イギリス・ロンドンの無料観光地をひたすら歩く1日(ヨーロッパ旅行⑱)

旅行

2019年の2月にヨーロッパを8か国を計画を立てずに旅行しました。

大学生バックパッカーが2月のヨーロッパで1ヶ月過ごす!

今回は18日目、イギリス・ロンドンでの様子を書いていきます!

この日は食事代以外にお金を使うことがありませんでした!

イギリスの中心部ロンドンへ

前日に早く寝た分早起きして朝野7時にホステルから出発、テムズ川に向かいます。

この日でイギリスの有名どころはある程度周り終わりたいところ。

朝食はビーフパイを食べましたが、ペースト状の肉はあまりおいしいと感じませんでした。

自然史博物館/国会議事堂

ナショナルミュージアムがありましたが、開館は10時なのでパス。

イギリス国会議事堂へは無料で入れるので行きましたが、実際に傍聴席から議論を見られるため、検査が厳しいです。

英語の発音はきれいですがほぼ聞き取れず悔しいので、帰ったら英語の勉強をします!

ビッグベンはまで工事中

ビッグベンが見当たらないと思ったら工事中のため鉄骨に覆われていました。

2021年まで工事が続くらしいので見に行く人は注意です!

ウェストミンスター大聖堂

聖ペテロ修道教会。戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されている。墓地としては既に満杯状態で、新たに埋葬するスペースはもはやなくなっている。国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ウェストミンスター寺院

普段の食事は節約

スーパーでドーナツとサラダ用の生野菜、合わせて1.6ポンドを購入。

伝統的な食べ物を食べないときは出来るだけ節約するように心がけています。

ポンドはユーロよりも少し価値が高く、1ポンド=150円くらいのイメージでしょうか。

イギリスは無人レジが多くのスーパーで導入されており、カードにも対応しているので非常に便利。

現金を持たずとも生活していけそうです!

テムズ川に沿って歩く

午後はテムズ川沿いにある観光地を巡ります。

ロンドン橋/ロンドン塔

ロンドン橋とロンドン塔は外側から見たんで入場料は無料。

この時点ではポンドに両替するのがもったいないので現金は全く持っていませんでした。

そのため支払いができる手段はクレジットカードのみ。

ビッグアイ

ロンドンを見渡すことができる観覧車だそうです。

歴史ある街の真ん中に観覧車があるとなんだか違和感があります。

ドックランズ

地理の授業で取り上げられていた再開発都市「ドックランズ」へ。

お洒落なカフェやレストランがたくさんありましたが値段がかなり高いですね。

ホステルまでは遠く、バスも現金しか使えなさそうなので17頃にはホステルの方向に歩き始めます。

突如現れる都市のビル群

先進的なデザインのビル群がありました。

どうやらオフィス街のよう、そして付近にある謎のオブジェたち。

何か見たことある気が…

ロンドンの人々は信号をほとんど守りません。

信号表示よりも人々の動きに合わせて動く方が確実です。

イギリスのコンセントを持ってきていないのでスマホの電池を節約しないといけません。

スマホを「ウルトラ省電力モード」にして何とか乗り切れそうです。

まっくらな中ホステルに向かう

途中の大きな公園で日が完全に沈みました。

ここからさらに3㎞ほど歩きます。

朝は中心地まですぐ着くのに、不思議と帰り道は遠く感じます。

前日とは異なる店でフィッシュアンドチップス(7.5ポンド)を購入。

肉より魚が好きで揚げ物も大好物なので、フィッシュ&チップスはとてもおいしいです!

ただ後半の胃もたれ感はすごい…

明日でロンドン観光は終わりにできるといいな…!

次の記事はこちら!

(ヨーロッパ旅行19)

  • 執筆 2019/02/22
  • 更新 2019/09/10
  • 更新 2019/12/30

コメント

  1. Mainan より:

    いつきさん、バッテリー節約しつつもブログを更新して下さってありがとうございます。
    フランスからイギリスへの入国がいいですね。
    飛行機と違って旅してる感じがいいです❗️
    バッキンガム宮殿は如何でしたか?
    衛兵さんの交代とか見られましたか?
    イギリス議会も傍聴できたなんてスゴイ❗️
    まさに現代の世界情勢を生体験してる感じですね。
    いつきさんのブログを通して世界情勢を垣間見ることができます。ありがとうございます。
    明日も気をつけて旅を続けて下さいね

  2. itsutsuki より:

    バッキンガム宮殿の衛兵交代は見られませんでした…
    北海道旅行の記事でもわかるように僕は待つのが苦手なので、いいタイミングでイベントがぶつからないとスルーする傾向にあります。
    このあとは多少スピードダウンしつつポルトガルに向かいます!

タイトルとURLをコピーしました