【大学生デビュー】いまさらだけどお洒落のためにやったこと

大学生活

手を付けてこなかったお洒落というものについて、やる気が出てきたので経緯を記録します。

今まで何度か挑戦しましたが、楽しいと思えるレベルにまで達せず挫折を繰り返してきました。

料理と一緒ですが、楽しくない期間をどんな手を使ってでもいいので乗り越えるかが課題です。

メモ:13記事目

有名スタイリストがあなたのため<だけ>にスタイリング【Dinate(ディネイト)】

スポンサーリンク

やったこと

スキンケア用品

以前は顔は石鹸で洗うけれど、洗った後は特に何も化粧品は塗らない生活を行っていました。

最低限の化粧品としておすすめされた、保湿クリームと日焼け止めをドラッグストアで購入。

それから毎晩入浴時に、石鹸を良く泡立てて顔をこすらないように洗うことを心掛けました。

髪型、ワックス

以前は朝シャワーで寝癖を直していましたが、洗った後は全く手入れをせず生活していました。

はじめは勝手がわからなかず、お試し用の小さなワックスとジェルを購入して何となく使用。

人生初の美容院に行き、正直に話してカットおまかせとワックスの付け方を教えてもらいました。

洋服、靴

高校三年間は99%くらい制服で過ごしており私服は皆無、大学4年間でもほとんど買い替えず。

まずはわからないのでG.U.でマネキン買い+ジャケットと厚手の長袖シャツを購入(約2万)。

大学の事務の方にアドバイスをもらい、女性店員にサイズやチョイスをお任せしていました。

香水

大学の同期が香水にはまっており興味を持ったため、安いものを試しに一本購入してみます。

そこまで必要なアイテムでない気がしますが、自分の好きな香りだと気分が良くなりました。

自分でも感じるほどだと強すぎるとのことなので、外出時に両肘にワンプッシュずつしています。

コンタクト

コンタクトは以前も経験がありましたが、なかなか慣れることができずに断念していました。

このころになるとオシャレとは楽の反対側にあるものだと思い始めていたので再挑戦します。

いまだに入れるのに手間取り、夕方になると目がシバシバしますが苦行だと思って耐えてます。

財布、カバン

以前は百均の財布と一般的なリュックサックのみ、機能性と安さが最重要で後はこだわりなし。

持ち物は少なくいたいのでできる限り薄い財布+最低限の持ち物が入るウエストポーチを購入。

財布15000円、バッグ7000円と大きな出費ですが今まで使っていなかった分だと思えば。

やってみた感想

モチベ維持が難しい

そもそもお洒落をする理由が見つからず、今回はあまり興味のなかった恋愛を無理やり目標に。

一人でやっていても大変で楽しさを感じられず大変なので、ほめてくれる人を探しましょう。

今回できたのも、大学の事務のおばちゃんに正直に話して相談に乗ってもらったのが大きいです。

人に見てもらうべき

自分一人で試してもネットを見てもわからないと感じたので、できるだけ人に聞くことにしました。

格好つけずに今まで興味がなかったのでわからないといえば、髪でも洋服でもお任せにできます。

また頑張ってもほめてもらわないとやる気にならないので、おばちゃん方には感謝しています。

やはりお金の力は偉大

今までも服を買ったりコンタクトを入れたりしましたが、変化が少ないとあまり楽しくありません。

今回は覚悟を決めてそれなりの金額を投入したことで、自分でも変化がわかりやすかったです。

やるなら一気にやった方が良さそう、例えば洋服なら全部買い替えるくらいのイメージでしょうか。

家事に関する記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました