リンカーン記念館など主要観光地と博物館・美術館(アメリカ旅行⑦)

旅行

1月にバックパックで北米旅行に行った記録を記事としてまとめています。

アメリカ旅行7日目はニューヨークからワシントンDCまで移動し、憧れのスミソニアン博物館へ行ってきました。

次々に人生のやりたいことリストが消化されており、幸せな限りです!

ホステルでの朝食

今日の朝食はホステルで焼いてくれるホットケーキです!

重ねすぎて後半苦しかった…

本日のワシントン旅行予定

まずは1番遠いワシントン記念塔に行ってから、徐々にバス乗り場に近づいていくことにします。

ワシントン記念塔

何かあると高い塔を建てるのが好きなようです。

札幌にも同じようなものがあった気がする。

単体では見覚えがありませんでしたが、リンカーン記念館からの風景では見覚えがありました!

第二次世界大戦記念碑

大西洋側と太平洋側で分けられていたのが印象的。

犠牲者の数に対応したたくさんの金の星が正面にたくさん貼り付けてありました。

リンカーン記念館

新しい方の「猿の惑星」のラストシーンで出てきたリンカーンの石像。

黒いのかと思っていたら白かった。

アインシュタイン記念碑

昨日のコッペパンとポテチで昼食を済ませます。

この日はあいにくの雨でしたが気温は低くなく、ヒートテックを着る必要がないくらい。

スミソニアンの自然史博物館

自分の英語のレベルでは博物館の説明文がちょうどいいくらい。

見学者は化石のスケッチをしているところや砂の中から顕微鏡で化石を探しているところ、実際に化石を削り出しているところを見ることができました

鉱物だけのブースがあり昔好きだった身としては非常に嬉しい!

鉱物名の下に化学式を書いてくれているため、名前がわからなくてもなんだかわかるのがとてもありがたいです。

無秩序な石の中に突然美しい対象性を持った結晶が登場するのは感動者です。

もはや自然の現代アート。

昆虫のブースは生きている蝶のドームや実際に虫に触れるブースも。

これなーんだ?(答えは1番下で)

ナショナル・ギャラリー・オブ・アート

有名作品がありすぎて何がすごいのかよくわからなくなってきました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

MoMAのほうが上手い

絵画に対するバックグラウンドは「かいけつゾロリ」と「ギャグマンガ日和」それと美術の教科書。

なんだかんだ役に立っているので面白いです。

スミソニアン博物館に全部で4箇所いきましたが、結論は「ジェームズ・スミソン」という人物は偉大だということがわかりました!

ペース早すぎるか…?

メガバス乗り場で交渉してボストンまで70ドル。

東京-大阪が6,000円だと考えれば妥当なのかな…

ヨーロッパ旅行のペースで回っていたら早すぎることにいまさら気づきました。

しかしながらのんびりと旅行することにはあまりなれておらず落ち着かないためどうするか考え中。

アメリカに大した魅力を感じないので、早々にカナダに移動する可能性が高いかな…?

ボストンは少しゆっくり回ります。

(写真の虫はマダガスカルゴキブリでした!飛べないらしく非常におとなしかった)

コメント

  1. Mainan より:

    いつきさんおつかれさまです。
    アメリカの後はカナダに行くのですね。私はカナダを回ってからアメリカに入りましたが
    カナダの方が落ち着いていて自分に合っていたというか、そんな気がしました。ナイアガラの滝は是非訪れてほしいです。
    道中お気をつけて

タイトルとURLをコピーしました