ブログ記事が書けなくなった時に試してみたいこと

ガジェット、ネット

長い期間ブログを書いていると、記事が書けなくなる時期が出てきます。

ネタが見つからないときもあれば、ブログを開くのもおっくうになってしまうときも。

ブログ執筆に困ったときに試してみたい方法をまとめてみました!

同じジャンルのブログを読む

例えばこのブログであれば「大学生ブログ」を、ブログ村やTwitterから探してきて読んでみます。

同じジャンルであれば、読んだ記事に関して自分の目線からしか書けないことが出てくることも。

また読んだ記事に不満があれば、自分なりに内容を充実させて記事にしてしまうのもありでしょうか。

ブログ村:https://blogmura.com/

サチコを見てみる

Google Search Console、通称「サチコ」では自分の記事へのアクセス数や検索ワードが見られます。

良く検索されている記事をリライトしてみたり、検索されているけれど足りない情報を追加したり。

検索が多いワードであれば、関連内容でいくつか記事を分ければより読者が調べやすくなるかも。

GoogleSearchConsole:https://search.google.com/search-console

気分のままに書く

書けない時期が続くと文章を考える習慣すら忘れるため、何かしらは書くことをお勧めします。

記事が伸び始めると余計プライドが出てきて、記事や文章がブログにふさわしいか悩むことも。

SEO的には良くないですが、低品質の文章を大量生成するのもアイデア出しやスランプ脱却には◎。

【樹の大学生活リポート】書きたいことを、書きたいままに。理系大学生のブログへようこそ

最近人に教えたこと

ブログが検索される理由の一つとして、読者の抱えている問題を解決することがあります。

何を書けばいいかわからないときは、人に教えたり自力で解決したことを記事にするのもアリ。

既に情報がネットにあるとしても、それを体系的にまとめることで新たなニーズが生まれてきます。

最近の:【研究用ツール】卒業研究で理系大学生が使うサイトなど

別の媒体を使う

ブログを書くのがつらくなったら、noteやTwitterなどに活動の場を移すのもいいかもしれません。

まとめたいけれど、ブログの記事にするほどの文章量がないことやテーマからそれることなど。

SNSでもテーマを決めて運用する!という意見もありますが、肩ひじ張ってばかりだと疲弊します。

殴り書き用note:https://note.com/itsutsuki33

ブログから離れる

しばらくブログから離れて画面を開くのをやめて、他の事をやってみるのもアリです。

すると不思議なことに書きたい内容が急に浮かぶことも、でもすぐに執筆はしないでメモだけ。

ある程度マインドマップなどで書く内容を決めたら、一息に書き上げます。

インプットの文字化

なんでもいいので作品を1つ見て、それに関するあらすじや感想、考察を書いてみましょう。

アウトプットばかりしていると、ブログ記事の内容が知らず知らずのうちに枯渇していることも。

作品でなくても学んだことや好きなもの、人から聞いたことについてまとめてみるのもアリです。

ブログは楽しくやるものである

正直に言うと、この記事はまさに記事が書けなくなった私がスランプ脱出のために書いた記事です。

原因としては、ある程度ネタが出た、アクセスの多い記事への固執、やる気が出ないなど。

しばらく低品質の記事が並ぶ可能性がありますが、温かい目で見守っていただければ幸いです…

ブログに関する記事

コメント