【キャッシュレス決済】お得な使い分けはこうだ!

ガジェット、ネット

キャッシュレス時代に向け各社が電子マネーの覇権を巡りキャンペーンを繰り広げます。

クレカと合わせて使っていきたい電子マネーのうちおすすめの方法を紹介します!

それぞれメリット/デメリットがあるので上手く使い分けていきましょう!

今回検討する方法

  • 楽天カード
  • Suica
  • PayPay
  • LINE Pay
  • メルペイ

今回検討するのは上記の5種類のみです。

その他の電子マネーは利用範囲が限定的、還元率が低い、手続きが煩雑といった理由から使うことはありません。

ここら辺を上手く使えれば十分にキャッシュレス決済の恩恵には預かれると思います。

楽天カード

楽天カードのメリット

  • どこでも支払額の1%が楽天ポイントで還元
  • 貯まっている楽天ポイントを自動支払い
  • 楽天市場でポイント還元率が上がる
  • ネット上の支払いにも使える

楽天カードのデメリット

  • 使い過ぎに注意しなければならない
  • 紛失時の手続きが面倒

メルペイ

メルペイのメリット

  • お財布けケータイにのiDに対応
  • メルカリ利用者はポイントが使いやすい

メルペイのデメリット

  • メルカリを使わない人は大きな利点なし
  • ポイント還元率が低い

LINE Pay

LINE Payのメリット

  • 専用アプリが必要ない
  • 広告視聴などで手軽に貯められる
  • ポイント還元率が最大3%
  • クーポンを多く取得できる

LINE Payのデメリット

  • 利用店舗が限定的
  • 通勤/通学にも使える
  • 自動チャージを設定できる
  • 使える店舗が非常に多い

Suica

Suicaのメリット

Suicaのデメリット

  • ポイント還元が限定的
  • クレカチャージはポイント付かない

PayPay

PayPayのメリット

  • 個人商店などで利用できる
  • ダイソーで利用できる

PayPayのデメリット

  • ポイント還元率が低い

多くの電子マネーが存在しますが、僕もミニマリストとしてキャッシュレス社会に対応すべく、これらの電子マネーを活用しています。

現在利用しているのが

  • LINE Pay
  • Suica
  • 楽天ポイント

です。今回はその中から新しく使い始めた「LINE Pay」のおすすめポイントを書いてきます。

まだ現金で払ってるの?

現金で払う方が好きだという人の気持ちも分かりますが、政府の主導もあり電子マネーを使ったときの還元がかなり大きいです。

最も簡単なのは支払いを全て楽天カードで行う方法でしょうか。

使った金額の管理は家計簿アプリに任せておけば心配入りません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました