【大学生飲食バイト】一人暮らしのおすすめは賄いがおいしい個人店

大学生活
【大学生飲食バイト】一人暮らしのおすすめは賄いがおいしい個人店

大学生の頃に、いろいろなアルバイトを体験したことはいい経験になりました。

今回は塾講師と掛け持ちで行っていた、個人経営の飲食店を見ていきます!

他のアルバイトについての記事はこちら(記事の後半でも紹介しています)

【大学生アルバイト】授業の合間に稼げる?おすすめのアルバイトも

そもそも働きたくないと言う方はこちら

【大学生副業】アルバイト以外で稼ぐおすすめの方法を紹介

業界TOPクラスのアルバイト情報サイト【マッハバイト】

飲食店なら断然個人経営!

飲食店でアルバイトをするなら、個人経営店で働くことをおすすめします!

待遇は店舗によって異なることもあるので、面接時に確認しましょう!

シフトに自由がきく

チェーン店の支店は、本社からノルマなどのルールを課せられています。

地域ごとの事情は考慮されないことが多いので、勤務がきつくなることも。

個人経営は状況に応じて開店時間などを変更できるため、シフトも自由が利きます。

まかないが豪華

チェーン店の場合賄いは「〇〇%割引」などで、メニューも普段食べるものばかり。

個人経営店であれば自由にまかないを作れたり、色々な料理を食べることができます。

私の働いていたそば屋は、自分で好きな料理を作って食べることができました。

時には看板メニューや、余った刺身などの食材を食べさせてくれることも!

経営者の話が聞ける

個人商店はオーナー自ら店舗を立ち上げており、有意義な話を聞くことができます。

将来起業や自分の店を持ちたいと思っている人は、バイト中にも勉強ができます。
のも良いでしょう。

飲食店の良い/悪い点

まかないが食べられる

ぶっちゃけ飲食店でアルバイトする人はこれが目的なのではないでしょうか?

特に一人暮らしの人にとってまかないの存在は非常にありがたいです。

料理の練習になる

厨房で働く場合、包丁の使い方から始まり実際に自分で料理をするようになります。

大学生で一人暮らしを始めたばかりで、料理に慣れていない人は基本から学べます。

賃金が低め

高級店などでない場合、他の仕事と比べて賃金は低い傾向にあります。

稼ぐことが目的なら、塾講師のような頭脳労働の方が時間当たりの賃金は高いです。

または引っ越しやイベント会場設営のような、肉体労働を行うのががおすすめです。 

人が多いと忙しい

当たり前ですが、ピーク時とそれ以外の忙しさが違いすぎて疲れます。

忙しくなったとしても基本的に賃金は変わらないため、コスパは下がります。

逆にすることがないと暇だと感じる人は、14~16時あたりが辛いかも。

飲食アルバイトの感想

私はキッチンで働いていましたが、料理経験がなかったので勉強になりました。

野菜をカットして貯蔵しておくアイデアは、自宅の料理でも応用できたり。

普段はお金を出して食べないであろう店だったので、食生活が充実しました。

1つ言うことがあるとすれば、この記事の内容はあくまで私が働いた飲食店の話です。

あくまで一体験談として、思い込みにとらわれず良いバイト先を見つけて下さい!

業界TOPクラスのアルバイト情報サイト【マッハバイト】

他のアルバイトはこちら

コメント

  1. noririnsnowflake より:

    コメント失礼します。
    私は学生時代、チェーン店の飲食店で働いていてとても忙しかったです。私は週3希望でしたが、人がいないときはいきなりシフトが週5になっていたことがあります…
    個人経営の店だと縛りが少ないので、そういった意味で働きやすさはありそうですね☆