【大学生リゾバ】春/夏休みのリゾートバイトで旅行しながら稼ぐ!

大学生活
【大学生リゾバ】夏/冬休みのリゾートバイトで旅行しながら稼ぐ!
案件数!働きやすさ!No.1!【リゾバ.com】

リゾートバイトとは?

リゾートバイト(通称リゾバ)は、主に長期休暇中に観光地で募集するアルバイト。

観光地までの運賃を会社が出す代わり、観光地のホテルやテーマパーク等で働きます。

観光地であれば、北海道から沖縄まで日本全国のリゾート地で行われています。

リゾバの良い/悪い点

リゾバの良い/悪い点

新しい出会いがある

知らない土地で知らない人と働くという経験は、なかなかできることではありません。

周りに知り合いがいるわけでもないので、自然と同じ職場の人と仲良くなれます。

リゾバなら大学生同士で一緒になることもあるので、交友を深めやすいかも。

観光地に無料で行ける

基本的にリゾートバイトは、勤務先までの交通費を出してくれることが多いです。

そのため、普段は交通費が高くて行けないような場所にも行くのがおすすめ。

中には、夫婦で旅行をしながらリゾートバイトで生計を立てている人もいました!

生活リズムが崩れる

アルバイトの種類に寄りますが、普段と生活リズムが異なる作業があることも。

しばらくすれば慣れますが、勤務時間を確認してから応募することをお勧めします。

一方で深夜勤務なら、バイト代が割り増しされるので稼ぎたい人には良いかも。

裏方作業もある

観光地でのリゾバとはいっても、やはり作業内容は裏方寄りになることが多いです。

多くは宿泊施設での、ホテル厨房での皿洗いやベッドメイキングなどでしょうか。

観光地のガイドなど、目立ったことをしたい人は職種を選ぶ必要があります。

リゾバに行ってきた

ここからは実際に、私が体験したリゾートバイトの内容を紹介していきます。

通っていた全寮制キャンパスが長期休業中に閉鎖されるため、アルバイトをしました。

夏休みは農業アルバイト北海道自転車一周旅行をしたのですが、それは別の話。

2017年の年末年始に、北海道の定山渓という温泉街でベッドメイキングを行いました。

北海道の中では温泉で有名なところらしく、特に中国人に人気だそうです。

たしかに観光客の会話が聞き取れないかも…

訪日中国人の検索結果、温泉首位は「定山渓温泉」: 日本経済新聞

アルバイトの内容

アルバイトの内容

勤務期間は年末年始の約2週間、主に行ったのは以下のような作業でした。

  • 布団の上げ下ろし
  • ゴミ箱の中身の分別
  • ベッドメイキング
  • 掃除機かけ
  • 客間の整理

勤務時間は10時~14時、15時~19時くらいだったと記憶しています。

期間が短かったのもあり、単純な作業をひたすら繰り返すという感じでした。

長万部の学寮が閉鎖されている期間中だけでしたが、10万円くらいは稼げました。

リゾバの感想

ホテル裏方の仕事は、目に見えないながらも配慮が本当にすごいと感じました。

  • 座布団は縫い目が見えないように配置する
  • テレビは3チャンネルに合わせておく

など、ホテルでの快適な生活の裏には数知れない努力があることを知りました。

一方で、今度ホテルに言ったらそのようなことに目が行ってしまいそう…

他には、働いてみて「布団は片づけなくていい」ことを伝えたいですね!

布団のしまい方にもルールがあるため、変に片付けると2度手間になります。

そこよりも、時間通りのチェックアウトや忘れ物をしない方が助かります!

この仕事が向いている人の特徴としては、こんな感じでしょうか?

  • 旅行が好きな人
  • 体力のある人
  • 仕事の呑み込みが早い人

ぜひ興味を持ったら、一度調べてみてはいかがでしょうか?

案件数!働きやすさ!No.1!【リゾバ.com】

他のアルバイトはこちら

コメント