【Excel単語帳】プリント屋さんで単語帳を印刷して自作する方法

大学生活

エクセルにまとめたデータをWebから一括で印刷して単語帳を作りたいと思い、この記事を書きました。

使用する印刷用紙はエーワンが販売している「マルチカード 単語帳 穴あきタイプ 30面5枚」です。

Excelにまとめたデータを用紙に印刷してカットすると、自分だけの単語帳が作成できます。

上:30枚×5枚(150単語用) 下:5セット(750単語用)

Excel用データの準備

Excelに、単語帳の表裏に入力したい情報を一覧にしてまとめます。

見出しなし、1行のデータが単語帳1枚分になります(複数項目を印刷することも可能)

GoogleスプレッドシートでGoogle翻訳関数を使って、Excelに出力する方法もあります。

=GOOGLETRANSLATE (セル番号,”元の言語”,”翻訳する言語”)

  • セル番号:翻訳したい言葉のセル
  • 元の言語:セル番号に書かれている言語
  • 翻訳する言語:翻訳したい言語

ラベル屋さんの準備

下のURLから「ラベル屋さん」のサイトに飛び、「差し込み新規作成」→「テンプレート」を選択。

ラベル屋さん | エーワン

用紙選択から「51163」を入力し、「マルチカード 単語帳穴あきタイプ」を選択します。

特にデザインにこだわりがなければ「デザインなし」で大丈夫です。

表と裏を選択して、「文字」から入力する文字の大きさや場所を決定します。

文字には具体的な値を入れる必要はありません。

同じ「差し込み」内で右上の「読込み」を選択、「PC端末から」を選択し先ほど保存したExcelを選択します。

表の上の「△」を押して列を選択し、挿入したい場所をクリックすると関連付けが行われます。

今回は表に「英語」、裏に「スペイン語」「ロシア語」「エスペラント語」「韓国語」を表示します。

単語帳の印刷

用紙に印刷する前に、試しに印刷してみるといいでしょう(この密度では下と左が切れていました)

上:30枚×5枚(150単語用) 下:5セット(750単語用)

コメント

タイトルとURLをコピーしました