【スパモン教】物理屋が提唱した宗教「空飛ぶスパゲッティモンスター教」ってなんだ?

ガジェット、ネット
【スパモン教】物理屋が提唱した宗教「空飛ぶスパゲッティモンスター教」ってなんだ?

中学生くらいに「スパゲッティ・モンスター教」という宗教が学校で話題になりました。

正確には「空飛ぶスパゲッティモンスター教」と言い、宗教に対する問題提起によって誕生しました。

今回はネット上で流行し、日本支社もある「空飛ぶスパゲッティモンスター教」について調べました!

空飛ぶスパゲッティモンスター教(FSM)

「FSM」はアメリカのオレゴン州立大学物理学科のボビー・ヘンダーソンによって提唱されました。

信教の自由における「インテリジェント・デザイン説」に対抗して、生まれた概念です。

2005年6月に彼のサイト “venganza.org” で提案した宗教で、麺類と海賊、宇宙人を信仰しています。

信者数は全世界で約1,000万人、日本国内では約3,300人と推定されています。

インテリジェント・デザイン説

インテリジェント・デザイン(英: Intelligent design)とは、「知性ある何か」によって生命や宇宙の精妙なシステムが設計されたとする説。

しばしば、ID、ID説と略される。またIDを信じる人をIDer(インテリジェント・デザイナー)と呼ぶ。

科学の発展により、人類の起源が創造説から進化論に受け入れられ始めた際に生まれた考え方です。

人が原始的存在から進化した原則は認めつつ、その過程は何らかの意思によりデザインされたとします。

何らかの意思の正体は明言せず、神とも地球外生命体とも取れる点で広い解釈ができる考え方です。

学校で進化論とID説を指導すべきとの主張に対し、FSMについても教えるべきだと反論がなされました。

空飛ぶスパゲッティモンスター教について

教育における反論として誕生したFSMですが、その内容は意外に作り込まれています。

言うまでもないですが、スパゲッティモンスターとはタコのような足を持った宇宙人を表します。

以下、「空飛ぶスパゲッティモンスター教」の日本支部ホームページなどからの情報です。

教義

伝統を重んじ、
祭祀の振興と道義の昂揚を図り、
以て大御代の彌栄を祈念し、
併せて四海万邦の平安に寄与する。

慣習

  • 「アーメン」の代わりに「ラーメン」と唱える
  • 天国にはビール火山とストリップ劇場がある
  • 地獄には炭酸の抜けた火山と性病持ちの劇場がある
  • 海賊が選ばれし民だと思っている

ちゃんと福音書も存在してるよ(Amazonで購入可能)

宗教としての位置づけ

  • 2016年にオランダで正式な宗教団体として認可
  • ニュージーランドで公認の「パスタ婚」が行われる
  • 2017年に台湾で正式な宗教団体として認可
  • 日本にも支部があり、活動中
  • アメリカの免許証にザルをかぶった顔写真が宗教上の理由で許可

我々はスパゲッティを敬うべきか

現在の科学技術では「2001年宇宙の旅」のモノリスのような存在は完全には否定できていません。

生物の中で人間だけが高い知性を持ったのは何らかの意思が働いていると考える人も少なくありません。

ID説を否定するためのパロディ宗教は、我々の誕生や宗教観について疑問を投げかける機会となりました。

宗教とは関わりが薄い日本人にもネットミームとして議論の場になることを願います。

楽しいインターネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました