【相撲】相撲のルールや仕組みをざっくりまとめてみた

大学生活

日本の国技である相撲ですが、テレビで見るくらいでルールもまともに知らないと気づきました。

日本に来た旅行者や海外に行った時の現地の人に聞かれることも多いので、調べてまとめました。

個人的には珍しい技を決めることで話題になっている、宇良が気になって今回は調べ始めました。

メモ:19記事目

日本相撲協会公式サイト

スポンサーリンク

相撲とは

相撲(すもう)は、土俵の上で力士が組合って戦う形を取る日本古来の神事や祭で、同時にそれを起源とする武芸や武道の一つ。興行としては大相撲が行われている。日本由来の武道・格闘技・スポーツとして国際的にも認知されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%92%B2

古事記の時代から相撲に関する記述は存在し、鎌倉~戦国時代には武士の鍛錬としても盛んでした。

織田信長のように相撲が強いものから家臣を選ぶものがいる一方で、相撲を生業とする人が現れます。

戦国時代が終わると興行のための相撲が盛んとなり、歌舞伎とともに庶民の楽しみとなりました。

海外ではsumoまたはsumo-wrestlingと表記され、紹介する以外にも世界中に似た競技が存在します。

  • 沖縄本島の沖縄角力(シマ)
  • モンゴルのブフ
  • 中国のシュアイジャオ
  • 朝鮮半島のシルム
  • トルコのヤールギュレシ
  • セネガルのランブ

相撲の番付

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%AA%E4%BB%98

試合は大きなもので本場所と地方巡業があり、本場所は奇数月に総当たり戦で行われています。

取組の組み合わせは前日の試合内容や、盛り上がりを含めて決定されているそうです。

相撲の決まり手

かつては四十八手と呼ばれていましたが、現在は八十二手と非技5つに分類されます。

非技は「勇み足」「つき手」「踏み出し」「腰砕け」「つきひざ」となっています。

日本相撲協会にあった八十二手のうち、過去五年間で多かった技を5つまとめました。

https://www.sumo.or.jp/Kimarite

1位:押し出し

両手又は片手を筈(はず:親指と他の4本の指をY字に開くこと)にして、相手の脇の下や胸に当て、土俵の外に出して勝つことを言います。

2位:寄り切り

相手に体を密着させて前か横に進んで土俵の外に出して勝つことを言います。

3位:叩き込み

相手が低く出てきたとき、体を開きながら片手または両手で相手の肩、背中、腕などを叩いて落として勝ちます

4位:突き落とし

片手を相手のわきの下か脇腹にはずに当て、体を開きながら相手の重心を傾けさせ、斜め下に押さえつけるように倒して勝ちます。

5位:寄り倒し

相手に体を密着させて前に寄って出ます。そして体を密着させたまま、相手に体を預け、倒して勝つことを言います!

試合の流れ

入場

力士は取組の2つ前の順番から入場して(基本的に下位力士から入場)座布団に座ります。

土俵入り

軽くお辞儀をしてからそれぞれの立ち位置に近い土俵の前方角に行き、手を打ちしこ踏み。

力水、塩

ひしゃくから力水と呼ばれる手水と同じような水を付け、幕下以下は塩を土俵に巻きます。

再土俵入り

膝を開いてしゃがむ蹲踞を向かい合って行い、柏手、両腕を広げる「ちり」を行います。

仕切り

仕切り線に立って柏手、四股、蹲踞を再度行い、にらみ合い、タオルで汗などを拭くなど。

立ち合い

双方の両手が地面についたら試合開始。行司は成立判断のみでタイミングは双方で決定します。

https://ola-dosukoisports.com/sumo/effort+behavior

審判制度

昔剣道をやっていましたが、判定基準があいまいなこともありオリンピック競技にはなっていません。

国技である相撲の審判制度はどうなっているか調べたところ、かなり違いがあったので取り上げます。

剣道の審判

主審1名、副審2名が相対した選手に対して二等辺三角形に位置して移動しながら判断を行います。

できる判断は有効、無効、棄権などで、基本的には主審の決定権が多めで合議は多数決となります。

人数が少なく打突を確認できないこともありますが、ビデオ判定や監督の意見利用は存在しません。

相撲の審判

一時的な判断は土俵内の宮司が判断し、意義がある場合は土俵外の勝負審判と控え力士が物言い可能。

勝負審判は5人おり位置は固定、ビデオ室にいる親方の意見も参考にし宮司を除いた多数決で決定。

スポーツとして日本で初めてビデオ判定を取り入れた競技で、導入されたのは1969年の5月場所から。

意外だったこと

色々調べている中で、紹介した項目に分類されないが意外に感じた事柄をまとめてみます。

  • 体育の武道は剣道、柔道のほか相撲選択も可能
  • 最終的な勝負の判断は宮司が行わない
  • 宮司は審判だけでなく色々な仕事を行う
  • 法律では日本に「国技」は存在しない

調べた系の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました