【TOEIC勉強法】TOEICで790点から850点を目指してやっていること

大学生活未分類

内定が決まってから社員の方との懇親会があり、入社直後にTOEICがあることを聞きました。

その時点では790点でしたが、英語には自信があったのでもう一段上を目指せるのでは…?

ということで大学院生が790→ になるまでに行ったことを順番に紹介していきます。

きっかけとなった記事

スポンサーリンク

書籍を購入

アプリなどでも勉強はできますが、実際に身銭を切った方が勉強に身が入るタイプ。

書店で「金のフレーズ」と「暗黒のフレーズ」を購入し、それぞれ2周しました。

1つ目の訳を完全に暗記、1文字でも違ったら覚えていないものとして次に行きます。

それぞれで訳し方が違うものは、ひとまず違うものとして暗記をするのがコツ。

いろいろな単語帳をやっていくたびに訳に幅が出てきます(多義語は多義語で勉強)

Remindoに単語登録

忘却曲線で暗記アプリ - reminDO
忘却曲線で暗記アプリ – reminDO
posted withアプリーチ

金フレと暗黒フレをExcelに手打ちし、.csvでRemindoに単語帳をダウンロードします。

ここでフィルターを使って訳し方が違うものを抽出、覚えやすいほうに統一しました。

1日100個ずつ通学中に行い、Twitterに手が伸びそうなときもこのアプリを開く努力。

Androidなら「Anki」というアプリがいいらしい(App storeだと有料なので)

2か月で攻略シリーズ

英単語と並行して「2か月で攻略 TOEIC L&Rテスト900点」を週5ペースで進めていました。

答えが複数あるなど意地悪問題が多い問題集で、普通の試験内容がだいぶ易しく見えます。

リスニングは本番を意識してイヤホンではなくスピーカーで聞くようにしていました。

英語に慣れる

リスニング力というより単純に興味が出たので、英語の動画などをみるようにしていました。

「NIJISANJI EN」の配信やジョークがきついことで有名な「SOUTH PARK」を視聴。

聞き取り能力が上がったかは微妙ですが、英語のスラングは多少身についた気がします。

他には「ALCO」でTOEICのリスニング問題を2倍速で聞くように心がけていました。

ミニ模試トリプル10

TOEICの内容を1パート2問ほどにまとめた、1回10分で終了するミニ模試を10回分。

急にTOEICの問題を解こうとすると、学力よりも集中力が付いていかないことも多いため。

久しぶりの形式にも10回ほどミニ模試を解いていると慣れてきます。

至高の模試600問

今まで説いてきた模試の中でもまさに「至高」、説明がわかりやすくコツなども豊富。

3回分をそれぞれ違う解き方で行うことで、1冊で9回分の価値があります。

アルクの教材はCDをダウンロードする必要がないのも、個人的には気に入っています。

お借りしたマークシート↓

http://toeicampjp.com/wp-content/uploads/2020/05/%E3%80%90TOEICAMP%E3%80%91TOEIC-LR%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88.pdf

模試結果一覧

TOEIC以外の英語レベル感

スコアとしてはこんな感じ(語彙に関しては対策したので少し高めに出てそう)

TOEICのほかには、研究に関する英語論文などもときどき読んでいました。

わかってはいましたがネイティブには遠く及ばないので、今後も勉強してきます。

独り言を英語で考える

コメント

タイトルとURLをコピーしました