【タテの国】少年ジャンプ+のおすすめマンガのあらすじと考察をしてみた

感想文

アプリ「ジャンプ+」ではこれまでのジャンプ掲載作品に加え、今後に期待ができるルーキーの作品が読めることが特徴です。

今回は「ジャンプルーキー!」で大人気、期待のSFファンタジー大作「タテの国」を紹介します!

有名になると無料で読めなくなりそうなので、読んでおくことをおすすめします!

「タテの国」の作者

タテの国の底を目指す少年ルスカ。

上にも下にも無限に続く縦穴「タテの国」。この国に住む人々は縦穴の側面にある横穴に住んでいた。

タテの国のメンテナンスを職業としていた少年ルスカは、ある日タテの国の上から女の子が落ちてくるのを目撃する。

以前からタテの国のそこに興味のあったルスカは、その女の子を追いかけてタテの国に飛び込む。

https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156642491399

マンガ「タテの国」の作者は「田中 空/たなかくう」さんという方、普段はSF作品のアイデアを提供している方です。

今回の「タテの国」は自身初の、原作だけでなく作画も含めた連載作品だそう。

ブログも更新しており、どのようにマンガが出来上がるのかを見ることができる点で親近感が湧きますね!

ブログ「日々漫画ネームを描いていて思うこと」

「タテの国」登場人物

この物語のカギとなる少女オメガ。

ルスカ

タテの国のメンテナンスを行っていた少年。

以前からタテの国の底に興味があり、ある日上から落ちてきたオメガを追いかけて穴に飛び込む。

性格は男らしく、決断も早いため仲間の窮地を何度も救っている。

考えるほうはあまり得意ではないようで、ケルビンやズパの説明に対し聞き役に回ることが多い。

オメガ

タテの国の汚染されていない世界から「落とし巫女」として落ちてきた少女。

穴を降りる途中、目玉型の生物に連れていかれてしまう。

「駅」に別のオメガが存在したり、ワームホールを出現させる物質が「オメガニウム」であったりと、物語のカギとなる人物。

ケルビン

タテの国を研究するために肉体を捨て、機械の体で研究を続けている。

ズパの改造により腕だけで思考を行ったり、様々な形態に変形できるようになった。

長い時間生きているため、仲間たちの知らない古いネタをたくさん知っている。

ズパ

タテの国の外に放り出されたルスカを目玉ロボットを改造した乗り物で助ける。

凄腕エンジニアであり、ケルビンの改造をはじめとして技術面で大貢献している。

もともといなくなってしまった目玉を食べたいという理由でついてきたため、ピンチの時はすぐにパニックに陥る。

その他のキャラクター

塔バトのジジイ…塔の外側にある関所を70年間守っていた。

オッサン…ワームホールを駆動させるための「オメガニウム」を採掘している。

ユダ…公務員と呼ばれるタテの国を設計した人物。オメガニウムを集めている。

グルオン…タテの国の設計者と本人は言っているがその正体は…

ピーピー…グルオンがロボットとして製造された時の初号機。

「タテの国」面白いところ

研究のために肉体を捨てた科学者ケルビン。

縦スクロールの活用

「ジャンプルーキー!」の作品は縦にスクロールして読む作品となっており、この作品はこのスマホならではの特徴を生かしたものとなっています。

読者もはページを下スクロールして、ルスカと穴を落ちていく感覚を味わえます。

「天空の城ラピュタ」を連想させるストーリー

作者も述べているように「天空の城ラピュタ」の影響が強く、設定に遊び心も見られます。

  • ルスカ=ムスカ大佐
  • オメガ(Ω)=シータ(θ)
  • ケルビン=ロボット兵
  • ズパ=パズー

さらにラピュタをモデルにした映画「サカサマのパテマ」も彷彿とさせるストーリーでした。

「サカサマのパテマ」は最終的に重力という結論に収めていましたが、「タテの国」の場合は時空や次元がそれに相当するのでしょうか?

