ベルリンに列車で移動!ハリボーのグミとカレーブルスト(ヨーロッパ旅行③)

旅行
ヨーロッパ旅行3

2019年の2月にヨーロッパを8か国を計画を立てずに旅行しました。

今回は3日目、ドイツ・ベルリンでの様子を書いていきます!

国会議事堂は予約でいっぱいだったので明日にして凱旋門の周りを探検していました!

朝から移動を開始

フランクフルト
朝食

ホステルの朝食はパンとシリアル、少しのおかずとコーヒーなどの飲み物という場所が多いのでかなり豪華でしたね!

ソーセージは火を通さなくていいようで、ぶよぶよした不思議な触感でした。

間違えて高級列車に乗る

フランクフルト駅

この日はベルリンに宿を取ってあったので、フランクフルト駅でクレジットカードを使ってチケットを購入しました。

英語の説明を読んで購入してもいいですが、近くにいる赤いベストを着た係員に聞けば買い方を教えてもらえます。

後からわかったことですが今回僕が乗ったのはICEという高級列車で、ベルリンまでの片道で132ユーロ。

もう少し安い列車を探せばあったのかもしれませんね…

ハリボー
グミ

乗車時間は4時間程度で、途中で駅員から客にハリボーのグミが配られました。

ICEでハリボーもらった! ドイツのお菓子とは知らなかった… 世界で初めて組を製造したそうです#ヨーロッパ pic.twitter.com/BzYF3HlJ0R — 樹(いつき)@ヨーロッパ! (@Itsutsuki3) 2019年2月6日

列車内は wi-fi が飛んでいたので、この後行く場所について調べたりしていました!

列車の窓から外を眺めていて感じたのは、風車がたくさんあるということ。高校の地理でヨーロッパはクリーンエネルギーの導入は日本より進んでいたと習った気がします。

北海道にも風車がたくさんありましたが、それ以上の数の風車がありましたね!

ベルリンに到着

ベルリン駅

ベルリンに到着したのが約14時で、そこから予約したホステルに向かいつつ、いくつか建築物を見ていきます!

10キロ以上あったので日が暮れるまでにホステルに到着するか微妙です…。

ベルリン国会議事堂の予約

国会議事堂
予約

ドイツの国会議事堂は、インターネット予約が必要とのことで断念しかけました。

しかし道路反対側の受付でパスポートを見せると予約ができます(無料)

German Bundestag – Registering to visit the dome of the Reichstag Building

当日の予約はいっぱいだったので、次の日の10時から11時の間を予約。

ブランデンブルク門

ベルリン
ブランデンブルグ門

正面部はパリ広場の西側に面しており、ミッテ区に属している。高さは26m、幅は65.5m、奥行きは11mの、砂岩でできた古典主義様式の門である。

http://itsuki-campuslife.com/wp-admin/post.php?post=5618&action=edit

もともとは関税を科すための門だったものがプロイセン王族の外出時の門となり、ベルリンの代表的なスポットになりました。

青い空をバックに駆ける4頭の馬がキレイです!

アンペルマンショップ

ベルリン
アンペルマンショップ

ドイツの信号機マークから誕生したマスコット「アンペルマン」はドイツの代表的キャラクター。

公式ショップには各国の信号機が飾られており、日本の信号機もありました。

グッズは缶バッチやTシャツなどかなりの種類があり、僕もステッカーを購入しました! 

Heilig Kreuz-Kirche(読めない)

Heilig Kreuz-Kirche

ヨーロッパ旅行で一番気に入っている教会。

全体的に円を多く用いているため軟らかいイメージを感じます。

ノイケルン区役所

ベルリン
ノイケルン区役所

どこからでも見える時計があると、いちいち時間を確認しなくていいので便利ですね!

外もだんだん暗くなってきたのでホステルに向かう歩調を早めます。

ちょっと休憩、おやつ。

ベルリン
おやつ

昼食をとっていないことに気づいたらお腹がすいてきたので、通りの出店でゴマパンとチーズか何かが巻いてある揚げ春巻き、それとはちみつ漬けのバリバリした何か。パンを買いました!

文字が読めないので何の料理なのかわからないのが残念です…

ベルリン
ベルリン

ホステルに荷物を置いて探検

ベルリン
A2ホステル

今回宿泊したホステル(2A ホステル)は、比較的周りにお店がありました。

ビルのそれぞれの階に部屋があるようで写真はレストランがある共用ロビーでたくさんの人がいました。

日が沈みましたがそこまで危険ではなさそうなので、ロッカーに荷物を置いて夜のベルリンを探検。

ベルリンのカレーブルスト

ベルリン
カレーブルスト

ガイドブックに載っていて食べたいと思っていたカレーソーセージとポテトのセットと、それとドイツビール!(4.95ユーロ)

写真の右側に盛られているのが輪切りのソーセージで、ビールと一緒にカウンターで食べました!

ドイツ留学中の日本人と話す

ベルリン

ホステルのラウンジで日本らしき人を見かけ声をかけたところやはりそうでした。

現在は2年いた大企業に疑問を抱き、現在大学で phd を取るため勉強中だそうです。

海外の大学院では国籍や性別で人を全く判断しない代わりに、GPAなどの成績をひじょうに重視するとのことでした!

旅行前に友人に誘われていた 「IELTS」 の名前が出てきたので、これは何かの運命だと思い、IELTSの受験を決意しました。(↓後日受験した感想記事)

普段では絶対入ってこないような貴重な経験がたくさん得られました!

  • 選択肢は広く持っておく
  • 道を外れても良いが何かしらの資格は必要
  • 英語の勉強をする
  • 大学の本分は勉強

明日は早起きして国会議事堂に行きます!

次の記事はこちら!

  • 執筆 2019/02/07
  • 更新 2019/07/18
  • 更新 2019/12/30

コメント

タイトルとURLをコピーしました