【チャレンジ】新しいことに挑戦できない人におすすめの考え方

大学生活

自身の特徴にフットワークが軽いことがあり、学生時代は多くの経験ができたと思っています。

基本的にやりたいと思ったことはリストにまとめ、多くは思ってから1か月以内に実現します。

今回は新しいことに挑戦したいと考える人のために、自身の考え方を紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

どれくらいフッ軽か

北海道旅行:GW直前に体験談を読み、GW中にヤフオクでクロスバイクを購入

大阪旅行:授業中に行きたいと思い、その日の夜行バスで新宿を出発

新宿御苑:言の葉の庭を見て感動、次の日に電車で新宿駅に

ヨーロッパ:行きたいと思ったタイミングで航空機予約、1か月で予定を立てる

おすすめの考え方

みんなやってる

何か新しいことに躊躇している人は、行おうとしていることで検索してみることをおすすめ。

基本的に思いつくことは世界中のだれか(それも大量に)が行っていることなので怖くない。

完成度は気にしない

何かを始めたいと思ったとき、その完成度を気にすることは最も無駄なことだと思っています。

初めてのことはどんなに完成度が低くても、何なら未完成でも形にしてみることが非常に大切。

初心者として教わる

やはり何事も近道は経験者に教わることですが、プライドや恥ずかしさで聞けないことは多い。

自分が初心者であることを開示しつつ知りたいといえば、多くの人は喜んで教えてくれます。

誰も気にしてない

あなたが物事を初めて行うことに対し、気にする人は知り合いを含めほとんどいないのが現実。

誰かに笑われたりしないかという自意識過剰は、今後も何かを行う際の障壁になるでしょう。

お金の力は偉大

プロの経験者に教わったり道具を一式レンタルできたりと、お金は大きな力となるでしょう。

何かを始めたいと思ったときにどれだけお金をかけられるかも、初期のハードルに影響します。

迷うならやってみる

なにも挑戦しないのも選択の一つですが、そこに満足しないならやってみないと解決しません。

言い訳を並べる暇があったら行ってみて、やらずに後悔するよりやって後悔しましょう。

裏垢を作ろう

昔と違ってSNSを使えばいくらでも別人格を作ることができるので、新しい自分を作りましょう。

何かに失敗してもそれは普段の自分ではなく裏垢の自分だと思えば、大体のことは怖くない。

命は大切に

チャレンジする際に唯一考えたいのは、その行動によって命を失う可能性がどれくらいあるか。

基本的に失敗は挽回できると考えるタイプですが、命を懸ける際だけはしっかりと考えよう。

明日死ぬとしたら

明日あなたが生きている保証はどこにも存在しません、そのときに心残りはありませんか?

自分はいつでも「わが生涯に一片の悔いなし」と言って死ねるように心掛けて生きています。

やりたいと思ったとき

「ブッ殺す」と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ! byプロシュート

ジョジョで好きなセリフ、思い付きを冷静に考える前に行動して決定事項にするのがおすすめ。

フッ軽の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました