【スキャナアプリ】書類の電子化におすすめの「CamScanner」メリットや使い方を解説!

ガジェット、ネット

大学で配布された講義プリントはそのままの形だけではなく、PDFなどのデータにして保存しておけば無くしたときや他人と共有する際に便利です。

自宅に帰ってからスキャナーで読み込んでもいいですが、その場でデータ化できる手軽さからスマホにスキャナアプリを入れておくのもアリ。

今回は個人的に便利だと思って課金もしたアプリ「 CamScanner」を中心に、スキャナアプリの特徴を紹介します!

スキャナアプリの特徴

正面でなくてもスキャンできる

撮影画像を自動で加工してするモードもありますが、後から修正したり自分で範囲を指定する際の画面の可視性が非常に良いです。

例えばiPhone標準アプリの「メモ」とではこうなります

確認したいスキャン位置の端が、指で隠れて見えません(ーー;)

それに対して「CamScanner」は…端が拡大されて指とかぶりません!

写真からスキャンできる

Androidであればイヤホンを差すなどして撮影音を消せますが、iPhoneはシャッター音がうるさいためデフォルトのカメラは使わない方がいいかも。

授業中や静かな場所での撮影にはlive撮影や無音シャッターアプリなどで撮影した写真を後からファイルから選択することでスキャンが可能です。

自動でクラウドに保存される

撮影してスキャンしたデータをインターネット上で自動で同期するため、スマホを失くしてしまったり外出先でもデータにアクセスすることができます。

特殊なスキャンにも対応

camscannerでは今回紹介した他のアプリにはない撮影機能として

  • Excelデータへの変換
  • Wordデータへの変換
  • IDカードのスキャン
  • 本のページ自動分割

などがあることがポイントが高いと思っています。

他の便利アプリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました