切り替えていくという方式がおすすめです。

その際に「セルフバック」というシステムを用いるとさらにポイントが得られるためお得。

セルフバックについてはカード一覧の後に紹介しているため、申し込みは一度待ったほうが◎。

楽天カード

年会費無料、学生でも審査に通りやすいことから、1枚目のカードとして非常に使い勝手がいいです。

旅行先に行くまでのカード利用で、最大2000万円まで旅行損害保険が付帯するため旅行前に加入。

海外はVISA、mastercardが主なので、楽天カードはVISAで作りました。

楽天カードのすごい所は、他カードと異なり「どこで使っても1%還元」であること。

店によって還元率が異なると店舗選びなど面倒ですが、一括1%なら単純なので考える必要なし。

さらにカードの引き落とし口座を「楽天銀行」にすると、楽天市場でのポイントが通常の2倍に!

楽天はサービス間でのポイント〇倍というのが大きいので、利用できればさらにお得に使えます。

楽天カード申込ページ(詳細を見る)

ライフカード学生版

学生限定で、海外でのカード払いの還元率がクレジットカード界最高の3%(事前申し込み有)。

ヨーロッパ旅行において、キャッシュレスが進んでいてクカが使えることから作成を決めました。

後ほど説明するセルフバックを行っているのは、見つけられる限りでmoppyだけでした。

こちらも楽天カードと同じく年会費は無料、こちらはmastercardで作りました。

大学生が終わったら特にうまみを感じないカードなので、解約する予定です。

ライフカード学生版申込ページ(詳細を見る)

三井住友ナンバーレスカード

2021年3月終了の「LINE&三井住友カード」は1年限定で還元率が3%と非常にお得なカードでした。

それと入れ替わるように発表されたこのカードは、のぞき見防止を防ぐためカード番号がありません。

また2ヶ月限定で利用料金の20%還元やポイント払い可能など、画期的なキャンペーンが多数。

楽天カードの欠点は楽天ポイントによる還元であるため、楽天ポイントが使える場所が必要でした。

三井住友のVポイントは通常のカード払いの際に使えるという点が、利用範囲を広げています。

三井住友ナンバーレスカード申込ページ(詳細を見る)

クレカを作るときはセルフバック!

これらのクレジットカードを作成するにあたり、お金をもらえるさらにお得な方法が存在します。

それはクレジットカードを作る際に、ポイントサイトなどを経由して作成するというものです。

違法ではなく「セルフバック」と呼ばれ、ポイ活をする人にとっては一般的な手法です。

方法としては、ポイントサイトからクレジットカードの申し込みを行うだけです。

個人的に還元率が高いと思うサイトを紹介しておくので、良ければ利用してみてください!

  • moppy…楽天カード 1200円分還元、ライフカード学生版 2500円分還元、他多数
  • A8.net…楽天カード 5200円、三井住友ナンバーレスカード 10600円分、他多数
手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

大学生のお金に関しての記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました