大学生の稼げるアルバイト、引っ越しは辛い?

大学生活
f:id:itsutsuki:20181230101431j:plain

こんにちは、学生リポーターの樹(@itsutsuki3)です!

今回は大学生のアルバイトの中でかなり稼げる「引っ越しアルバイト」を紹介します!

【他のアルバイトはこちら】

 ・大学生といえばアルバイト!実際どれぐらい稼げるの?

引っ越しアルバイトとは?

引っ越しの際に引っ越し先の家から荷物を運び出し、新しい家まで運びます。

仕事の内容としては

  • 荷物の運搬(手持ち、台車)
  • トラックから荷物を出した後の片付け
  • コンテナ間の荷物の移動

ぐらいで、アルバイトの場合、基本的に荷物を運ぶ仕事が中心になります。

引っ越しアルバイトにありがちな誤解

怒鳴られる

よっぽどバカなことをしない限りはありません。お客さんの前で怒鳴ったりしたら逆に作業員がお客さんにクレームを受けてしまいます。仮にあるとすれば自分の行動で危険が生じるときぐらいだと思います。僕は怒鳴られたことはありません。

理不尽

そんなことはありません。ガテン系なので少し気性が荒い人もいるかもしれませんが、理不尽なことを言われたことはありません。システムが単純なこともあって、質問にはきちんと理屈の通った答えを返してくれます。その点複雑なデスクワークよりもストレスは溜まりにくいかもしれないです。

ブラック

これはアルバイトの話ではなく、社員さんの話だと思われます。アルバイトはある程度の時間になると給料が上がるので先に返されることもしばしば。社員さんが夜遅くまで働いていることはよくあるようです。中には働きたいのに法律が変わって稼げなくなったといっている社員さんもいました。

引っ越しアルバイトのメリット

シフトに自由がきく

他のアルバイトとは異なり、シフトの提出が早くないことが多いです。中には前日に連絡する会社もあるようです。「明日は暇だからアルバイトをするか」と手軽に働けるのはかなり助かります。

体力がつく

引っ越しの主な仕事は荷物の運搬なので腕の筋肉が付きます。さらに階段を上る作業では体重以上のものを持ち上げるため足の筋肉も付きます。初日きついですが、徐々に慣れてきます。

色々な家を見られる

引っ越しではいろいろな家にお邪魔します。昔ながらの一戸建てや、間取りの不思議な建物、東京では億ションに入ることもあります。毎回住んでいる人や持ち物も違うので見ていて飽きないです。

地味に休憩時間が長い

アルバイトはトラックの運転をすることがないので移動中は基本的に休憩になります。ずっと働いているイメージが強い引っ越しですが、休憩時間を考えるとかなりコスパの良いアルバイトではないでしょうか?さらに他県に行くとなると本当に働いている時間は少ないです!

引っ越しアルバイトのデメリット

タバコが煙い

基本的に引っ越しの作業員はタバコを吸う人が多いです。人によっては刷っていいか聞いてくれる人もいますが、基本的にトラックの中に煙が多少残ります。タバコがダメな人はマスクをしていくなど対策をしていないと相当つらいかも。

疲れる

肉体労働系のアルバイトなのでしょうがないと思います。重い荷物を持って走ったり、階段を上ったり…初めのほうは筋肉痛に悩まされるでしょう。

専門用語が難しい

引っ越しでは使う道具に特別な名前がついています。例えば「ハンガーケース」→「ハンケー」「赤い80センチの布パッド」→「アカハチ」など。初めはこれらの名称を覚えるところから始まります。他の人は普通にこれらの言葉を使うので初めは戸惑います。

まとめ

大学生のアルバイトで最も稼げるのは恐らく引っ越しアルバイトです。しかし引っ越しアルバイトに対してはあまりいい噂を聞かないことが多く、始める勇気が出ない人もいるのではないでしょうか?栃木と東京の2か所で働いた経験がありますが、、少なくとも僕の通っていた引っ越しアルバイトはとてもいい所でした。

ぜひチャレンジしてみてください!それでは!

【他のアルバイトはこちら】

 ・大学生といえばアルバイト!実際どれぐらい稼げるの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました