【ジオキャッシング】無料の宝探しアプリ「ジオキャッシング」で遊ぼう!

ガジェット、ネット


皆さん、こんにちは!

学生リポーターの樹(いつき)@itsutsuki3 です!

今回は無料でできるリアル宝探しゲーム、「ジオキャッシング」について紹介していきます!

ジオキャッシングとは

f:id:itsutsuki:20190427204514j:plain

自然、大地を表す「geo」と隠すという意味の「cashe」を組み合わせた言葉で、世界中に置かれている宝物(キャッシュまたはジオキャッシュ)を GPS を使って探す、世界規模のゲーム・スポーツ・冒険・観光・パズル・イベント・学習 etc.. です。

アメリカで2000年にGPSの精度低下が解除されたことを記念してGPSを用いた宝探しゲームを行ったことが始まりで、このアイデアを見たジェレミー・アイリッシュがこのゲームの将来性を見出しgeocaching.comが正式に発足しました。

公式サイト:https://www.geocaching.com/play

 現在では世界中に約300万個ものキャッシュが隠されているそうです。

ジオキャッシングのメリット

f:id:itsutsuki:20190427210133j:plain

ジオキャッシングの公式サイトでは、ジオキャッシングを行う15の理由がまとめられています。

しかしここでは、それ以外に僕が紹介したいジオキャッシングのメリットを書いていきます!

無料で楽しめる

面白いゲームには課金制が多い中、ジオキャッシングは無料でも十分楽しめる仕様になっています。

課金するのはさらに高度な宝探しを行いたいときなので、実際に体験してから課金するかを判断することができます。

お金をかけずに楽しめるという点では非常に優秀なアプリになります。

また、アプリ中に広告も出て濃こないのでイライラすることもありません!

子供のころのワクワク感を味わえる

秘密基地を作り、秘密の暗号をもとに宝物を隠す…

そんな楽しかった子供時代の気持ちに戻ることができることができるゲームは周りを見渡しても他に見当たりません。

このゲームをしていると、大人になっても子供の心は忘れずにいたいと感じます。

子供のころにそのような体験をしてこなかった人も、かつての純粋な喜びや達成感を味わうことができるでしょう。

旅行の際の楽しみができる

ジオキャッシングは日本国内だけでなく、海外でも楽しむことができます。

たとえ言葉がわからなくても、示された座標と簡単なヒントからキャッシュを探すというシンプルなルールなのでどこへ行っても楽しめます。

海外旅行ついでにジオキャッシングによる宝探しで2度刺激を味わえます。

またジオキャッシングで記入するログ(下で説明)を通して世界中に友人ができた気分にも!

ジオキャッシングの遊び方

geochacing.comまたはアプリで会員登録をする

サイトまたはアプリを起動し、近くのポイントを探して見る

登録が完了したら早速サイトやアプリを立ち上げて現在地近くのポイントを探しましょう。

近くに必ずいくつかのキャッシュが存在しているはずです。

自分たちの知らないところでこのような秘密のゲームが行われていたなんて不思議ですね!

ヒントや座標をもとにキャッシュを探す

与えられた座標に行ってみましょう。

基本的にキャッシュの入ったコンテナはすぐに見つかるところにはありません。

周りを探して見て見つからないときはヒントを見ましょう。

英語で書かれているものもありますが、非常に簡単な単語なので読めるはずです。

過去ログからも手掛かりを探すことができるので困ったらそちらも確認してみましょう。

発見状況を記し、ログを残す

コンテナを発見したら、発見した日付、ニックネーム、一言などをコンテナに入っているノートに記入しましょう。

またサイトやアプリで発見か未発見かの報告をしましょう。

これをすることでキャッシュの管理者や参加者がコンテナの状況を把握することができます。

なお、キャッシュを見つけた時は
「TFTC (Thanks For The Cache)!」(キャッシュを置いてくれてありがとうの意)と書くようです!

