【WordPress】大学生ブロガーが使っているプラグイン一覧を紹介

ガジェット、ネット

無料ブログからWordPressに引っ越してきたブログ初心者が悩むのが、入れるべきプラグイン。

ブログの見た目にはあまり影響がないので、迷っている暇があったら記事を書いた方が良いです。

この記事では、特に考えずに入れておけばいいと考える「必須プラグイン」を紹介します!

【ブログ執筆】ブログ初心者におすすめの便利なツール・サイト

常に入っているプラグイン

Ad Invalid Click Protector

初心者ブロガーがアドセンス合格をツイートすると、”アドセンス狩り”という嫌がらせが起きます。

アドセンス広告を大量にクリックすることで、Googleに故意のクリックと見せかけてBAN。

同じIPアドレスからの一定期間内の表示に対し広告を表示しないようにします。

Akismet Anti-Spam

どのブログにも言えそうな薄っぺらい感想とともに、URL付きのメッセージが送られてきます。

これはコメントを承認することで被リンクが得られるというメリットがあるからです。

いちいち否認するのも面倒なので、ある程度は自動でコメントを振り分けてもらうと楽になります。

Compress JPEG & PNG images

Googleの調査によれば、ページ表示速度が1秒から3秒になると直帰率が32%増加するそうです。

サイト表示遅延の原因となる画像の容量を、自動で削減してくれるかわいいパンダのプラグイン。

以前まではサイト版でいちいち圧縮していたけれど、これを入れておけば勝手にやってくれます。

Google XML Sitemaps

Googleがサイトを評価する際には、サイトマップというものを送る必要があります。

これはどこにどんな記事があってどんな構成かをGoogleの評価ロボットに伝えるものです。

手動でも作れるらしいですが、自動で作って勝手に送ってくれるのがこのプラグイン。

Really Simple SSL

http://をhttps://にするSSL化で、諸々の変更を一括で行ってくれるプラグインです。

SSL化することでセキュリティ面でも安心になり、Googleからの評価も上がります。

私は設定にとまどりサイトが2回ほど飛びましたが、https://になってからアクセスが増えました。

Rinker

Amazonと楽天とYahooショッピングの商品を同時に紹介できる、超有名プラグイン。

単体のリンクを貼るよりも簡単に商品を紹介でき、購入先が多いために売り上げも上がりやすいです。

このプラグインだけはWordPressから検索するのではなく、専用サイトからZipをダウンロードします。

場合によって入れるプラグイン

Regenerate Thumbnails

ブログのテーマを変更した際に、サムネイルなどのサイズが変わってしまうことがあります。

これを自動でサイズ生成してくれるプラグインがこの「Regenerate Thumbnails」です。

基本的にテーマ変更した際にしか使わないので、必要に応じてダウンロードして有効化します。

Export to Text

今まで書いた記事の一覧を、題名・リンク・カテゴリなど、一覧にしてテキスト化してくれます。

ブログの題名や画像を一斉に変えたいときなどに、チェックリストを手軽に作ることが可能。

こちらの記事で紹介しているように、ブログのリライトをした時に利用しました。

Broken Link Checker

ブログ中に貼り付けたリンクが気づかないうちに切れていると、離脱率が上がってしまいます。

この無効リンクチェッカーでときどき確認することで、リンクの貼り換えを行えるので便利。

ただアフィリエイトなどはリンクが無効になるのではなく、別リンクになるので検知できない…

ブログに関する記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました