研究で役に立ったリンク集(耐熱金属の相形成および力学的挙動)

大学生活未分類

こういう情報は少ないので需要があるか不明ですが、役に立ったリンクをまとめてみました。

内容としては状態図、力学的挙動、転位、金属間化合物、サイズ効果、結晶方位、単結晶など。

スポンサーリンク

高エントロピー合金

High-Entropy Alloys

高エントロピー合金に関する論文を項目別にまとめてくれている書籍で、非常に便利でした。

全文英語なのと、価格が非常に高いので、研究室の予算で購入してもらうのがおすすめ。

似たような物質の力学的特性をぱっと調べたいときなど、百科事典的に重宝しました。

金属全般

室蘭工業大学 亀川研究室 材料科学B

http://www3.muroran-it.ac.jp/hydrogen/zaika_b.html

2020年度の材料工学コース3年生用の資料らしいですが、金属初心者にはとても良いです。

結晶学から状態図まで広く浅く網羅しており、ざっと復習する際にも非常に便利でした。

大学院の口頭試問対策に利用し、その後も入学希望者などにおすすめしている資料です。

金属間化合物

金属間化合物(材料学シリーズ)

基本的な金属間化合物についてさらった本で、先輩の論文と照らし合わせて勉強しました。

積層欠陥やAPBなどについても、比較的わかりやすい説明がなされているのでありがたい。

次に読むべき書籍がなかなか見つからないので、有識者がいたら教えてください。

三元系状態図

3成分系平衡状態図の基礎

https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/26432/ferrum10_10_810.pdf

https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/26434/ferrum10_11_855.pdf

大阪大学のアーカイブに収録されている、日本鉄鋼協会ふぇらむに掲載された三相状態図講座。

二元系状態図の理解を前提に、三元系に拡張した場合の状態図の読み方を説明しています。

結晶学・力学

単結晶の塑性変形

http://www.numse.nagoya-u.ac.jp/P6/kobashi/img/file21.pdf

http://www.numse.nagoya-u.ac.jp/P6/kobashi/img/file22.pdf

基本的に欠陥を含まない材料が、どのようなルールに沿って変形を起こすかを解説したスライド。

変形と理論強度

http://www.cis.kit.ac.jp/~morita/jp/class/EleEngMats/4.pdf

金属結晶のすべりと欠陥

http://solid4.mech.okayama-u.ac.jp/%E9%87%91%E5%B1%9E%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%82%8A%E3%81%A8%E6%AC%A0%E9%99%A5.pdf

ラウエ背面法

X線回折要論

ラウエ背面法について述べている日本語でほぼ唯一の書籍ですが、なかなか難しい。

Greninger chart -FZU

http://www-xray.fzu.cz/xraygroup/www/grchart.html

グレニンガーチャートのPDFが置いてあるサイト、セロハンに印刷するといいでしょう。

研究に関する記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました