大学生活

幸せってなんじゃらほい

投稿日:

幸せってなんじゃらほい

最近ブログのリライトをしたら、記事の書き方がわからなくなりました。

しばらくはリハビリを兼ねて、好きなことをつらつら書いていきます。

今回は、僕が生活するにあたり大切にしているポリシーについてです!

作業の辛さ≤必要とされる

好きなことで楽して生きていくと言いますが、苦労のない仕事というのは存在せず、好きなことだけでは生きていけないと考えています。

小学生が将来の夢に挙げるYoutuberもネタ探しや編集作業、他の配信者とのやり取りなど見えない所で苦労していると思います(ブログもまたしかり。)

ならばせめて苦労が大きくても、それ以上に人からの感謝や自分の仕事に関するやりがいが感じられることをしたいです。

この考えから、誰でもできるような作業ばかりの飲食店を辞め、生徒に価値を提供することに焦点を当てた塾講師のアルバイトをはじめました。

大学生に人気の「塾講師アルバイト」のコスパは実際どうなのか?

嘘、陰口を言わない

小さいころから両親に「言霊」の話をされており、その存在を信じています。

マイナスな言葉を言っているとそのダメージが自分にも来るという研究結果もあるそうなので、絶対にやめた方がいいです(一種の自己暗示)

また本で読んだ「他人の陰口を言っているとき、他の人もあなたの陰口を言っている」という言葉を知ってから、陰口などはできる限り言わないようにしています。。

おいしいものを食べる

健康にいい食べ物だけとは言わず、ジャンクフードが食べたいと思ったらそれは本能であるので、できるだけその感情に従い食べるようにしています。

このような食事をした時に絶対にやってはいけないのが、食べたことに罪悪感を持つことで、それを感じた時点でそれは自分にとって有害なものになります。

食べたくて食べたのだから後悔はしないようにしたい(後悔しない食べ方として次の考え方に繋がる)

自分のコントロール

やりたいことをやる際には躊躇なく行くようにしますが、他の物事との兼ね合いもきちんと行い、どうしてそれをやりたいと思ったのかをきちんと分析したい。

やりたいことをすぐにやれる行動力は自分の武器ですが、それがただの現実逃避ではないのかをきちんと判断し自分をコントロールすることがまだ足りません。

自分を思い通りに管理できるようになれば好きなことを好きなだけしてもそこに後悔は残らないはず。

大学生がまともな生活をするために気を付けていること

この瞬間に死んでも後悔しないように

僕は普段からやりたいと思ったことにはできるだけすぐ取り組むようにしています。

多少ネタバレになりますが、小説「君の膵臓を食べたい」を読んでから人間はいつ死ぬかわからないという事実をより意識するようになりました。

また過去の嫌な思い出や将来の心配をするのはほどほどにしないとせっかくの今を楽しめなくなってしまうと考えています。

君の膵臓を食べたい:住野よる

許容してくれる人と付き合う

考えが合わない人と過ごすのは、異なる意見を得られるメリットはありますが、あまり快適ではないため、必要でないとき以外は避けています。

自分の考えに対して無条件に賛同してくれる人も逆に危険であるため、何をしても「あいつだから」と許容してくれる人との付き合いを大切にしていきたい。

そのために、何度か付き合ってみて合わないと思った人とは一定の距離を置くようにしています。

どうせ大した迷惑は掛からない

自分でやりたいことをやったとしても迷惑がかかるのはしょせん自分の周りの人くらいだということに気が付いたのはかなり最近の頃。

自分や他人の命や人生がかかっていること以外は、ある程度自分のやりたいようにやってもいいのかなと思うようになりました。

特に大学生という立場は失敗よりも挑戦したことに対して評価をしてくれることが多いのではないでしょうか。

北海道を自転車で一周した大学生の感想!持ち物も紹介!

自分の考えをまとめられた

自分の中に漠然とした考えはありましたが、実際に書き出しだしてみることで新たに気づくこともありました。

自分の中のポリシーも「やりたいことリスト」のように書き出しておき、時々見返しながら自分の目指すべきものを終えているかを確認すると良いかもしれないです。

大学生はやりたいことリストを作って後悔しない大学生活を送ろう!

以上!

パソコン用

パソコン用

ブログランキング

記事下

-大学生活

Copyright© 樹の大学生活リポート! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.