【タイピング】大学生初心者が上達するためにおすすめの練習サイト

ガジェット
タイピング

はじめてのブログ「北海道自転車一周(削除済み)」から、もうすぐで5年がたちます。

ブログのメリットに「タイピングスキル向上」がありますが、実際に効果はあったのか?

5年間ブログを続けた人間がタイピング上達のためにやったこととその結果を紹介します。

タイピングできて良かったこと

レポート執筆速度が何倍にもなる

もともとはこれが目的で始めたようなものでしたが、予想以上に時短になりました。

実験レポートはショートカットキーなども必要ですが、文章だけなら早い早い。

【ショートカットキー】理系大学生に便利なキー一覧(Word,Excel)

授業を聞きながら課題が終わる

タイピングは慣れてくると特に考えることなく打てるので、マルチタスクが可能に。

授業を聞いた感想レポートなどは、その場で聞いたことをうまくまとめられます。

【実験レポート】終わらない大学生へ!早く終わらせる書き方のコツ

言葉をすぐに文章につなげられる

上二つに通じますが、考え→キーボード→文章だと思考がつっかかります。

英文を日本語に訳してから理解すると、遅くて効率が悪いのに似ているかも。

【書きたいことを書きたいままに。】理系大学生のブログへようこそ

ブログ開始前

ローマ字は暗記していましたが、ホームポジションは全く知らない状態からスタート。

適当な指(主に中指)で、それなりのスピードでの入力が可能なレベルでした。

普通に生活して手は困らないですが、後々役に立つと思ったので練習を開始しました。

やったこと(初級編)

イータイピングの「実力チェック」を夜9時に、毎日2回ずつ練習していました。

見ないで打てることよりも、正しい指でタイピングできることを優先して練習しました。

他は、毎日300文字程度のブログ記事を30分くらいで書くことでレベルUPを図ります。

「。」「、」「―」などを見ないで打つのと、苦手だった「t/r」の打ち分けが課題でした。

イータイピング(外部サイト)

やったこと(中級編)

イータイピングは「長文>オリジナル」に移行、TOEFLも考えていたので英字入力もたまに。

飽きたら「寿司打」「皿打(Flashなのでなくなった)」などでゲーム性も入れて練習。

できるだけ手元も見ないで入力することを心掛け、長文でSが出るくらいにはなりました。

日本語ではなかなか使わない「c」「x」「v」などの場所を覚えるのが課題でした。

寿司打(外部サイト)

やったこと(上級編)

正確性とともに、人の話をリアルタイムで打てるくらいのスピードが欲しくなります。

「タイピングチューブ」ではYoutubeの曲に合わせてタイピングの練習ができます。

正確性は落ちますが、これをやった後のイータイピングの結果がかなり伸びるのでお勧め。

「ディ」「フィ」などの一瞬迷う単語の入力と、苦手な「g/h」「f/j」が課題です。

タイピングチューブ(外部サイト)

現在のタイピングレベル

練習としてタイピングチューブで「パプリカ」と「残酷な天使のテーゼ」を練習。

イータイピングと寿司打は練習なしの一発撮りで、これくらいのレベルにいます。

寿司打は疲れて指が攣りそうだったので、もう少し行けたかなというくらい。

今後はやはり正確性を高めていくことが課題でしょうか。

ネットには恐ろしいレベルの人がごろごろいるので、モチベーションになります。

タイピング上達のコツは使うこと

タイピングができるようになったのは、理系だったことによる影響が大きいです。

私の場合は、スマホ以上にノートPCと向き合う時間が多かったくらいでした。

ブログを書いたり書類を作ったりするなど、積極的に使うことが上達の秘訣!

ノートパソコンなど

コメント