理系心をくすぐる設定

作品中には理系の喜びそうな選定が多く取り入れられています。

  • 自由落下の距離計算
  • ワームホールの概念
  • ビット数の計算

「タテの国」内容

凄腕エンジニアのズパ。

1話~

塔のメンテナスをしていた少年ルスカはある日塔の上から落ちてきた少女オメガを追いかけて塔を飛び降りる。

そこで出会った科学者ケルビンとともに旅立つが塔が分離し、オメガは謎の目玉に連れ去られてしまう。

塔の外にいたエンジニア、ズパとともに塔を降りるが、塔には関所がありその下で塔は終わっていた。

発信器が示すオメガの位置はさらに下だったため下へ降りるルスカたちのもとにタテの国の「底」から来た郵便配達人がやってきてオメガからの手紙を渡す。

そこには「そこに来てはいけない」というメッセージがあった。

11話~

配達人について駅に着いたルスカたちは駅長と呼ばれているオメガによく似た少女に出会う。

彼女もまた落とし巫女として上の世界から落とさ駅を守っていたが、彼女のエネルギーの使い過ぎでターミナルは崩壊を始める。

ターミナルの下には砂の大地があり、そこには「オメガニウム」を採掘しているオッサンがおり、オメガニウムを求める「公務員」の女ユダからオメガニウムを得る。

オメガニウムを手に入れたルスカたちはワームホールを展開するが、なぜか着地地点が存在しない。移動した先は過去の駅で、ルスカは駅に激突する寸前のオメガを助けることに成功する。

しかしオメガが駅を保っていないため、駅は崩壊を始めていた。崩壊した隣の駅に死んだ家族がいると知ったオッサンは崩壊する駅に向かっていく。

「タテの国」の考察

※自分勝手に考察しているので、間違っていても責任は取りません。

「タテの国」の構造

ケルビンのいた場所から上下500年分は汚染されており、さらに下の方は横穴がすべてふさがれています。

塔の外には目玉のような生物がすんでおり、塔を分離させることができます。

外壁には関所があり、その下で塔は終わっています。

国同士の移動は駅にあるワームホールを使いますが、原動力として「オメガニウム」という物質が必要になります。

53話で判明した、オメガを有するラムダ国に対抗する存在を仮にアルファ国とします。

ラムダ国のオメガに対し、アルファ国はグルオンを所持しています。

オメガの夢

SF作品で宇宙空間を長距離移動する際に、肉体を冷凍保存し限りなく光速に近い速度の宇宙船で移動する方法に描写がよく似ています。

オメガを落とし巫女としていた地域では、オメガたちに薬を飲ませて仮死状態にし塔の上(遠い過去)から現代に送ったのではないでしょうか。

しかしたくさんの落とし巫女のうち、なぜオメガだけが生き残っていたのかは不明です。

追記(53話

オメガニウムをラムダ軍奪われないようにオメガを仮死状態にして逃がした?

(オメガニウムはオメガの生命反応に用いられるため仮死状態だと感知できない)

目玉の正体

オメガを何らかの理由で探していた監視装置ではないでしょうか?

タテの国を管理する人物が人工的に作り上げた生物だと考えられます。

この生物が人工生物だということは物語の初めで取り上げられていました。

追記(53話):

かつてタテの国で毒ガスをまいたラムダ軍が戦闘時に使っていた乗り物。

のちにオメガ体内のオメガニウムを得るための監視装置となったか?

関所の存在と「オメガ」の条項

誰も通ることのできない関所の下には、塔が存在していませんでした。

「オメガ」に触れた者を生かしてはならないという条項から判断するに、オメガニウムの不足から塔の建設が中止されたのではないかと考えました。

しかしそれを知られてはならない理由があったはず。

追記(52話):

塔バトのジイが守っていたのはラムダ国側かな?

オメガニウムの秘密を知ったものをアルファ国側に入国させないためか?

「オメガニウム」とは

ワームホール出現の際に利用される「オメガニウム」は見たところ太陽エネルギーのようです。

駅の存続に必要なエネルギーのようで駅にいたオメガは自らの力で駅を守っていました。

タテの国の存続にかかわる重要なエネルギーである可能性が高いです。

追記(53話):

実際には存在しないオメガの「心」の代わりになるもの。

同じくアルファ国のグルオンも自分が持てなかった「心」であるオメガニウムを欲していました。

「オメガ」とは

追記(53話):

グルオンと同じように心を持った生命体を作ろうとして完成した疑似生命体。

心の代わりに「オメガニウム」を入れることで動いていたが、その強大すぎるエネルギーから兵器へと転用され、オメガたちは仮死状態にして未来へ託された。

「タテの国」の構成

塔の上が過去、塔の下が未来を表しているのではないでしょうか?

これならオメガが落とされた国が汚染されていないこと、下の国の横穴がふさがれていたこともわかります。

汚染される前のいけにえという概念を信じていた時代からオメガは落とされ、エネルギーを必要としていた未来人に回収されます。

未来のタテの国は「オメガエネルギー」の枯渇により、塔を破棄し塔の外へ旅だったと考えられます。

追記(52話):

限りなく1次元に近い構造になっており、横への広がりをほとんど持たない。

かつては関所の下にはアルファ国が存在したが、とある理由により切り離された。

その後ラムダ国は重力を反転させることでアルファ国とのかかわりを断ち、ラムダ軍は公務員として働いている。

タテの国の内側は時間を、外側は空間を表しているのではないか?

他のおすすめマンガ

コメント

タイトルとURLをコピーしました