【ハガレン】おすすめアニメ「鋼の錬金術師 -FULL METAL ALCHEMIST-」の魅力を全力で紹介する

感想文

アニメを300本以上見てきた自分が、アニメ初心者/上級者に限らずおすすめするアニメ「鋼の錬金術師」。

アニメを見続けても色褪せないその魅力がどこにあるのか、可能な限り文章に起こしてみることにします。

まだ見ていないない人は絶対に見るべき、もう見た人ももう一周するべきの神アニメの魅力を伝えます!

スポンサーリンク

ハガレンとは

鋼の錬金術師』(はがねのれんきんじゅつし、英題:FULL METAL ALCHEMIST)は、荒川弘による日本の漫画作品。また、それを原作とした派生作品。『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)にて、2001年8月号から2010年7月号まで連載された。全108話。同年10月号には番外編が掲載された。略称は、『ハガレン』など。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/鋼の錬金術師

作者の荒川弘さんは他にも「銀の匙」や「アスラルーン戦記」など、数多くの作品を手がけている人気漫画家です。

Wikiのジャンルは「少年漫画/ダークファンタジー/バトルアクション漫画/スチームパンク/テクノスリラー/冒険」。

2021年7月時点で全世界シリーズ累計発行部数は8000万部を突破している、日本だけでなく世界でも人気作品です。

ハガレンのあらすじ

亡き母親を錬成しようと禁断の人体錬成を行ったエルリック兄弟は、その代償として兄の右腕と弟の肉体を失う。

数年後、国家錬金術師の資格を取ったエルリック兄弟は、人体錬成の鍵となる「賢者の石」を求めて旅を続けた。

様々な事件を追ううちに明らかに賢者の石に関する謎と、その背後に蠢くホムンクルスと巨大な陰謀が姿を表す。

ハガレンの魅力①世界観

錬金術という新ジャンル

アニメ、ラノベ界において錬金術ブームが起こったのはこの作品のヒットがあってこそだと思います。

魔法とは違い、「等価交換の法則」によって利用が制限されている中でも戦い方にも注目。

発動条件や「錬丹術」という異なる地域における術式など、錬金術だけに着目しても面白そう。

男女比のちょうど良さ

アニメに多いハーレムやラッキースケベ的な展開が存在しないため、万人におすすめできます。

笑いあり、涙あり、恋愛ありとどんなジャンル好きにもすすめしやすい王道アニメ。

アニメ好きが初心者にすすめるとしたら、確実に5本指には入ってくるような作品でもあります。

多民族国家という背景

舞台となるアメストリスは四方を別の国家に囲まれ、紛争や交渉を行って今に至ります。

賢者の石を狙って集まってくる他国の皇子や、錬金術師を恨む少数民族のテロリストなど。

モデルにされたと思われる国家も存在し、ストーリー以外にも考えさせられる場所があります。

ハガレンの魅力②ストーリー

没入感に合わせた加速度

初めは小さな事件から始まり、読者の理解と没入感を高めるとともに加速が始まります。

途中から一連の事件を裏で操る存在が現れたり、ある事件で大きく物事が動き出したりします。

最後は一気にクライマックスまで走り抜けるので、一気読みしてしまった人も多いのではないでしょうか?

話の展開の読めなさ

様々な考えの入り乱れた国家や軍隊と言った場所では、相手をどこまで信用できるか難しいところ。

本作でもキャラクターたちが守るべきものや自らの野心のために行動するシーンも少なくありません。

敵味方や各陣営の動きが予想できず、最終的にどのような展開になるのかを読みにくいのも特徴です。

異なるラストが存在

鋼の錬金術師はマンガ連載時にアニメ放映が始まり原作を追い越したため、異なるラストが存在します。

原作完結後に改めて「FULL METAL ALCHEMIST」として再アニメ化が行われています。

一つの作品で異なるラストが楽しめるのも、なかなか珍しい構成だと思います(自分は原作派)

ハガレンの魅力③キャラクター

芯の強い人が多い

ハガレンの魅力として挙げられるであろうキャラの濃さは、読み終わった後の名前記憶度でわかります。

戦闘職や軍隊の人間が多いからか、それぞれが己の信念を持ち迷いなく行動する姿がかっこ良すぎる…

キャラの書き分けがしっかりされていることもあり、覚えようと意識しなくても読み進められます。

人間味溢れる側面も

序盤はギャグ要素が強めな印象がありますが、熱い思いを持ったキャラクターが多く泣けるシーンも。

上司と部下、師匠と弟子、親と子どもなど、関係性の強いキャラクターが多いことも要因かもしれません。

それぞれのキャラクターがそれぞれの思いのために戦いに臨む姿は、読者にも勇気を与えてくれます。

憎めない敵キャラ

ホムンクルスなどの敵キャラも単なる悪ではなく、愛嬌があったり過去が存在したりするのが面白い。

単に敵を倒すだけでなく敵との対話のシーンもあり、戦闘によっては肩入れしてしまう部分もあったり。

七つの大罪の名前が付いたホムンクルスの中でも、個人的に好きなキャラはグリードとラースです!

好きなセリフ(ネタバレ注意)

偽善で結構‼やらない善よりやる偽善だ!

敵国イシュバールで救護活動を行う ロックベル医師がイシュバール人に避難されたときに放ったセリフ。

本作だけでなく今まで見た作品の中で最も印象に残った言葉で、普段の行動もこれに従うようにしています。

有名人や資産家が慈善活動をすると必ず批判が起こりますが、批判をしている人は何をしたのかと問いたい。

――いかん 雨が降ってきたな

マスタングの親友であったヒューズが殺害され、その葬儀後で大佐が涙をごまかすときに行ったセリフです。

女性関係が 本音を見せられていたのがともに働いていたヒューズたちであったと思います。

その後はしっかりとヒューズを殺害した を自らの手で葬り、彼の復讐を果たしました。

俺の人生半分やるからおまえの人生半分くれ!

お父様たちとのすべての戦いが終わり、エドがウィンリィと別れる際にプロポーズの言葉として言ったセリフ。

長い間思いを告げられなかったエドが、唯一理解している錬金術になぞらえている一生懸命さが響きます。

対するウィンリィの答えも、くすっと笑えながらも温かい気持ちになれるので非常に好きな場面ですね!

ハガレンを見よう!

ファンタジー作品ながら全てがうまくいくわけでなく、多くの人々と困難を乗り越える熱い展開の作品。

アニメ好きやマンガ好きなら面白くないと言う人はいない超名作、見ていない人は本当にもったいない!

単行本なら全27巻、完全版なら18巻、旧アニメなら51話+映画、新アニメなら全64話となっています!

アニメ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました