【研究室配属】理系大学生が考える、研究室のおすすめする選び方

大学生活
【研究室配属】理系大学生が考える、研究室のおすすめする選び方

大学で教養科目が終わり専門科目が始まると、進む研究室の話題が出てくるかもしれません。

大学、大学院と研究室が変わってきた人から見た、研究室選びで重視するポイントを紹介します!

あくまで個人の感想です、所属した研究室で不利益を得たとしても当方は一切の責任を負いません。

自分の机があるか

個人の机がない場合、学生は実験機器のそばで1日を過ごすか登校日数が少ない場合があります。

他に確認することとしては、教授や助教の机は別室にあるかどうかも大切かも。

個人的には、大学へ行こうと思えて学生同士の交流もあるため机はあった方がいいと思います。

機械の納入時期

大学の研究室では○○億円の機器もありますが、機器に貼ってある紙で納入時期を確認しましょう。

あまりに古いと故障が多かったり性能があまりよくなかったりします。

最近では共通機器を利用する研究室もあり、研究室で機器を所有していることがプラスとは限りません。

個人的には修理などが面倒ですが、好きな時に使えるという点で機器はあった方がいいと思います。

研究の内容

研究室選びでは自分の興味を優先することが大切ですが、現在何を行っているかも確認が大切。

例えば金属の研究をしたいのに、実はディープラーニングで組織写真を分類する研究だったり。

やりたい内容を漠然と想像し、研究室のホームページや先輩との話で研究内容を深堀しましょう。

楽そうだからという理由で研究室を選ぶと、就活で研究について聞かれたときにやりづらいです。

就職先

研究室としては就職先はよいところを掲載しているので、実際に前代の就活結果を聞くのがお勧め。

研究室として夏のインターンにどれくらい行けるか、どのような業界への推薦がとりやすいかも。

研究したい内容と就職したい業界は、近ければ近いほど就職活動がやりやすくなるイメージです。

会議の回数

研究室では進捗報告として学生と教授が集まってミーティングを行うことがあります。

多いと頻繁に研究を行わなくてはならない一方で、方向性の修正も早めに行えます。

一方で会議が少ないと自分の好きなことができる一方で放任主義である可能性もあります。

個人的には教授と相談する機会が多いほうが研究しやすいので会議は多くてもいいと思います。

論文発表数

研究室から正式に掲載される論文がどれくらいあるかも、余裕があったら確認したいところ。

あまり論文が出ていないと、研究がうまくいっていなかったり研究分野として重視されていなかったり。

一方で大量に論文が発表されている場合、学生は支持されたことをひたすら行っていることも。

競争が激しい内容だと、とにかく人海戦術で実験データを集めることが重視されるかもしれません。

研究内容の散らばり

研究室によっては研究内容が複数あることもあります。

研究内容が多いといろいろな視点を得られる一方で、研究の相談をできる先輩が少ないかも。

個人的には新しいアイデアが生み出され、ミーティングも楽しいので分野が分かれているのが好き。

先輩の数

自分の研究テーマの面倒を見てくれる先輩がどれくらいいるか、研究内容の理解度も大切です。

新規テーマで、周りに専門家がいない場合、ちょっとしたことも自分で調べる必要が出てきます。

外部進学が多い大学院などでは、全く別分野から来た人だけだったりして理解が浅いことも。

専門性の高い研究室で、深い議論のできる環境の方が自分を成長させることができます。

学会出席率

学会への出席率が高いと、学会で発表できるだけの研究を行っているという証明にもなります。

同じ人が1年に何度も学会を行っている場合、かなりのハイペースで研究が進んでいる可能性も。

基本的に学会ではまだ発表していないことを話すため、発表後はさらに実験を進める必要があります。

中には国際学会に参加する研究室もあり、今後はリモートの後押しもあり国際学会が増えそうです。

コアタイム

コアタイムがあると、生活リズムが整う、先輩に会う確率が上がるなどのメリットがあります。

一方でない場合は自分のリズムで研究を行える、柔軟にスケジュール調整できるなど。

研究室紹介などで聞くのもアリですが、表ではコアタイムなしといわれることが多いかも。

朝や夜に大学を外から見た際に、希望している研究室の電気がついているかを見る方法もあります。

大学に関する記事

コメント