ジオキャッシングに必要なモノ

f:id:itsutsuki:20190427210223j:plain

汚れてもいい服

キャッシュの隠されている場所は基本的に人があまり探さないようなところ。

見つかりやすい場所だと一般人に持ち去られたり、処分されてしまったりします。

草むらの中や構造物の裏側など、少し汚れた場所にコンテナが置かれていることが多いので、汚れてもいい服装で行きましょう。

筆記用具

キャッシュの入ったコンテナには発見者と発見した日付を描きこむノートが同封されています。

ちいさなコンテナには筆記用具が入っていないことも。

ノートに書きこむためのボールペンを持って行くことをおすすめします。

スマホまたはGPS

これがないとジオキャッシングは始められません。

具体的な座標をもとにキャッシュを探すことが多く、ヒントはあくまでも補助なのでGPS機能のついた機器が必須となります。

通信制限がかかっているスマホでもGPSは使えることが実際に使ってみてわかりました。

「maps.me」でもそうですが、データ通信とGPSの間にはあまり関係はないようです!

モバイルバッテリー

GPSを有効にしているとスマホのバッテリーの減りが以上に早くなります。

省電力モードにすることで消費を抑えることができますが、予備のバッテリーを持っておくと安心です。

ちいさなコイン、おもちゃなど

コンテナの中には発見者が宝物を入れておくものがあります。

コンテナを見つけた人はその中から好きなモノを取り、代わりの自分の持ってきた宝物を入れます。

宝物といっても大したものではなく、小さなキーホルダーなどです。

あまり大きなコンテナはないので小さいモノをいくつか用意しておくといいでしょう。

実際にジオキャッシングをやってみた

f:id:itsutsuki:20190427215237j:plain

ジオキャッシングは小学生の時に挑戦したことがありますが、当時はスマホを持っていなかったため車のナビのGPSを使って何か所か回ってみたことがあります。

大学に入ってからふと思い出しアプリでポイントの検索をかけてみたところ、多くのポイントが近くにあることが分かり、再開してみました!

ポイントは川沿いに多い

今回挑戦したのは川沿いに点々と存在するポイント達。

基本的にポイント設置の際には管理者に許可を取る必要があるため、許可のいらない川沿いに多くのポイントが存在します。

またポイント同士の距離が決まっているため、ポイントは一定の距離を置いて存在しています。

今回探したコンテナのサイズはマイクロキャッシュ(カードケース以下のサイズ)とスモールキャッシュ(小型タッパーほどのサイズ)でした。

地図の誤差が厳しい

スマホのアプリではどんなに頑張っても3mほどの誤差が出るようで、誤差の範囲をくまなく探すという方法を実践。

雨上がりだったこともあり、探す過程で手がかなり汚れました。

初めはなかなか見つからなかったため、ヒントに加えて過去ログのコメントも見ながらキャッシュを探しました。

今日の成果

本日は4か所のポイントを訪れ、3か所のキャッシュを発見することができました。

1か所は最新のログが未発見なのでキャッシュがなくなってしまっている可能性も考えられました。

最後の1か所が非常に難しくヒントもさっぱりでしたが、とある構造物に振られた製造番号だということが分かり、なんとか発見することができました。

さらにジオキャッシングを楽しみたい方へ

f:id:itsutsuki:20190427210637j:plain

上で説明したように、無料版でも十分楽しめるジオキャッシングですが、有料会員になると通常会員の参加できるキャッシングに加え様々なキャッシングを行えるようになります。

たくさんありますが、例を挙げると複数のポイントを回ることでキャッシュを探す「マルチキャッシュ」、座標をクイズなどから導く「ミステリーキャッシュ」などです。

まとめ

今回はリアル宝探しゲーム「ジオキャッシング」の遊び方について紹介しました。

世界中の人たちが参加する宝探しゲームに参加して、自然の中で興奮を味わってみませんか?

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました