【インスタ映え注意】インスタ映えだけ気にしてない?旅行の思い出が”記憶“に残る写真の撮り方

ガジェット、ネット 旅行
【インスタ映え注意】インスタ映えだけ気にしてない?旅行の思い出が”記憶“に残る写真の撮り方

旅行に行っても写真撮影に夢中で、振り返ってみたときに何を見たか覚えてないことはありませんか?

今回はインスタ映えだけにならない“記憶”に残る写真の撮り方を紹介します!

結論としては「旅行を楽しむことがメインで写真を撮ることはおまけ」ということです!

旅行中に撮影した本当に綺麗な写真だけをpinterestでまとめて公開中!

旅行中の写真撮影で感じること

f:id:itsutsuki:20190306090738j:plain

旅行をしていると写真を撮っている人をたくさん見かけます。

しかし中には旅行に来ているというよりも写真を撮りに来ているのではないか?という観光客も。

ここでは旅行中の写真撮影に関して僕が疑問に感じることについて書いていきます。

撮影対象が自分でなければいけない?

人気スポットの行列にわざわざ並んで撮影するのもいいですが、少し考えてみましょう。

「被写体は自分でないとだめなのか?」

確かに写真はその場所に行った証明になりますが、行列に並ぶ写真でも撮影すればいいのでは。

許可をもらって子供を撮ったり、入れ替わりタイミングを狙って無人スポットを撮影も方法の一つです。

 写真はあくまで思い出のきっかけ

旅行の内容よりもSNSの「いいね」数のために写真を撮影しているような人は見ていて残念です。

フォロワー数が収入につながるインフルエンサー以外にとって、旅行のメインは経験だと思います。

写真というのはそれらを思い出すための手段にすぎないことを考えて撮影しましょう。

写真だけで自分の感動を伝えることはできますが、本当におすすめするなら行ってもらうのが一番です!

いつき式、記憶に残る写真術!

f:id:itsutsuki:20190306091006j:plain

いままで旅行中の写真の撮り方について僕の感じたことを書いてきました。

それを踏まえてこんな写真の撮り方を提案してみます。

実際に行っていることもあるかと思いますが、意識して行うとより効果が出ます!

景色を見るのと写真を撮るのを分ける

始めはゆっくり景色を楽しみ、次に同じ場所で撮影場所を探して歩くことでより強く記憶されます。

まずはフレームや画面越しではなく肉眼で、さらに匂いや感触まで風景を満喫しましょう。

その場でのインスピレーションを重視したり、スピーディーに観光地を廻りたい人は下の方法。

写真の撮影は一瞬でする

撮影時に構図などには時間をかけず、被写体をフレームに入れて2、3枚撮影しスマホを閉じます。

細かい調整は後でできるので、ひとまず「記録を取る」ぐらいの気持ちでシャッターを切りましょう。

この撮影方法は実際に旅行先でも行っている人を見かけます。

写真を加工しながら振り返る

現地ではザッと撮影した写真ですが、帰ってきてからきれいに加工していきましょう。

これをすることで旅行の振り返りをすることができ、思い出をより記憶に定着させることができます。

加工前と加工後の写真を両方取っておくと、本来の写真と加工された思い出を比較できます。

別記事で紹介している「googleフォト」なら撮影した写真を自動で調整、加工してくれます!

【googleフォト】旅行に便利な写真保存アプリは他にも便利機能がたくさん!

エピソードと写真をセットにする

記憶と言うのは、そのときの出来事と一緒に覚えるほうが定着が早いと言われています。

特に大変なことや辛いことがあった後の幸せな気分は忘れたくてもなかなか忘れられません。

写真を見たときにその時のエピソードが思い浮かぶような写真を撮ると良いでしょう。

自分の場合はスイスの駅で野宿後、空腹と眠気と戦いながら見たマッターホルンですね。

人に撮影してもらう

自撮りもいいですが、他人に撮影してもらうのもアリです。

現地の人とのコミニュケーション、自分では考えつかなかった構図などを得ることができます。

仮に撮影を頼んだ人が多少下手だったとしても、加工でなんとかなることがほとんどです。

不安なら何枚か撮って貰っておけばよいでしょう。

撮影自体を他に任せる

複数人で旅行に行けば、必ず写真を撮るのが好きな人がいるのでその人に撮影を任せてしまう。

自分は旅行を満喫して、後からSNSでシェアしてもらった写真を楽しむのもいいでしょう。

またいっそ写真ではなく動画として旅行中の全てを記録して、後日写真として加工するのもアリ。

GOproなどであれば自分の見た景色がそのまま録画されるので、撮影を考える必要がありません。

最近ではレンタルもだいぶ安くなってきたので、旅行中だけレンタルするのもおすすめ!

Goproのレンタルといえば【スマレン】 ←レンタル料が安く、保証金が最大2000円!

その写真、誰のため?

2019年のヨーロッパ旅行中に、観光客に対して感じたことを記事として文章にしてみました。

SNSによる承認欲求のために楽しくない旅行をする人が少しでも減ればいいと思います。

旅行中のブログ写真がずれていたり汚かったりする理由もこのためです。

…言い訳です、ごめんなさい(帰国したらブログ記事、きれいにリライトします!)

そんな旅行の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました