旅行

スイスの駅で夜を過ごし、疲労と空腹のなかマッターホルンに挑戦する(ヨーロッパ旅行⑫)

ヨーロッパ旅行12 スイス

2019年の2月にヨーロッパを8か国を計画を立てずに旅行しました。

大学生バックパッカーが2月のヨーロッパで1ヶ月過ごす!

今回は13日目、スイス・ツェルマットでの様子を書いていきます!

疲れと眠気と寒さと空腹で危うく遭難するところでしたね!

スポンサーリンク

日の出前のツェルマットに到着

スイス ツェルマット

おはようございます、朝がやってきました。昨晩の死者は0人でした。

朝一の列車で7時頃にツェルマットに来ましたが、ウェルカムセンター含め開いているお店が1つも存在しません。

寝不足で頭がよく働いていなかったのか、列車に乗らずに山を歩いて登ろうという結論に至りました。(考え直してみてもかなり謎な結論)

スイス ツェルマット

川沿いの家には電気が灯っていて、とても綺麗でした。

関係ないけどスイスの人は早起きですね!

聖マウリシウス・ローマカトリック教会

聖マウシウス・ローマカトリック教会
実際はもっと写真よりも暗かった
聖マウシウス・ローマカトリック教会
帰り際に。

早くは1285年の文献にその名が見られる、歴史ある教会。現在の建物は1980年に教区創立700周年を記念して改装されたもの。傍らにはマッターホルンで命を落とした登山家たちが眠る墓地がある。夏には教会前のキルヒ広場で、ヨーデルやアルプホルンのコンサートなどさまざまなイベントが開催される。

https://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/western_europe/swiss_confederation/QZB/101390/index.html

2時間半ほど歩き続ける

スイス ツェルマット

教会を通り過ぎるとついに山登り開始。

薄暗い中、2時間半ほど道を歩いていきます。

道はありますが、主に自動車が通る道なのかな…誰もいません。

スイス ツェルマット

途中のゴンドラ乗り場より上はスキー場になっていましたが、それでも登り続けます。

暑いので着込んでいた洋服を脱ぎ、自撮り棒を杖にして登っていきます。

しかし斜面が急すぎたため、運動靴で踏破することはできませんでした…(自撮り棒も折れました)

スイス ツェルマット

マッターホルン

スイス マッターホルン

下山はたったの10分

スイス ツェルマット
2時間半の道のりをたった10分で降ります。はやいはやい。

この辺りでようやく正気に戻りリフトで下山します。登っている途中は駅で買ったジュースとお菓子だけで空腹を紛らわせていました。

後から考えて見るとかなり無謀だったかもしれませんね…

スイス ツェルマット

スキーヤーも多いですね!

マッターホルン博物館

スイス マッターホルン博物館

マッターホルンの人々の生活などを展示した博物館がありましたが、11時からの開館でこの時が10時ごろだったので行きませんでした。

形が特徴的で、主な展示は地下にあるようです。

富士火口湖はマッターホルンと友好都市を結んでいるんですね!

スイス マッターホルン博物館

スイスは回るのに時間がかからないため1日でフランスに移動するつもりでした。

ローザンヌでは五輪が開催された

スイス ローザンヌ

フランスに行くために一度ジュネーブとベルンの間にある都市、ローザンヌへと向かいます。

ちなみにスイスの首都はベルンですが、あまり有名な観光スポットはないそうです。

乗り換えの1時間ほどを使って大聖堂を見に行きます。

スイス ローザンヌ

遠くに見えている建物で、往復でけっこう時間がギリギリでした…

ローザンヌ大聖堂

スイス ローザンヌ大聖堂

正式名称は「聖母マリア大聖堂」。ノートルダム大聖堂(寺院)はパリが有名だが、この名称の寺院・大聖堂はヨーロッパ各地にある。ここもその一つで、12~13世紀にかけて建造されたスイス屈指のゴシック建築の傑作とされ、ローザンヌのシンボル的存在といわれている。市民からは「カテドラル」(大聖堂)という通称で親しまれている。

https://kotobank.jp/word/ローザンヌの大聖堂-806368
スイス ローザンヌ大聖堂

丘の上に立つ大きな聖堂で無料で中に入ることができます。

どの教会でもそうですが、昼頃に行くとステンドグラスから差し込む光がとてもきれいです!

お昼を食べてコルマールへ

スイス ローザンヌ

この時点ではまだお昼だったので一度フィスプ駅に戻り、次の目的地であるフランスのコルマールへ向かいます。

コルマールは昔ながらの木組みの家が見られる町で、アニメ「ご注文はうさぎですか?」の舞台にもなっています。

ヨーロッパに行くなら行きたいと思っていた場所です!

ホテル…だと…!

フランス コルマール

コルマールでの宿を「booking.com」で検索した結果、ヒットした最安値がまさかのホテルのツイン(33ユーロ)でした!

フランス コルマール

近頃はきちんとした睡眠もとっておらず、ちょうどいいので今日はゆっくり休んで明日に備えることにします!

明日はメルヘンの世界を探検です!

次の記事はこちら!

ヨーロッパ旅行13
  • 執筆 2019/02/27
  • 更新 2019/03/26
  • 更新 2019/12/26

コメント

  1. イツキさん、駅での野宿、風邪とかひいてないですか?
    ヨーロッパ、当然寒いですよね⁈
    体調に気をつけて旅を続けて下さいね
    ブログ楽しみにしています❗️

  2. 旅行中は気持ちが張り詰めているので体調を崩すことはほとんどないですね。
    心配してくださりありがとうございます!
    意外なことにヨーロッパは意外に暖かく半袖短パンで歩く日もあるくらいでした!