【老害】老害にならないように気をつけたいこと

大学生活

InstagramやTikTokなど、すでにZ世代に置いて行かれている気がする昨今。

このままだといわゆる「老害」まっしぐらなので、自戒を込めて考えます。

周りの人を見ていて「こうはなりたくないな」という気持ちを覚えておきたい。

スポンサーリンク

新しいものを試す

話を聞いてあれこれ言う前に、まずはやってみる心を忘れないようにしたい。

若者に流行っているくらいなので、参入障壁はそこまで高くないはず。

前の話をしない

聞かれてもいないのに「前は〇〇だった」と言うことはいい印象がしません。

昔の出来事は思い出補正がかかっているので振り返りたくなりますが、我慢。

アドバイスをしない

前の話と同じく、聞かれてもいないのにアドバイスをすることは良くない。

役立つこともあるでしょうが、向こうから聞いてくる関係を目指したい。

類推をしない

今までの経験から判断することも多いですが、時代背景などは変化します。

自分の目線で判断するのではなく、現在を生きている若者の意見を聞きたい。

へりくだらない

「若くないから」は行動を起こさない言い訳や、他人との間に溝を作ります。

若さではなく単純な無知を打ち明け、へりくだらずに教えを請いたいです。

善悪を即決しない

新しいものに出会ったとき、良いものか悪いものかと言う二元論になりがち。

先入観なく物事に向き合い、良い面と悪い面を見極めながら理解したい。

できないことを知る

流行りについて行こうとしたときに、どうしてもできないことがあるかも。

そこはどう頑張っても無理なので、何ができて何ができないのか知っておく。

勉強の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました